メディプラスゲル保湿

紫外線アレルギーは使っている化粧品が原因かも!オススメの化粧品はある?

いつも明るく外を照らして、暖かさを与えてくれる日の光。

ですが、日の光にあたっただけで皮膚がただれたり発疹が出たりしてしまう人がいます。

それは、紫外線アレルギーが主たる要因となり発症しています。

日光アレルギー
日光過敏症

などと呼ばれる事もあります。

紫外線アレルギーがどんなタイミングで起こるのかはわからず、突然発症することが多いですが、

その原因の一つとして普段使用している化粧品の影響もあると言われています。

紫外線アレルギーになってしまった人に、おすすめの化粧品をお教えします。

 

 

顔だけに紫外線アレルギーが出る原因は?

1d063d917e416053291eb778c191265c_s
特に、「顔にだけ紫外線アレルギーが出る」と言う人は、普段使っている化粧品が原因であることが多いです。

例えばファンデーションなどの化粧品の他に、日焼け止めでもアレルギー反応が出ることもあります。

そしてその上に紫外線を浴びることによって、さらに症状が重症化していることもあります。

 

 

紫外線アレルギーの対策方法3つ!

img_0010
では紫外線アレルギーを発症してしまった場合、お肌はどういうケアをすれば良いのでしょうか?

アレルギー症状によって肌はダメージを受けているので、「肌に優しい化粧品を使う」というのが基本です。

そして、

・日焼け対策を万全に
・肌への刺激を極力抑える
・保湿ケアをして肌を修復する

のが、ポイントです。

 

まずは日焼け対策を!

紫外線アレルギーになってしまっている状態なので、

これ以上肌の状態を悪化させないためにも、まずは紫外線の影響を受けないようにしなければなりません。

外に出る時は、日焼け止めが必須ですが、肌に優しい日焼け止めを使います。

日焼け止めには、次の二種類があります。

 

紫外線吸収剤

紫外線を化学反応によって熱エネルギーに変換させる仕組みの「ケミカル」と呼ばれるタイプ

 

紫外線散乱剤

紫外線を反射させて肌を守る「ノンケミカル」と呼ばれるタイプ

「ケミカル」タイプに比べて日焼け止め効果は低くなりますが、紫外線アレルギーで肌が弱っている人には肌に優しい「ノンケミカル」が断然おすすめです。

帽子
手袋
サングラス

なども併用して、紫外線対策を心がけてください。

 

保湿効果が高い化粧品を使う

肌が弱っている時は、保湿ケアが一番大事なことです。

保湿効果が抜群なのは「セラミド」が配合されたものです。

商品によって配合されている量が違いますので、保湿を重視したい方はできるだけセラミドの量が多いものを選びましょう。

他にも、

コラーゲン
ヒアルロン酸
エラスチン
スフィンゴ脂質
レシチン
ヘパリン類似物質

などと記載されている保湿剤も、保湿効果が高いです。

そこでオススメなのが『メディプラスゲル』

オールインワンゲルでなおかつ無添加なので肌に負担を与えず、

セラミド
コラーゲン
ヒアルロン酸

など美容成分もたっぷり入っているので保湿にはピッタリのアイテムです!

メディプラスゲル保湿

そして、洗顔後はとにかく保湿、普段も肌が乾燥したら保湿、を心がけてみてください。

次第に肌は修復され、健康的な肌に戻っていくでしょう。

 

刺激の少ない化粧品を選ぶ

化粧品を選ぶ場合は、刺激が少ないものを選びましょう。

紫外線アレルギーを起こしたために肌の性質が変わって、今まで使っていた化粧品も刺激が強くなってしまっているかもしれません。

今までの化粧品を使って

肌がピリピリする
赤みや湿疹が酷くなったりする

このような場合は使用を一時やめましょう。

特に漂白効果があるような刺激が強い美白化粧品などはNGです。

いろいろな成分が配合されていて、高機能な化粧品もどんな刺激を受けるかわからないのでやめましょう。

化粧品はビタミンC誘導体が配合された低刺激性のものを選択すると良いです。

ビタミンCには

肌の炎症を抑える効果
抗酸化作用

があり、これらの成分の働きによって美肌効果が高くなります。

また、単一成分でシンプルな配合のものや、敏感肌用の化粧品を選ぶのもポイントです。

化粧品を買う際は、サンプルを使ってみて肌に刺激が無いかをよく確認してから買いましょう。

先ほど紹介したメディプラスゲルにはビタミンC誘導体も含まれていて、無添加で低刺激なのでオススメですよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

 

そもそも紫外線アレルギーってなに?

cb78071a91912352a661986a782e3768_s

アレルギー反応とは、外敵から身を守るために体が過剰に反応して起こる症状のこと。

でも、アレルギー反応は、アレルゲンとなる食べ物などに対して、いきなり起こるわけではありません。

長年にわたって蓄積された体の中の「抗体」が許容量を超えた時に引き起こされます。

ですから、紫外線を浴び続けて体の免疫機能が抗体を作り出し、なおも紫外線を浴びることで抗体が許容量を超えてアレルギー反応が出たと考えることもできます。

しかし、ほとんどの場合、他に原因があります。

服用している薬
食べ物
体質

などいろいろな原因があります。

 

紫外線アレルギーの症状とは?

DSC00663

今日は太陽の光を浴びたな~という日に以下のような症状がいつも出る場合は、紫外線アレルギーである可能性があります。

 

顔に起こる症状

・顔が赤くはれる
・顔に湿疹が出る
・顔がかゆくなる

目に起こる症状

・目が充血する
・目にゴロゴロした異物感がある

体全体に起こる症状

・頭痛や発熱が起こる
・吐き気をもよおす

このような症状が突然起きたら、まずは、皮膚科の受診がおすすめです。

また、今使用している化粧品はいったん使用を中止した方が良いでしょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る