メディプラスゲル保湿

目の下のクマの対策は?目の下のクマをなくす方法教えます!

女性のメイクの悩みで多いのが、“目の下のクマ”ではないでしょうか?
目の下にクマがあると、

不健康そうに見える
暗くて何かに悩んでいるように見える

などという印象を周りに与えてしまうことも多く、嫌なものです。

でも、目の下のクマは対策すればなくすことができるのです。

その方法をお教えしましょう。

 

目の下のクマには3種類ある!あなたのクマはどのタイプ?

目の下のクマには3種類あるのをご存知でしょうか?

あなたのクマの種類はどれなのか、確認してみましょう。

1202-6

目じりを引っ張ったり、ファンデーションを塗ったりしてみて、あなたのクマの種類がどれかわかったでしょうか?
わかったら、それぞれのクマの種類に合った、対策を立ててみましょう!

 

 

青クマをなくす方法

img_5313

目の下の青クマの原因は血行不良です。

ですから、目の周りを中心に、全身の血行を良くするのが効果的な対策です。

 

蒸しタオルやホットアイマスクで目の周りの血行促進

お風呂上がりのリラックスタイムに、

蒸しタオル
市販のホットアイマスク

を目にそっと当ててリラックスしてみましょう。

これは目の周りを温めることで、血行を良くさせる効果があります。

 

オイル・クリームで目の周りの血行促進

マッサージも、血行を良くするのに役立ちます。

ただ、何も塗らないで強くマッサージをすると、目の周りの皮膚にダメージを与えてしまい、皮膚がこすれて茶クマの原因にもなります。

ですから、オイルやクリームを塗って、優しくマッサージしましょう。

 

コラーゲン配合のコスメを使用

目の周りの保湿も、青クマ解消に効果的です。

コラーゲンやビタミンC誘導体は特に保湿効果が高いので、それらが配合されたコスメを選ぶとなお良いですね。

 

睡眠不足を改善

睡眠不足が青クマの原因になっていることもあります。

しかも、ただたくさん寝れば良いというわけではなく、良質な睡眠をとることも大事です。

体を温めてリラックスした状態でベッドに入る
寝る前にゲームやパソコンなどで脳を刺激しない
寝る直前に食事や飲酒はしない

などということに、気をつけてみてください。

 

 

黒クマをなくす方法

img_0865

目の下の黒クマの原因は、肌のたるみや皮膚のへこみなどによって起こります。

むくみや加齢が原因で皮膚がたるみやすくなります。

 

コラーゲンやセラミドを補給する

黒クマの場合、肌にコラーゲンやセラミドを補給して肌にハリを取り戻し、たるみを改善していくケアがメインになります。

そのためには、毎日の保湿が重要です。

コラーゲン
セラミド
アルギネート
レチノール
ビタミンC誘導体

などが配合されているコスメがおすすめです。

これらの成分は皮膚の奥にある真皮部分にまで深く浸透し、コラーゲンを増やす効果があります。

 

むくみ対策を万全に

むくみやすい体質の人は、むくみ対策を万全にしましょう。

むくみを予防するためには、

普段の食事の中で塩分を抑えたり
顔のマッサージで顔全体のリンパの流れを良くする

という方法が効果的です。

リンパマッサージのコツは簡単です。

あごからこめかみへと上へ持っていくように優しくさする
そこから首に向けて下へ流すようにする

と効果が高まります。

お風呂上りのリラックスタイムなどに、肌にオイルやクリームを塗って優しくマッサージしてみてください。

 

 

茶クマをなくす方法

7f64a74ed8c459f1108c12ada55dc2b0_s

目の下の茶クマの原因は、メラニン色素の沈着です。

紫外線やメイクの残り、目の周りのこすり過ぎなどでシミができてしまったのが原因と考えられます。

原因がシミなのでなかなか消すのが難しい茶クマですが、毎日ケアすることでキレイにすることができます。

 

紫外線対策

まずは、紫外線対策を万全にしましょう。

紫外線を浴びるとメラニンが増えて肌の色素沈着が進みます。

紫外線が強い春夏はもちろん、秋や冬でも紫外線は存在しますから、一年中紫外線ケアをする必要があります。

UVケアはもちろん、帽子をかぶったりサングラスをしたりして、紫外線を防いでください。

 

美白ケアをしっかりと

茶クマの原因はシミです。

ですから茶クマをなくしたいなら美白ケアが有効です。

ビタミンC誘導体は美白作用が強い成分ですので、この成分が含まれているコスメをチョイスすると良いでしょう。

ただし、美白美容液の中には美白効果が強いものもあります。

肌に合わない美白美容液を使って肌を痛めてしまうことがないように、自分の肌質に合った美容液を選びましょう。

 

濃いアイメイクや強力なクレンジング剤の使用をやめる

肌を強くこすったりクレンジングによる刺激をうけたりすると、色素が沈着して茶クマの原因になります。

ですから、目の周りのメイクを落とす際に、強力なクレンジング剤を使うのはやめましょう。

アイメイクをあまりバッチリつけすぎると、落とすときに目の周りにダメージが大きくなりますから、大人しめのアイメイクにしておいた方がいいですね。

もちろん、目の周りを強くこするのも良くありません。

目をこする癖がある人は、気をつけてみてください。

 

ピーリングをして肌のターンオーバーを正常に戻す

色素が沈着してしまった肌がなかなか元に戻らない場合は、肌の新陳代謝、つまり、ターンオーバーがうまくいっていない可能性があります。

ピーリングをすることで、肌のターンオーバーを正常の状態に戻すのも、茶クマ対策には効果的です。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る