メディプラスゲル保湿

目の下のクマを取り方をシェア!種類別のクマを取る方法をご説明します

クマで老けて見られる!!

目の下のクマを取る方法!

目の下のクマと一言にいっても、実は、幾つかの種類があるんです。

種類によって効果的なアプローチ方法も異なってきます。

まず、お悩みのクマの種類を見極めて、効果的にクマ解消を図っていきましょう!

 

【青クマ】は健康状態が原因!?

IMG_1970

青クマの原因は、血行不良

青クマは、その名の通り、青黒く見えるクマです。

目の下を引っ張ってみて色が薄くなるようであれば、青クマと考えましょう。

原因としては、血行不良が挙げられます。

以下の項目に当てはまる点が多い方は要注意です。

寝不足
ストレス
pcやスマホの使用による筋肉の硬直
体の冷え

このような原因から、血行不良→うっ血状態となることで、皮膚の薄い目の下から血液の色が透けて見えて青クマとなります。

 

青クマを取る方法

血行不良が大きな要因なので、「血行改善」キーポイントとなります。

具体的には、以下のような対策を講じてみましょう!

 

ホットタオルで血行改善

温かいタオルを目元に乗せて温める方法が一般的ですが、さらに効果を高めたいのであれば「温冷方法」がお勧めです。

方法は簡単!

蒸したタオルを3~5分目の上に乗せる冷たいタオルに変えて1分乗せる

これをを4回繰りかえす

血管の収縮を促し、効果的な血行促進が見込めます。

 

目元のマッサージで張りつめた筋肉を和らげる

パソコンやスマホを長時間使用することで、目元の筋肉が硬化→血流が滞ってしまいます。

夜寝る前の3分でも良いので、目元マッサージを習慣にしてみましょう。

強くこすると、シワ、たるみの原因となるので、

かならずアイクリームなどをタップリ使用しつつ行って下さいね。

お勧めの方法はこちら!

薬指を使って、目頭の下のくぼみ部分を起点に、目尻まで優しく目のくぼみにそってなぞります。眉頭の下のくぼみ部分~眉頭の上~眉骨にそって眉尻まで指でなぞります。

こめかみまで来たら、顔のラインにそって老廃物を流すようなイメージで首元~鎖骨まで流します。

この他にも、目元マッサージ法は幾らでもあるので、組み合わせて、自分のお気に入り方法を見つけてみて下さいね。

生活習慣を見直してみる

ストレス
睡眠不足
喫煙
栄養バランスの偏り

なども血行不良の原因となります。

生活習慣に乱れていた部分はないかチェックしてみましょう。

 

 

【茶クマ】はメラニンが原因

DSC00663

茶クマの原因は「刺激」にあり?!

紫外線、メイク落としの際にこする癖、メイクに含まれる成分などの刺激に要注意です。

お肌が刺激から身を守ろうと、メラニン生成が活発になり、色素沈着を起こし、結果、茶クマとなります。

茶クマは色素が肌に染みついたものです。

そのため引っ張っても、上を向いて角度を変えてみてもクマが確認できます。

 

茶クマを取る方法

原因は刺激による色素沈着ですから、目元への刺激を避けることが最も大切です。

すでに茶クマが目立つ場合の方法も併せてご紹介しますね。

 

目元をこすらない

目をこする癖のある方は要注意です。

メイク落としの際には、目元専用のリムーバーを使用し、こすらないようにして落として行きましょう。

 

メイクの取り残し注意

メイクが残ってしまうとメイクが酸化して、色素沈着の原因となります。

 

紫外線を避ける

紫外線により、お肌を刺激から守ろうとメラニン生成が活発になってしまいます。

UVカットのサングラスや、日傘、帽子を利用し、目元の紫外線対策をしていきましょう。

 

お肌のターンオーバを促す

お肌のターンオーバー=生まれ変わりによって、メラニン色素が排出されて行きます。

ターンオーバーの正常化を目指していきましょう。

以下の様な方法でターンオーバーの正常化を図ります。

乾燥肌はお肌のバリア機能を下げてしまいます。刺激から目元を守るために、セラミドなどの保湿成分で目元保湿をしっかりと行いましょう。

お肌細胞に働きかけ、肌代謝促進効果が見込めるビタミンC誘導体や、レチノールが配合された基礎化粧品、アイクリームを使用してみましょう。

目元に刺激を与えないことを前提に、ターンオーバーを促す目元ケアが大切です。

 

 

【黒クマ】は顔のたるみ・くぼみが原因

Processed with VSCO with f2 preset

老化のサイン黒クマ

皮膚のたるみが原因となっているため、上を向いたり、皮膚を伸ばすと目立たなくなるケースが多いです。

くぼみが原因なので通常のコンシーラーで隠しきれないのも、見分け方のポイントとなります。

 

黒くまを取る方法

お肌のハリを取り戻す

お肌年齢は、20代から下り坂になると言われています。

コラーゲン
エラスチン
ヒアルロン酸

などのお肌弾力に欠かせない成分を作り出す「綿維芽細胞」の活動が年齢とともにダウンしていくんです。

セラミドなど、他のうるおい成分の生成も滞ってくるので、保湿を心掛けると共に、

綿維芽細胞を活性化するような基礎化粧品選び(アイクリーム選び)が大切になってきます。

そうした要素を網羅するアイケア用品としてこちらもアイキララという目元のクマ専用美容液がオススメです。

 

むくみの改善を目指す

お顔がむくめば、目元もむくんでしまいます。

目元がむくめば、たるみが一層助長されることに。

塩分を取り過ぎない、小顔マッサージでむくみを取る、カリウムなどの利尿作用のある食品を摂取するなどの工夫で、体のむくみを取り除いていきましょう。

 

表情筋を鍛える

目周りの筋肉が衰えることで、脂肪が支えきれなくなり、下がってきてしまいます。

こうして下がってきた脂肪が目元に影を落とすという訳です。

目周りの筋肉を鍛え直し、リフトアップを図りましょう!以下のような方法があります。

人差し指を眉毛の上に乗せます。眉毛を自力でグッと上に上げます。

この時に、眉毛の位置が動かない様に、人差し指でグッと抑え付けましょう。

上まぶた、下まぶたにしっかり力を入れます。

この状態を10秒キープします。

 

 

直ぐに何とかしたいならメイクがお勧め!

b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s
コンシーラーで隠すことは難しいのですが、カモフラージュする方法ならば可能です。

お勧めは、光学的に計算しつくされ、光を上手く反射してくれるコンシーラー。

パール感のある明るい色合いのコンシーラーが良いでしょう。

ハイライト効果が高い

ポーラ ミュゼル アイゾーンコンシーラー
イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ

などがお勧めです。

 

 

まとめ

クマの種類別に、消す方法(改善方法)が変わって来ます。

アイケアをしていてもなかなか効果が出なかったのは、もしかすると、対処法が間違っていたからかも知れません。

自分のクマのタイプを特定し、効率的なアプローチをしてきましょう。

クマを解消し、「疲れてる?」なんて言わせない、若々しい目元を目指したいですね。

クマで悩んでいる方にはメディプラスゲルがおすすめ!

ビタミンC誘導体やセラミドなどの保湿成分がたっぷり入っているオールインワンゲルなので、コレ一本でスキンケアできますよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る