メディプラスゲル保湿

赤いポツポツ、これってニキビ?紫外線アレルギーとニキビの関係性

アレルギーと言えば

花粉症
犬・猫アレルギー
食品アレルギー

などがありますが、近年女性たちを悩ませているのが紫外線アレルギーです。

他のアレルギーと同じように突然発症し、顔に赤いポツポツやかゆみが出て、日光に当たるたびに繰り返すようになる症状です。

紫外線アレルギーの症状とニキビができるその関係性についてご紹介しましょう。

また、紫外線を浴びた肌はとても敏感なので乾燥しやすくなります。

そんなときにおすすめの保湿アイテムが『メディプラスゲル』!

オールインワンゲルなので敏感になった肌に負担をかけずにスキンケアできますよ。

メディプラスゲル保湿

 

 

紫外線アレルギーとは

dsc00659

アレルギーは、対象となる物質が体内にたまっていき、一定量を越えたときに体が拒絶反応を起こす症状です。

紫外線アレルギーの場合も、毎日浴びていた紫外線に対して体を守っていた抗体が限界点を超えてしまったときに起こります。

花粉症と同じで、一度発症してしまうとその後紫外線に当たるたびに繰り返すのが特徴で、日光アレルギーや光過敏症とも呼ばれます。

 

紫外線アレルギーの症状

紫外線アレルギーの症状には、紫外線を浴びた腕や顔などに出る症状と、頭痛などの身体症状のふたつがあります。

紫外線を浴びたすぐあとにこのような症状が出るなら、紫外線アレルギーの可能性があります。

【肌の症状】

・皮膚の赤み
・じんましん状の発疹
・水痘
・腫れ
・かぶれ

【体の症状】

・頭痛
・発熱
・吐き気
・倦怠感

 

紫外線アレルギーが起こる理由

img_0865

内因的な要因

人がもともと持っている抗体量はそれぞれ異なります。

アレルゲンである紫外線を浴びるたびに体内で抗体がつくられ、紫外線から体を守る働きをしますが、この抗体量が一定量を越えるとアレルギーを発症してしまいます。

子供の頃から多く紫外線を浴びてきた人は、抗体量の蓄積量も多い可能性があります。

逆にもともと体の中にアレルギー素因を持たない人もいて、このような人はいくら紫外線を浴びてもアレルギーを発症することはありません。

自分はアレルギー体質じゃないから大丈夫と思っていても、普段からあまり紫外線を浴びない人が急に大量の紫外線を浴びて発症することもあります。

例えば夜に多く出歩いて急に昼間の強い陽射しを浴びることがあるという人や、冬の間は服で隠れていた腕や脚が紫外線に当たるなどです。

 

化粧品が原因

通常の紫外線アレルギーは全身に出ますが、女性の場合は顔だけに症状が出ることがあります。

その原因として、たくさんの化粧品を同時に使っていたり、化粧品が肌に合っていないときに紫外線の刺激が引き金となって症状が出ていると考えられます。

 

日焼け止めが原因

紫外線対策として誰もが使っている日焼け止め

そこに含まれる紫外線吸収剤は紫外線を吸収して化学反応を起こし熱を放出しますが、紫外線アレルギーの場合はそこに反応して赤みや湿疹が出てしまいます。

紫外線吸収剤はファンデーションにも含まれていることがあるので、アレルギーのある人は注意が必要です。

 

ニキビに見えるがニキビではない

紫外線を浴びないように気をつけていても、紫外線吸収剤を使ったファンデーションや日焼け止めを使い続けるとニキビのような症状が出続けることになります。

赤みが出たり
かゆみを伴うポツポツとした湿疹

が顔だけに出るのでニキビと間違われやすいのですが、この湿疹はニキビとはまったく違うものです。

ニキビは毛穴に皮脂や汚れがつまって膿を持ちますが、紫外線アレルギーで出る湿疹は肌表面にできます。

このため、ニキビ用の薬や化粧品を使っても効果はありません。

ただし、長時間紫外線を浴びることは確実に肌に良くないため、ニキビやニキビ跡が悪化する可能性もあります。

 

 

紫外線アレルギーへの対策方法

DSC00663

では、自分が紫外線アレルギーかもしれないと思ったらどのように対策していけばいいのでしょうか?

病院での診断方法と、自分でできる対策について見ていきましょう。

 

紫外線アレルギーの診断方法

紫外線アレルギーかどうかは、病院で調べてもらうことができます。

皮膚科
もしくはアレルギー科

で血液検査かパッチテストを受けましょう。

アレルギー症状が出ていて、かつ紫外線アレルギーだと認められれば保険が適用になります。

症状が軽ければ非ステロイド系、ひどければステロイド系の塗り薬が処方されます。

かゆみがある場合は抗アレルギーの飲み薬が処方されることも。

ただし、病院での治療はあくまで出た症状を抑えるだけのもの。

根本的に紫外線を防ぐ対策をしなければ、アレルギー症状は出続けることになります。

 

自分でできる紫外線対策

紫外線は曇りの日でも晴れの日の85%も降り注いでいると言われ、道路からの反射もバカにできません。

夏でも長袖を着たり、帽子や日傘などのグッズを活用しましょう。

忘れがちな目も紫外線でダメージを受けますので、サングラスで対策してください。

また屋内にいても、窓際で気づかないうちに顔半分や片腕だけ紫外線を浴びていた、ということもあります。

窓にUVカットフィルムを貼るのも有効な方法です。

 

日焼け止めは紫外線散乱剤が入ったものを選ぼう

紫外線対策には、紫外線散乱剤が入った日焼け止めを使いましょう。

紫外線散乱剤は紫外線を肌の上で反射してくれるので、アレルギーを起こしにくくなっています。

ただし、紫外線吸収剤に比べると効果が弱いため、

帽子
アームカバー
日傘

など紫外線対策グッズと併用するように心がけましょう。

 

 

紫外線対策をしっかりと

fderd

どんなアレルギーでも一度発症してしまうと完治は難しく、対策をしながら向き合っていかなければなりません。

女性の場合は化粧品や日焼け止めを変えることで症状を抑えられる可能性もあります。

紫外線は一年を通じて存在するため、常に紫外線対策を意識しながら快適に過ごせるような工夫をしていきましょう。

また、日焼け止めなどは肌に刺激が強いので、洗顔後の保湿はオールインワンゲルの『メディプラスゲル』がオススメ!

無添加なので低刺激、オールインワンゲルで肌の摩擦も最小限で済みますよ。

メディプラスゲル保湿

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る