メディプラスゲル保湿

ビタミンC誘導体が配合された化粧水の効果は?

ビタミンCは

化粧水の成分としても
直接食べ物から体に取り入れても

肌に良いことが知られてします。

でも、化粧水に配合される成分としては、「ビタミンC誘導体」と言われることがありますが、なぜ「誘導体」なのでしょうか?

意外と知らない、ビタミンC誘導体が配合された化粧水の効果について、詳しくご説明しましょう。

 

ビタミンCの美肌効果とは?

dd66d1c15b7614a31deaa5ada8322067_s

ビタミンCにはどのような美肌効果があるのでしょうか?

次にあげたように、ビタミンCは肌にとって様々な良い影響を与えてくれる、美肌になりたい人には必須の成分です。

 

シミの改善

ビタミンCでシミの改善ができます。

シミの原因はメラニン色素です。

ビタミンCにはこのメラニン色素を分解したり生成されるのを阻害する作用があります。

まだできていないシミを予防するためにはビタミンAが有効ですが、

すでに色素沈着が起きてしまっている状態なら、ビタミンCの方が有効です。

 

シワの改善

シワの原因は肌の弾力を保つコラーゲンの減少ですが、ビタミンCにはコラーゲンの合成を促す作用があるのです。

コラーゲンが増えると肌にハリと弾力が生まれ、シワが改善されます。

 

ニキビの改善

ビタミンCには肌の老化を進めてしまう活性酸素を分解させる働きがあります。

肌の炎症は活性酸素によって引き起こされる為、ビタミンCで肌の炎症を防ぐことができるのです。

さらにビタミンCには皮膚に皮脂が大量に分泌されるのを抑制させる働きもあるため、皮脂によってできるニキビも防止してくれます。

 

肌を紫外線から守る

肌は紫外線を受けて日に焼けると活性酸素を作り出してしまいます。

活性酸素は肌にダメージを与えますが、ビタミンCには肌の大敵である活性酸素を分解してくれる作用があります。

またメラニン色素は「チロシン」という物質によって作られます。

ビタミンCはこのチロシンを抑制する作用があるので、シミができるのを防止することができるのです。

 

肌のキメを整える

ビタミンCは肌のコラーゲンの生成を助ける働きがあるため、肌の正常なターンオーバーを整えてくれます。

また、

毛穴を引き締める働き
肌の代謝を促進する働き

もあります。

そのため、新しい肌が生まれかわりやすくなり、キメの整った美しい肌を維持することができます。

 

 

ビタミンCではなくビタミンC誘導体

img_8178

ビタミンはこのように、美肌にとても良い成分だということが分かりました。

でも、なぜ「ビタミンC」ではなく、「ビタミンC誘導体」なのでしょうか?

 

ビタミンCはそのままでは使いづらい

ビタミンCは、「アスコルビン酸ナトリウム」という形で化粧水などに配合されます。

ところが、ビタミンCの成分がとてももろく壊れやすいという特徴があります。

空気中の酸素に触れるとすぐに酸化してしまうため、そのままの状態で使うと肌に吸収されづらく、肌に刺激を与えてしまうのです。

また、ビタミンCは紫外線に当たるとすぐに変質してしまうため、保存が難しいという問題もあります。

そのため、ビタミンCは、成分自体は肌にとても良いのに、化粧水としては使えないのです。

ビタミンCが配合された化粧水をいくら使っても、肌に吸収されづらく、変質しやすいため肌に刺激を与えてしまっては、肌にメリットはありません。

 

ビタミンC誘導体はビタミンCを使いやすく加工したもの

ビタミンCを

肌に吸収されやすく
壊れにくくし
酸化や紫外線による影響の少ない成分

に加工したものが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、アスコルビン酸を安定させることで、体に吸収させやすくしています。

さらにビタミンC誘導体は体に取り込まれるとビタミンCに戻るという性質もあります。

 

 

ビタミンC誘導体の種類

7b4956c58a213232baca20833f730e03_s

ひとくちに「ビタミンC誘導体」と言っても、実は3種類があります。

ここでは、それぞれの種類のビタミンC誘導体の性質を解説します。

1202-5-gif

即効性のある水溶性ビタミンC誘導体

よく使用されているものは

リン酸アスコルビルMg
リン酸アスコルビルNa
アスコルビル酸グルコシド

などです。

特徴は、即効性があるということです。

化粧水や美容液に使われており、皮膚科などでも処方されることが多いです。

肌へのピリピリとした…

刺激が一番少ないのはリン酸アスコルビルMg
刺激が強いのはリン酸アスコルビルNaはようです。

この二つは紫外線の影響を受けやすく酸化もしやすいので、保存には注意が必要です。

アスコルビル酸グルコシドは安定的な性質を持つため、常温で長期間保存できます。

 

保湿力のある脂溶性ビタミンC誘導体

よく使用されているものでは、

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)
パルミチン酸アスコルビル

などがあります。

水溶性のものと比べて即効性には劣りますが、持続性に優れており保湿効果も高くなっています。

肌になじみやすく、クリームなどで使われることが多いです。

また、肌への刺激が少ないのも特徴ですが、安定性が悪いため、冷蔵庫で密閉して保存するなど保存には注意が必要です。

 

即効性が高く保湿力のあるAPPS(新型ビタミンC誘導体)

APPS(新型ビタミンC誘導体)は、上2つの特徴である即効性と保湿力を併せ持つビタミンC誘導体です。

有名なのはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naです。

大変優秀なビタミンC誘導体ですが、他の2つと比べると価格がかなり高いです。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る