メディプラスゲル保湿

たるみが原因の毛穴の開き、その対策方法は?

目立って気になる毛穴の開き

その要因のひとつが加齢による肌のたるみ…

たるみから来る毛穴開きの改善方法とは?

 

あなたの毛穴開きの原因をチェック!


まずは、自分の毛穴の開きの原因を調べてみましょう。

◎毛穴の「つまり」タイプ
毛穴が黒ずんでいる
毛穴が膨らんでいる

◎毛穴の「開き」タイプ
皮脂の分泌が過剰である
特に鼻の頭にブツブツが多い

◎毛穴の「たるみ」タイプ
毛穴が細長く伸びている
特に頬の毛穴が目立つ
30代、40代になって目立ち始めた

この中で、毛穴の「たるみ」タイプの人には、以下の対策を参考にして!

 

コラーゲン不足は要注意なのです!


毛穴のたるみの最大の原因は、肌の奥深くの真皮層のコラーゲン不足

肌といえばまずコラーゲンですが、他にもエラスチン、ヒアルロン酸などで構成されていて、
それらは皮膚の水分を守る役目を持っています。

ですが、年齢と共にこれらの成分は肌から失われて
水分や皮脂、ハリがなくなることで皮膚がたるんでしまいます。

普通なら目立たない毛穴が皮膚がたるむことでヨレてしまい、
毛穴が伸びで目立ってしまいます。

そのために、毛穴の開きや毛穴の詰まりとは違って、
毛穴が横に引き伸ばされたようになっているのです。

 

毛穴のたるみ解消策あれこれ


毛穴のたるみを解消するにはどうすればいいのか?

肌がたるんでしまうと、もう洗顔や保湿ケアだけでは治せません。
ピーリングや美容液などで対処をすることが必要です。

 

ピーリング

毛穴のたるみにオススメなのがピーリングです。

肌のターンオーバーがうまくいかないせいで古い角質が残っている箇所を、
人工的に落として新しい角質を作らせやすくする方法です。

たるみ肌はコラーゲン不足で肌が乾燥して古い角質が溜まり、
新しい肌が生まれ変わりづらくなっている状態なので、
ピーリングをすることで新しい肌が再生しやすくなります。

新しい肌が正しく再生されると、肌にハリが戻ってたるみも解消されやすくなります

ただし、ピーリングのしすぎはかえって肌を痛めることになるので、
週に1~2回を目安に行いましょう。

 

レチノール入り美容液

レチノールとはビタミンAの一種で、肌にハリを与えてくれる成分です。

レチノール入り美容液を使うと肌にハリが戻り毛穴のたるみも解消されます。

ですがこの美容液は肌に刺激が強いこともありますし、高価な商品が多いのです。

肌を痛めないためにも、お金を無駄にしないためにも、
必ず試供品を試してから買いましょう。

 

ビタミンC誘導体入り美容液

肌のたるみにオススメなのが、ビタミンC誘導体配合の美容液です。

ビタミンCは肌に良いのですがとても壊れやすく、
美容液に配合しても使う頃に効果が失われることもあります。

そのために、自然界には存在しないビタミンC誘導体という形に変えることで、
美容液として使いやすくなっています。

ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、肌の奥に作用して潤いを与えてくれます。
ただし、美容液、美容液の成分表にはビタミンC誘導体とは書かれていません。

リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na(APPS)
リン酸アスコルビン酸Na(APS)
リン酸アスコルビルMg(APM)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)

などの記載になっているのでチェックしてみましょう。
肌がたるんでしまった人には、ビタミンC誘導体配合美容液はかなり効きます

 

セラミド入り美容液

セラミド入り美容液も肌のたるみには有効です。

セラミドとは、もともと人間の肌に含まれている成分で、
肌の真皮層に存在して肌の水分や皮脂を守っています。

このセラミドが失われることで肌のハリが失われてしまうので、
セラミドを直接補うことでも肌にハリを取り戻せるのです。

また、セラミドの種類はひとつではありません。

いちばんヒトに合う「ヒト型セラミド」を使いたいなら、
その商品の成分表の「セラミド」の後ろに2、3、6、10などの表記があるものを選びましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る