メディプラスゲル保湿

紫外線アレルギーに効く食べ物とは?

紫外線アレルギーの内因性の原因としては、遺伝の他にも免疫力の低下によるものが大きいようです。

紫外線アレルギーの症状を緩和させるための塗く薬や漢方薬もありますが、まずは体質改善をしていきながら、

自然治癒力である免疫力を高めていく事が大切です。

免疫力をアップさせるためには、抗酸化作用の高い物やデトックス効果の高い食品を摂取し続ける事がコツです。

今回は紫外線アレルギーに効く食べ物について、紹介していきたいと思います。

 

アレルギーが起きる原因について

人間の体の免疫細胞の働きとしては、ウィルスや細胞といった病原菌が体内に入ってくると、マクロファージが病原菌を食べて退治していく仕組みになっています。

それと同時にナチュラルキラー細胞、ウィルスや細菌に感染してしまった細胞を破壊していきます。

マクロファージとナチュラルキラー細胞だけで細菌をブロックできない場合には、マクロファージがヘルパーT細胞達へ細菌情報を知らせます。

そこからさらにヘルパーT細胞は、B細胞とキラーT細胞に細菌を撃退するように指令を出します。

このマクロファージとナチュラルキラー細胞とキラーT細胞とB細胞、そして細菌の戦いが激しくなる時に炎症が起きるのです。

マクロファージ
ナチュラルキラー細胞
キラーT細胞
B細胞

といった免疫細胞の力が弱い人がアレルギー体質となってしまうのです。

免疫力を高めるには、

充分な睡眠
栄養バランスの良い食事の摂取
ストレスを溜めない事

がポイントです。

 

 

デトックスにはキレート作用のある食べ物を摂取する事がポイント

キレート作用とは、体内の有害物質を排出しやすい形へと変化させる働きの事です。

キレートとは、キリシャ語でカニのはさみを意味します。

カニがハサミで獲物をがっちりつかんで離さないように、体内の有害物質を包み込んで排出していくといったニュアンスがある言葉によって、付けられた医学用語です。

毒素の排出を促すためには、キレート作用のある食品を積極的に摂取する事がポイントです。

 

 

紫外線アレルギーに効果が高い食ベ物は?

リンゴ

リンゴに含まれるペクチンには、

コレステロール値を下げる
便秘や下痢を解消して胃腸の調子を整える
疲労回復

といった効果があります。

 

香りが強い野菜

ネギ
ニラ
にんにく
玉ねぎ

といった香りが強い野菜や果物は、イオウ化合物と呼ばれるものです。

イオウ化合物の特徴としては、鉄や亜鉛といった体に必要なミネラル成分だけは残しておいて、水銀や鉛といった体に有害な金属成分だけを排出していく作用があります。

あらゆる料理に付け加える事が可能な食材なので、是非隠し味として積極的に活用するようにして下さい。

 

デトックス効果高い野菜

ブロッコリー
アスパラ
アボカド
大根

といった野菜には、イソナオシアネートという解毒作用の高い成分が含まれています。

特に大根はすりおろしたり、薄くスライスして生で食べる事によって、ジアスターゼという消化酵素成分になるので、ハンバーグやステーキといった肉料理には、すりおろし大根のソースを活用するようにして下さい。

毎朝のメニューに大根のすりおろしを加えるだけでも、消化活動が活性化できます。

 

海藻やもずく、寒天、こんにゃく

海藻
もずく
寒天
こんにゃく

には、水溶性、不溶性の食物繊維がたっぷりと含まれているので、体内の脂肪や老廃物をしっかり包み込んで便と共に排出する作用があります。

低カロリーで味も薄いので、おやつや料理のメニューに加えやすいといったメリットがあるので、日々のメニューに是非プラスしてみて下さい。

 

玄米やライ麦

人間の腸は、食べたり飲んだりした物の栄養素をしっかりと吸収する面を大きくするためにヒダ状になっています。

そのヒダには、分解していないタンパク質や食べ物のカスが溜まりやすい状態となっています。

黒人や欧米人の腸に比べると日本人の腸の長さの方が長いので、食べたり飲んだりした物がその長い腸管を通っていく時にヒダにひっかかってしまうので、毒素や老廃物が溜まりやすい構造になっているようです。

長い腸管のヒダに、老廃物や毒素が溜まっていくと、新しく入ってきた栄養分を蓄える力が衰えると同時に、腸の上皮細胞の力も弱まって造血力が次第に低下していきます。

新しい血液を作る力が弱まる事によって、体の隅々の細胞にまで栄養素が充分にいきわたらなくなるので細胞の力も衰えてしまいます。

さらに腸のヒダに付着した毒素によって血液が濁り、淤血状態を招いてしまうのです。

玄米やライ麦の殻は、胃腸では消化されないので、腸管のヒダの隙間に入り込んで溜まっている毒素を絡めとりながら便として排出する作用があります。

玄米やライ麦の殻は、毒素を排出したり腸内に排出されずにずっと留まっている停滞便の排出を促すだけでなく、

ビタミンB
ビタミンE
カルシウム
ミネラル

といった体に必要な栄養素も効率よく補給していけるので、毎日の主食には、白米や白い小麦粉のパンをやめて、玄米やライ麦パンへ変えていきましょう。

このように主食を変えていくだけでも、体の免疫力や抵抗力はアップしていきます。

体の免疫力や抵抗力を高めるポイントとしては、まずは体内に蓄積されている老廃物や毒素をしっかりと排出してから、必要な栄養素を補っていく事が大切です。

いくら体に良い物をたくさん摂取したとしても、腸管のヒダに溜まっている毒素が栄養の吸収を阻害したり血液を汚していたら、せっかくの栄養分も上手く吸収されないからです。

栄養補給と並行して、デトックスも意識的に行うように気を付けていって下さい。

 

 

まとめ

今回は紫外線アレルギーの原因として、免疫細胞の働きについての解説と

免疫力を高める食べ物について紹介してきました。

今回消化した食べ物は紫外線アレルギーだけでなく、

様々な体の不調の改善にも役立つ物ばかりなので、

普段から健康管理に意識して積極的に摂取していくようにして下さい。

また、体の外側からのケアも重要です!

そこでおすすめなのがメディプラスゲル!

無添加のオールインワンゲルなので、紫外線を浴びて敏感になった肌にも安心して使えますよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る