メディプラスゲル保湿

目の下のクマの原因と解消法!クマは3種類で、ほとんどのクマは治せます!

ある朝鏡を見ると、くっきりとした目の下のクマにびっくり!

そんな経験、誰しも一度はあるのではないでしょうか。

昨夜夜更かししたから?

なんて思って、早寝早起きを心がけてもなかなか消えない!

そんな目の下のクマの原因と対策について紹介します。

 

目の下のクマの正体

img_0884

クマとは目の下にできる黒ずんだ部分のこと。

ほとんどの場合は皮膚を通して見ることのできる血管によるものだといいます。

目の下の皮膚は体の中でもダントツに薄く(ほかの部位がだいたい2mmほどなのに対し、目の下は約0.5mm)、どうしても血管が透けやすいのです。

なので皮膚が薄ければ薄いほど、クマは濃く見えてしまいます。

また、遺伝によって生じる青いクマや、アレルギーやアトピーなどで目の周りを擦ることによって生じるクマもあります。

少し気を付ければ消えるものから、なかなか消えないものまで、人によって様々なパターンがあります。

 

3種類のクマ

そんなクマが3種類に分けられることをご存知でしょうか。

青グマ
黒グマ
茶グマ

見てわかる通り、クマは見た目の色によってタイプ分けされています。

そしてそれぞれ原因や対策が異なるのです。

青グマは目の下の血液が透けて青黒く見えてできるもの
黒グマは下瞼がたるんで影を作ることでできるもの
茶グマは目の下にシミやくすみが集まったもの

一般的にクマと呼ばれるものは黒グマが一番多く、お肌がたるみ始める20代後半くらいから目立ち始め、加齢とともに存在感を増していきます。

 

クマの見分け方

それぞれのクマの簡単な特徴は上記の通りですが、自分のクマが3種類のうちのどれなのかわからない場合は下記をチェックしてください。

コンシーラーで隠せる
子供のころからある
寝不足で濃くなる
目の下の皮膚を引っ張ると多少薄く見える

上記が多くあてはまる場合、青グマです。

 

コンシーラーでは隠せない
顔を上に向けると薄くなる

たるみによる黒グマです。

 

コンシーラーで隠せる
目の下の皮膚を引っ張っても薄くならない
上を向いても薄くならない

シミやくすみによる茶グマです。

 

チェックは以上です。

とても簡単ですね。

次は気になるクマの原因についてお話しします。

 

 

クマの原因とは

5b7e007fc157816768cef8238dfaa50f_s
前述の通り、クマの原因としては

顔の彫り
遺伝
アレルギーなどの疾患

が挙げられます。

また、そのほかにも以下のことが考えられます。

 

薬の影響

血管を拡張させる薬が原因となります。

目の下の皮膚はとても薄いため、血流増加を皮膚を通して見ることができるためです。

 

貧血

ダイエットや栄養バランスの乱れた食事により貧血を起こすと、血行が悪くなりうっ血がおこります。

ただでさえ薄い目の下の皮膚は鉄分不足で青白くなり、より一層クマを目立たせるのです。

 

睡眠不足、疲労

これらはクマの原因の2トップと言われていますが、その正体は血行不良です。

きちんとした睡眠がとれず疲労が抜けないと血行が悪くなるばかりではなく、

顔色が悪くなる
お肌の不調をきたす

ことがあるため、顔全体の印象を左右してしまいます。

 

肝臓の問題

少し怖い話ですが、目の下のクマが肝臓の疾患の兆候である場合もあります。

肝臓は新陳代謝の要ともいえる臓器であるため、肝臓の働きが鈍ると全身の血行が悪くなります。

その結果クマがいつまでも消えない場合もあるため、もともと無かったはずのクマがあまりにも長期間消えない場合は医師の診察を受けることも検討してください。

 

年齢の問題

クマは年齢とともに顕著になる場合が多いです。

それは皮膚のコラーゲンが加齢によって減少し、より薄くなってしまうから。

また、長年のシミやくすみが表面に現れたり、目の周りがたるむことももちろんクマの原因です。

これらは単純な年齢の問題というよりも、「お肌の加齢」と言ったほうがいいかもしれませんね。

以上が代表的な原因です。

簡単にまとめると、様々な要因による血行不良と、お肌の老化によるものだと言えます。

 

 

手ごわいクマの対策

b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s

クマの対策方法として挙げられるのは3つ。

消す
隠す
なかったことにする

です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

クマの消し方

まず大前提として、消せるクマには限りがあります。

遺伝によるクマや彫りが深くてできてしまうクマを消すことはほとんど不可能です。

そういう方は次項の「クマの隠し方」を参考にしてください。

また、薬の影響でクマが出てしまう場合は、薬の服用をやめることが望ましいですね。

しかし、それが難しい場合ももちろんあるでしょう。

まずは医師に相談することをおススメします。

では、消せるクマと、その具体的な方法についてお話しします。

消せるクマとは生活習慣などで後天的にできてしまったもので、主に青グマです。

疲労
貧血
寝不足

などが主たる原因ですので、生活習慣を正せば緩和することがほとんど。

睡眠不足
無理なダイエット
喫煙
過度のストレス

は禁物です。

また、冷え性も血行不良を引き起こしますので、適度な運動や温活も有効でしょう。

冷たい飲み物と塩分を控えればむくみ防止にもなるので、黒グマにも一定の効果ありです。

このように、生活習慣をちょっと見直すだけでクマだけではなく全身の不調に効果が見られるはずですよ。

 

コラーゲンとエラスチンを強化する!

もちろん、美容的なアプローチもあります。

それは、コラーゲンやエラスチンを強化するケアで目の下の皮膚のアンチエイジングをするというもの。

コラーゲンとは真皮で弾力を持つ働きをしており、エラスチンも真皮の繊維成分です。

これらは一般的な化粧品にも配合されていますが、残念ながら化粧品では保湿成分としてしか働きません。

化粧品は角質層までしか浸透しないため、真皮には届かないからです。

よって、コラーゲンとエラスチンを強化するケアというのは、コラーゲンとエラスチンをお肌に塗りこむことではありません。

ではどういうことなのか?

今回はコラーゲンとエラスチンを強化するための4点セットを紹介します。

 

ピーリング

科学的に角質を除去するピーリングは肌代謝を高めてくれます。

肌全体の若返り効果を期待できますが、やりすぎはNG。

適度な頻度で行いましょう。

 

レチノール

ビタミンAの一種です。

コラーゲンを増やす作用があり、目元の小ジワ用美容液などにも多く配合されていますね。

同じ種類の成分としてレチノイン酸というものがあります。

これは美容皮膚科などで手に入れることができ、効果もより高いものとなっています。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体がシワや毛穴に有効なのは有名ですね。

それは肌の弾力に作用するからです。

ビタミンC誘導体配合の化粧水を使ってイオン導入を行うとより効果を得られます。

またこのビタミンC誘導体が入ったスキンケアアイテムがメディプラスゲルです。

ビタミンC誘導体以外にもコラーゲンやヒアルロン酸など美容成分がたっぷり配合されていて1カ月あたり1,498円とコスパもいいのでおすすめですよ。

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

 

ナイアシン

ナイアシンとはビタミンB3のこと。

抗酸化作用やコラーゲンを増やす作用があります。

肌のうるおいを増す作用もあるので、乾燥肌の人にとってもうれしいもの。

刺激も少なめなので、敏感肌の人にも使いやすいというメリットがあります。

以上、4点ケアを肌の状態を見ながら組み合わせたり、あるいは単品で行ってみて下さい。

コラーゲンとエラスチンは加齢とともに減少します。

何年もかけて減少したものを増やすのは簡単ではなく、数か月程度では大きな効果は見られないかもしれません。

しかし、放っておけば減少の一途をたどるだけです。

これ以上クマを悪化させないためにも、ぜひ取り組んでほしいと思います。

 

クマの隠し方

次はクマの隠し方です。

なかなか消えない遺伝によるクマや、顔の彫り、シミやくすみによる茶グマ対策がメインとなりますが、青グマにももちろん有効。

隠す手法はもちろんメイクです。

重要なのはコンシーラー選び。

茶クマはイエロー系
青クマはオレンジ系

のコンシーラーと相性が良いようです。

また、目の周りの皮膚は薄いため、クマを悪化させないためにも柔らかめで伸びの良いタイプを使用するといいでしょう。

コンシーラーはあくまでも薄塗りで。

厚塗りは目元のくすみのもとです。

中指で軽くトントンと重ねていきましょう。

ファンデーション、お粉を使用し、それでもまだクマが目立つ場合はシャンパンゴールドのシャドウをふんわり重ねてみましょう。

さらに、パール入りの白いシャドウで下まぶた全体の際にアイラインをひくように細めに乗せると、全体の雰囲気が明るくなります。

これは、彫りが深いタイプの人にも効果的ですね。

また、目を酷使するデスクワークなどは夕方になるとクマが悪化することがあります。

こまめにチェックし、必要があればメイク直しをきちんとしましょう。

しかし、ファンデーションの上からコンシーラーを重ねるのはいただけません。

アイシャドウで印象を明るくするか、最初から目の下はコンシーラーのみにするというのも手段のひとつです。

もちろん、クマは隠すより消すほうが大事です。

今回は隠すクマとして出てきた茶クマも、美白ケアと紫外線対策をおこない、少しずつ目立たなくなるようにしましょうね。

 

クマをなかったことにする方法

なかったことにする?そんな方法あるの?

と不思議に思われる方が多いでしょう。

あるんです!
しかも、かなり効果が高い方法が。

その方法とは

美容整形です。

整形なんて怖い!という方や、整形に良いイメージを持っていない方も多いでしょう。

しかし、昨今の日本では整形に対するハードルもかなり下がり、比較的安価で安全な施術が多いのも事実です。

お金と多少のリスクを払い望む結果を得るのですから、誰に責められることもありません!

もちろん、傷跡やダウンタイム(手術をしてから回復までの時間)については事前にきちんとリサーチ&カウンセリングが必要ですけれど。

さて、美容整形が向いているクマといえば、たるみによる黒グマです。

前述のコラーゲンとエラスチンの強化ケアは黒グマにも有効ですが、それでもどうしても気になる場合はたるみの除去手術という方法があります。

およそ30分の手術で、ダウンタイムは平均1週間。

費用は病院によって異なりますが、30万~50万ほど。

中には切らない施術を売りにしている病院もあるので、病院の方針を確認するのも大事です。

また、整形ではありませんが、シミやくすみによる茶グマを美容皮膚科のレーザ照射などで消すことも可能です。

シミやくすみの治療は病院によって様々な方法があり、シミの種類や大きさによっても料金は異なります。

美容皮膚科を考えている方は、試しにいくつかの医院でカウンセリングを受けるのもいいでしょう。

 

 

おわりに

fderd

いかがだったでしょうか。

目の下のクマの原因と、その対策について紹介しました。

一番大事なのは、健康的な生活を送ること!

規則正しい生活で、体内の環境を整えましょう。

もちろん、その効果は即効ではないので、メイクテクを駆使してクマを隠すことも重要ですね。

どうしても気になる場合やクマが消えない場合は美容整形の扉をたたくのも一つの手段。

手ごわいクマはそうそう簡単には消えません!

自分のクマのタイプを見極め、あなたにぴったりの対策をしてくださいね。

またスキンケアには、目の下のクマに効果のあるビタミンC誘導体が入っているオールインワンゲルのメディプラスゲルがオススメですよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る