メディプラスゲル保湿

ビタミンC誘導体とは?お肌に嬉しい効果とオススメアイテムを紹介!

ビタミンCは肌にいいからビタミンCが入った化粧品を使えば間違いない!

あなたは、今までずっとこのように思っていませんでしたか?

実は、ビタミンCよりもビタミンC誘導体という成分の方が美肌効果が期待できるのです。

ビタミンC誘導体は、シミやニキビなどの肌トラブルを改善し、美肌へと導いてくれます。

今回は、ビタミンC誘導体の効果とその働きについて詳しく解説し、あなたのお肌に合うおすすめアイテムを詳しくご紹介していきます。

ビタミンC誘導体には、効果を最大限に発揮させる使い方や自分の肌に合う成分の選び方もあり、知って損はないでしょう。

これを読むだけで、毎日のスキンケアにビタミンC誘導体配合の化粧品を取り入れたくなるはずです。

ビタミンC誘導体の効果とは一体!?

ビタミンC誘導体は、ニキビや毛穴などのお肌の悩みをケアすることができる美容成分です。

ビタミンC自体は、お肌にいいというのは知っている人も多いと思います。

しかし、ビタミンCは肌への浸透が悪く、壊れやすいという欠点があるのです。

そこで開発されたのが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、肌の奥に浸透し、酵素の働きでビタミンCに変化するという特殊な成分。

つまり、ビタミンC配合の化粧品よりもビタミンC誘導体配合の化粧品の方が、より肌にいい効果を与えてくれるのです。

ビタミンC誘導体にはどんな働きがある?

ビタミンC誘導体とは、そのままでは吸収しないビタミンCの美白成分をお肌に浸透させる美容成分です。

厚生労働省に認められた美白成分13個のうちのひとつとして、化粧品などに多く含まれています。

手を加えないビタミンCではとても不安定な状態ですが、ビタミンC誘導体は肌の内部までしっかり浸透する働きをするので、美肌を目指す人にはとても有効な成分となっています。

ではビタミンC誘導体が肌内部まで浸透することで、どのようにお肌が改善するのでしょうか?

肌トラブル別によって違う効果を見ていきましょう。

肌トラブル1.ニキビ

ビタミンC誘導体は、ニキビの改善を早めることが期待できます。

その理由は、ビタミンC誘導体には「過剰な皮脂を抑制させる働き」があるからです。

ニキビの原因となると言われているアクネ菌は、毛穴に詰まった皮脂を栄養として増殖します。

毛穴で増殖したアクネ菌が皮膚炎症や毛穴の詰まりの原因となり、皮膚の表面で酸化するとどんどん悪化して白ニキビや赤ニキビとなってしまいます。

ビタミンC誘導体自体には、ニキビを治したり治りを早める効果はないのですが、ニキビの原因となる皮脂を抑制し、雑菌やストレスに強い肌に導いてくれるのです。

また、ニキビによってできるニキビ跡や気になるクレーター改善への効果もあります。

ですから、ニキビが出来てしまったときにビタミンC誘導体配合の化粧品を使うとよさそうですね。

その詳しい働きや効果についてはこちらもチェックしてみてください!

肌トラブル2.毛穴

過剰な皮脂を抑制する働きをするビタミンC誘導体は、皮脂によって開いてしまった毛穴を縮小させる効果もあります。

毛穴の詰まりは皮脂のつまりによって引き起こされるので、ビタミンC誘導体によって皮脂の発生が抑えられれば、自然と毛穴も目立ちにくくなるのです。

開いた毛穴は皮脂が詰まりやすくニキビ炎症も起こしやすいので、皮脂を減らすことが美肌への近道だと言えます。

ビタミンC誘導体をお肌に取り入れることで、きめ細かな肌へと導いてくれるでしょう。

肌トラブル3.シミ・美白

お肌の悩みの中で深刻化してしまうのがシミですね。

ビタミンC誘導体は、シミの原因でもあるメラニン色素が生成される過程で働きかけるので、シミへの効果も絶大です。

また、すでにできてしまっているシミに対しても、メラニン色素を還元し薄くするとともにもとの色に戻すという効果もあります。

ビタミンC誘導体がどのようにシミへ働くのか、その効果についてはこちらで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

また、ビタミンC誘導体が持つ美白効果を最大限に高めてくれる成分があります。

それは、美容皮膚科でシミなどの治療にも使われているハイドロキノンという成分です。

ビタミンC誘導体の化粧水を使い、シミが気になる部分にはハイドロキノンを塗ると効果はさらに高まるようです。

シミをこれ以上増やさないためにはどのようにビタミンC誘導体を取り入れるべきか、これについては下記ページをチェックしてみてください。

保湿効果はある!?

ビタミンC誘導体毛穴の詰まりを減らしてくれたり、皮脂を抑えニキビを予防してくれたりと、多くの効果が期待できます。

しかし、一方で皮脂分泌を抑える効果を持つビタミンC誘導体を使うことで乾燥しやすくなる場合もあるので注意が必要です。

ビタミンC誘導体には、刺激性もあるので乾燥肌や敏感肌の人は、配合濃度の低いものを選ぶ方が無難でしょう。

また、乾燥肌でも他の成分で保湿することができれば、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うことも可能です。

保湿効果の高いヒアルロン酸やセラミドなどが配合されているものを使うか、美容液やクリームなどでしっかり保湿するとよいでしょう

自分に合った商品の選び方とは?

実は、ビタミンC誘導体にはいくつかの種類が存在し、それぞれの働き方や効果に違いがあるんです。

自分が使う商品にはどのような種類のビタミンC誘導体が含まれているかをしっかり把握することで、自分の肌タイプにマッチした使い方が実現できます。

先ほどお伝えしたように、乾燥しやすい乾燥肌や敏感肌の人はどのような商品を選ぶべきなのか、反対にニキビ肌の人はどのポイントを選ぶポイントにすべきなのか。

この部分に注目しながら、より自分に合う商品を選んでいきましょう。

まずは、ビタミンC誘導体の種類について解説していきます。

ビタミンC誘導体の種類で選ぼう!

ビタミンC誘導体の種類は大きく分けて3つあります。

①水溶性ビタミンC誘導体
②油溶性ビタミンC誘導体
③新型ビタミンC誘導体

それぞれの成分の働きとその効果の違いを知ることで、肌タイプに合った商品を選ぶことができます。

種類1.水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体は、リン酸と結合された成分なので肌にすばやく浸透します。

また、スピーディーにビタミンCへと変換させることができるので肌の乾燥が少なく、化粧水に多く使われています。

皮脂のコントロールにも優れているので、シミやソバカスなどが気になる人におすすめです。

主な成分:リン酸アスコルビルナトリウム(APS)、リン酸アスコルビルマグネシウム(APM)

種類2.油溶性ビタミンC誘導体

油溶性ビタミンC誘導体は、脂に溶けやすい成分です。

なので肌への刺激が少なく、肌の内部まで浸透させる効果があります。

クリームやジェルに使われることが多く、パルミチン酸アスコルビルについては国外では食物添加物としても使用されています。

肌への刺激も少ないことから、敏感肌や肌トラブルがある人におすすめです。

主な成分:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)、パルミチン酸アスコルビル

種類3.新型ビタミンC誘導体

新型ビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性ビタミンC誘導体では叶わなかった効果を発揮するために開発されました。

ポイントとしては、肌への浸透率が水溶性や油溶性よりも2倍以上あるということです。

特にシワへの効果が高いビタミンC誘導体なので、シワが気になる人はぜひ新型ビタミンCをチェックしておきましょう。

また、刺激も少なく即効性・持続性が高いものもあるので、あなたの目的に合わせて選ぶといいですね。

主な成分と効果
パルミチン酸アスコルビン酸ナトリウム3Na(APPS)
⇒刺激が少ない、即効性が高い、安定性が悪い
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)
⇒安定性がある、即効性が高い、価格が高い
カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸(GO-VC)
⇒保湿効果が高い、安定性が高い、浸透力が低い

より詳しい内容についてはこちらで解説していますが、2つの効果を合わせ持ったことでメリットが増えています。

また、デメリットもあるので商品選びへの参考にしてくださいね。

ビタミンC誘導体の配合率の目安を確認しよう

ビタミンC誘導体の種類やそれぞれの効果を知ったら、次に注目するポイントはその配合率です。

配合率が高い商品を選ぶことで、皮脂を取り除く効果への期待も高まります。

しかし、その分肌負担も大きくなり肌の乾燥が悪化する恐れも出てきます。

ビタミンC誘導体の濃度の目安としては、一般的に販売されている化粧品の配合率は1~2%

皮膚科や美容クリニックが扱う医療用のもので5%です。

高濃度の方が効果も高くなるので濃度が5%以上のものがおすすめですが、その分刺激も強くなります。

肌に使用した時、ヒリヒリした刺激や乾燥を感じた場合は配合率が合っていない可能性があります。

そのため、ビタミンC誘導体入りの化粧品を選ぶ際には、どの程度の配合率なのかを確認するのを忘れないでくださいね。

どのタイミングで付けるのがベスト?

では、ビタミンC誘導体は1日のどのタイミングで付けるのが良いのでしょうか?

結論から言うと、ビタミンC誘導体は朝につけるのがおすすめ!

ビタミンCの場合は、紫外線を吸収してしまい肌負担が重くかかります。

ですから、ビタミンC配合の化粧品は夜に使用した方がいいのですが、ビタミンC誘導体は違います。

ビタミンC誘導体は、肌に吸収されてからビタミンCに変わる成分です。

なので、朝晩使用しても大丈夫なのです。

また、化粧崩れを抑えてくれる効果があるので、朝に塗っておくと化粧持ちが違ってくるでしょう。

正しいビタミンC誘導体の付け方の知識については、下記ページで解説していますので参考にしてください。

 

誘導体処理されていないものには注意を!

色々な化粧品の中には「ピュアビタミンC」という成分が使われているものもあります。

ビタミンC誘導体と同じように感じますが決定的に違う点は、誘導体処理をされていないということです。

ビタミンCはシミやくすみに対して即効性があると評価もされているので、美容液などに多用されています。

ただ、ピュアビタミンCはビタミンCそのものであり、美白効果は認められていません。

誘導体処理された成分と決定的に違うことをまずは理解し、ビタミンC誘導体と間違って使用しないようにしましょう。

相性の良い成分

ビタミンC誘導体と一緒に使うことでさらに美肌効果を発揮できる成分があります。

合わせて使うことによって、あらゆる肌トラブルに対応することができるのです。

そんなビタミンC誘導体と特に相性の良い2つの成分はこちらです。

①セラミド
②プラセンタ

それぞれどのような成分なのかみていきましょう。

成分1.セラミド

セラミドには、お肌のうるおいを守る効果があります。

もともと人間が持つ成分であり、セラミドが足りなくなるといわゆる乾燥肌になってしまいます。

生き生きとした肌にはセラミドは欠かせない成分です。

そして、ビタミンC誘導体と一緒に使うことで私たちが求めている肌への効果をさらに発揮します。

この2つの成分を合わせて使うことで、美白はもちろんのこと肌荒れの改善肌の弾力やハリを保つ効果が期待できるのです。

私たちの肌にどのような影響をもたらすのか、詳しくは下記の記事をご覧ください。

成分2.プラセンタ

アンチエイジング効果が高いことで知られているプラセンタ

プラセンタには、シミやシワだけではなく抗酸化作用もあるのでビタミンC誘導体の成分に近いものがあります。

「ビタミンC誘導体を使っていればプラセンタはいらないのでは?」と思いますよね。

これら2つを併用することで、乾燥しやすいビタミンC誘導体を保湿効果の高いプラセンタが補うことができるのです。

相乗効果のある2つの成分を合わせることで、さまざまな美容効果が得られます。

詳しくは、こちら!

 

時短ならオールインワンゲル

いくつもの成分が1つにまとめられたお手軽なアイテムに、オールインワンゲルがあります。

化粧水からクリームや美容液までが1回で済ませることができ、時短をしたい人にとっては魅力的な商品です。

オールインワンゲルを上手に選ぶならその目的を考えることにポイントを置きましょう。

乾燥肌の人なら保湿効果が高いものを、美白効果を求めるのならビタミンC誘導体が含まれたオールインワンゲルを選んでみてください。

この時、どのようなビタミンC誘導体成分が配合されているのかにも注目し、より自分の肌タイプに合う商品を使用するようにしましょう。

ビタミンC誘導体を選ぶ時は角層まで浸透するものを選ぼう

シミや毛穴への効果を期待するなら、お肌の内部まで浸透する商品を選ぶことが大きなポイントです。

ビタミンC誘導体の成分には3つの種類があることをお伝えしました。

浸透するスピードの違いは以下の通りです。

◆水溶性ビタミンC誘導体・・・すばやく浸透する
◆脂溶性ビタミンC誘導体・・・ゆっくりとより深く浸透する
◆新型ビタミンC誘導体・・・すばやくより深く浸透する

新型ビタミンC誘導体なら、より早く深く浸透することが期待できるでしょう。

保湿力があるものを選ぶ

ビタミンC誘導体を使うことで肌の新陳代謝が高まり保湿力にも期待できます。

しかし、ビタミンC誘導体には乾燥しやすいデメリットも持つので、その点を補う保湿成分が含まれた化粧品を選ぶことをおすすめします。

代表的な保湿成分としてプラセンタやヒアルロン酸などが含まれているといいでしょう。

ビタミンC誘導体の入ったおすすめのオールインワンゲル(ジェル)3選

ここからは、ビタミンC誘導体の効果が高いおすすめのオールインワンゲル(ジェル)を3つご紹介いたします。

オールインワン1.メディプラス

肌への潤いを高めたい方にはメディプラスゲルがおすすめです。

ビタミンC誘導体だけではなく、肌の乾燥を防ぐ「アクアオイル」「スクワラン」「アボカド油」が角層までしっかりと保湿成分を届けます。

そしてメディプラスゲルには、美肌の湯として有名な「出雲玉造温泉水」が贅沢に使用されています。

これ1つで、化粧水・乳液・美容液・クリームの4役がたっぷり詰まり、1つで約2ヶ月(180g)使うことができるのも嬉しいメリットです。

初回限定1,000円オフなので、3,996円(税込)→2,996円(税込)と大変お得にお試しできます。

公式サイトはこちら

 

オールインワン2.KYO BIJIN

とにかく美白効果を狙いたい人にはkyo bijinのオールインワン美容液ジェルをおすすめします。

年齢によるシミにビタミンC誘導体以外にも、美白効果が高いと言われているモミジエキスや新潟の吟醸エキスなどを配合。

さらに保湿効果が高い成分と活性エイジングケア成分によって、乾燥を気にすることのない美肌を目指すことができます。

定期コースでの購入なら63%オフの5,800円(税込)→1,990円(税込)とお得にお試しできます。

公式サイトはこちら

 

オールインワン3.re dermalab

肌タイプを選ばないオールインワンゲルに、re dermalabのモイストゲルプラスがあります。

洗顔後にこれ1本を使うことで、高濃度の天然ナノセラミド潤いたっぷりな3種のヒアルロン酸などを補うことができるのでとても簡単に美肌を目指せます。

酸化しにくいエアレスボトル採用により最後まで清潔かつ安全に使いきれるのも魅力です。

約1ヶ月分通常価格4,938円(税込)ですが、初回限定は半額の2,469円(税込)でお試しできます。

公式サイトはこちら

 

しっとり潤う化粧水

肌への浸透力が高いビタミンC誘導体配合の化粧水。

ビタミンC誘導体は、クリームよりも水に配合した方が安定しやすいので、シミやニキビ跡に悩んでいる人は化粧水で使うのがおすすめです。

ここでは、効果が高まる化粧水の選び方や使い方、そしておすすめの化粧水を紹介していきます。

デイリーケアでビタミンC誘導体の効果を実感しましょう。

ビタミンC誘導体が入っている化粧水の選び方とは?

浸透力の高いビタミンC誘導体ですが、配合されていればどの化粧水でも同じというわけではありません。

ビタミンC誘導体と書かれていても、実際には配合量が少ないものもあります。

ですから、化粧水を選ぶときには成分表を確認し、上から1〜5番目までにビタミンC誘導体の成分が表示されているものを選びましょう。

また、ビタミンC誘導体の種類によっても効果は変わってくるので、あなたの悩みに合わせたものを選ぶようにするといいですね。

ビタミンC誘導体が入った化粧水の正しい使い方とは?

化粧水に入っているビタミンC誘導体は、ほとんどが水溶性です。

なので、使うタイミングとしては皮脂が最も少ないとされる洗顔の直後が一番効果が高まるでしょう。

そして、化粧水を塗ったあとはクリームなどで必ず保湿ケアをしましょう。

水溶性ビタミンC誘導体を塗っただけでは、保湿ケアは不十分だからです。

ビタミンC誘導体の入ったおすすめの化粧水3選

それでは、実際にどの化粧水がいいのかみていきましょう。

あなたの肌の状態に合わせて選ぶといいですね。

化粧水1.アサヒ 素肌しずく ビタミンC化粧水

保湿型浸透型のビタミンC誘導体が入った素肌しずく。

ビタミンC誘導体の他にもヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどの美容成分が入っているので肌の潤いをキープしてくれます。

 

化粧水2.ロート製薬 メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水

優秀なビタミンC誘導体3-O-エチルアスコルビン酸を配合している美白化粧水。

3-O-エチルアスコルビン酸はビタミンC含有率も高く、美白効果や肌の老化予防、ニキビ予防などさまざまな肌トラブルに効果があります。

これだけの効果があるのに、価格が972円(税込)ととてもコスパの良い化粧水ですね。

 

化粧水3.イオナ ホワイトニング セラム

浸透スピードの違う2つのビタミンC誘導体が配合されたホワイトニング セラム。

2つのビタミンC誘導体の働きによって、速く肌に浸透し、ゆっくりと効果が持続するのです。

1本4,700円と少し高めですが、使ってみる価値のある化粧水。

完全防腐剤フリーなので、お肌にも優しいのもいいですね。

これらの他にもおすすめのビタミンC誘導体配合の化粧水があるので、こちらもぜひみてみてください。

コスパを抑えて自分で化粧水を作る!

わざわざ化粧水を買わなくても、ビタミンC誘導体配合の化粧水は自分で作ることができるのです。

肌の状態や悩みに合わせて配合成分をコントロールすることができるので、市販の化粧水に満足できない人は挑戦してみてもいいですね。

気になる化粧水の作り方

難しそうに思っている人も多いと思いますが、化粧水はとてもシンプルにそして簡単に作ることができるのです。

    【ビタミンC誘導体配合化粧水の材料】
  • 精製水(水) 50ml
  • ビタミンC誘導体パウダー
  • グリセリン(保湿成分)

この3つの材料を混ぜ合わせるだけです。

肌の状態や好みによって、ビタミンC誘導体やグリセリンの量を調節してみましょう。

詳しくはこちらもチェックしてみてください。

 

美白効果大のパック

より美白効果を求める人ならビタミンC誘導体が詰まったパックの使用をおすすめします。

シミやくすみが気になってきたら普段のお手入れにパックをプラスすることで、手遅れになる前に肌を改善することができます。

ビタミンC誘導体の入ったおすすめのパック3選

美白効果が高いビタミンC誘導体だけではなく、日ごろの肌トラブルに対応できるパックを選んでケアをしましょう。

スペシャル肌ケアにぴったりな厳選パック3選はこちらです。

パック1.プラセンタ&ビタミンC誘導体マスク

配合成分であるビタミンCやプラセンタがお肌に浸透し、紫外線などから受けたダメージによって出来たシミからお肌を回復させる
事が出来ます。

パック一枚ごとに15mlほど美容液を含んでおり、お肌を隅々まで潤してくれます。

 

パック2.クリアターンホワイトマスク

紫外線によって受けた肌ダメージは放置せず、ビタミンC誘導体たっぷりのクリアターンホワイトマスクでしっかりとケアをしましょう。

高濃度安定型ビタミンC誘導体がシミやそばかすを防ぐので、日焼けのアフターケアに最適です。

楽天市場で購入

 

パック3.ビタミンC誘導体パウダー★ホワイトパウダー

アスコルビルリン酸Naが100%配合された、ホワイトパウダー。

パウダータイプなので精製水に溶かし、シートマスクやコットンに浸してパックします。

自分で作るので、新鮮かつ抜群の浸透力は他にはないでしょう!

価格も30包で3,785円(税込)なので、1包約126円とリーズナブルなので毎日使えますね。

 

保湿重視ならクリーム

保湿効果が高いものを選ぶベースにしたい人なら、ビタミンC誘導体入りクリームを選んでみましょう。

とくに年齢を重ねた肌は乾燥が進んでいきます。

美白を求めるだけでは保湿力が足りなくなるので、潤い力の高いクリームを選びましょう。

ビタミンC誘導体の入ったおすすめのクリーム3選

使い心地が良く濃度の高いビタミンC誘導体が含まれたクリーム3選をご紹介します。

使い続けたくなるお気に入りのクリームを見つけてください。

クリーム1.トゥベール ホワイトクリームⅡ

トゥベール ホワイトクリームⅡには浸透率が高い新型ビタミンC誘導体APPSを3%含み、肌の深い角質層まで成分が届く処方が施されいます。

3%と低濃度ですが、肌ダメージを抑えつつもシミへの効果を発揮。

さらに、お肌にハリを与える成分12%と厳選した美容成分9種類を配合しています。

手軽にかつ効果的にアンチエイジングを狙いたい人におすすめです。

4,212円(税込)30gですが、約3ヶ月使える分量なのでコスパ面も大変良いです。

 

クリーム2.ラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEX

ラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEXは、美容液成分96%をたっぷりと含む贅沢処方。

くすみや潤い不足などの肌悩みに応えてくれるクリームなので、乾燥肌や年齢肌に悩みの人におすすめします。

オールインワンゲルとは違い、化粧水でしっかりと保湿を補ったお肌に使います。

レギュラーサイズ120g・・・8.964円(税込)

スモールサイズ50g・・・4,644円(税込)

Amazonや楽天は少し安く買えますよ。

クリーム3.ドクターケイ ケイカクテルVプレミアムクリーム

ドクターケイ ケイカクテルVプレミアムクリームには、ゆっくり浸透する油溶性ビタミン誘導体と新採用ビタミンC誘導体が含まれているので、肌の奥まで浸透させる効果が期待できます。

濃厚な密着浸透クリームがアンチエイジングが気になる肌をサポートするので、本気で輝きを取り戻したいという人に使っていただきたいです。

乾燥が気になる方も、重ねづけすることで肌を整えることができます。

16,000円(税込)30gと高めですが、定期購入に申し込むことで14,400円(税込)で試すことが可能です。

公式サイトはこちら

 

美容液

お肌をいつまでも若々しく保つためにも、ビタミンCをしっかりと補うことが大切です。

ビタミンC誘導体が含まれた美容液の特徴は、いつもの肌ケアに取り入れやすいところです。

ポイント使いしやすいのも嬉しい点ですね。

ニキビやシミやたるみにしっかり効果を出したい人こそ美容液を使い続けていきましょう。

ビタミンC誘導体の入ったおすすめの美容液3選

ビタミンC誘導体の入ったおすすめ美容液3選をご紹介していきます。

美容研究家のレビューや口コミで評判の高いものを厳選したので、ぜひお試し下さい。

美容液1.チューンメーカーズ VC-6 ビタミンC誘導体配合エッセンス

まずおすすめするのが、チューンメーカーズ VC-6 ビタミンC誘導体配合エッセンス。

ビタミンC誘導体が6%も含まれている高濃度処方です。

洗顔後に顔全体に使うことでニキビ予防につながります。

シミはニキビ跡から発生することが多いので、年齢に関係なく使づけてほしい商品です。

 

美容液2.シーバムコントロールVCローションII

美容研究家がおすすめするのが、シーバムコントロールVCローションIIです。

96%がリピートするその秘密は、浸透率が高い高濃度ビタミンC誘導体の効果を実感するからです。

さらに成分がアップデートされ、ビタミンC誘導体濃度が以前より200%もアップしました。

肌のザラつきや多くの肌トラブルを抱える人におすすめします。

公式サイトはこちら

 

美容液3.Goodal チョンギュルビタCセラム

Goodal チョンギュルビタCセラムは、韓国の有名美容ユーチューバーが紹介してから人気が急増した商品です。

乾燥を気にすることなくビタミンC誘導体を利用できる点と、柑橘系の爽やかな香りが評判で、とくにニキビ肌に悩む女性から定評があります。

Cクリームとセットで購入がお得です!

 

まとめ

ビタミンC誘導体の効果はシミやくすみだけではなく、ニキビやたるみへも働きかけることがお伝えできたかと思います。

ビタミンC誘導体は、化粧品の多くに使われていますが成分の種類配合率にも注目したいところです。

肌タイプに合った使い方をすることで、最大限に効果を発揮することができます。

ぜひご自分に合ったアイテムを選びましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る