メディプラスゲル保湿

目の下のクマを消す!クマのタイプ別の対策法

みなさんは、目の下にできてしまったクマに対してどういった対策を行っていますか?

放っておくのは要注意です。

実は目の下のクマをほおっておくと悪化してしまうからです。

目の下のクマは種類に合った対策が重要ですので、ここではタイプ別の対策法をお教えします!

 

目立つクマにはタイプ別のケアが重要!

49f5b04a49616dded6494498f5159b22_s

疲れがたまっている時
睡眠不足の時
ストレスが多い時

など、目の下にクマができてしまいますよね?

そのクマ対策はどうしていますか?

何もしないで消えるまでほおっておくという方も多いでしょう。

少しでも早く解消したいこのクマですが、意外とケア方法って知られていませんよね。

さて、みなさんはクマにも種類があることをご存じですか?

ここでは、各タイプ別にクマ対策法をご紹介します!

 

青クマの原因は血行不良

まず、青クマの主な原因として挙げられるのが血行不良です。

血流が悪くなると、目の下にある血液の黒ずみが透けてみえてしまいます。

目の周りの皮膚は非常に薄く、毛細血管が透けやすいからですね。

血行不良の原因となるのが、

体の冷え
疲労
睡眠不足
ストレス

などで、パソコンやスマホを使い過ぎて目が疲れた時にも青クマができやすいと言われています。

さらに、冷え性の方も青クマができやすいと言えます。

夏でもクーラーに当たりすぎていると、青クマができてしまうことも。

肩こりになりやすい方も青クマができやすいので要注意です。

 

茶クマの原因は色素沈着

ちょっと黄色みかかった茶色っぽいクマができたりしませんか。

その茶クマは皮膚が弱い方に見受けられるクマです。

特に更年期の女性に多くできるようですが、最近では若い女性にも見られることが増えています。

この茶クマには大きく分けると二つあり、一つは色素沈着です。

表皮にできたシミのようなもの・・と言うと分かりやすいですね。

この茶クマの場合には対処法を実践すれば改善していくことが可能と言われています。

もう一つは、表面ではなく、奥深くにできた茶クマです。

これは改善するのが不可能とされています。

 

黒クマの原因は皮膚のたるみ?

次に、黒クマにも二つの種類があると言われています。

一つ目は加齢によって脂肪が縮み、皮膚のたるみが起こってしまうものによるもの。

もう一つは、目の下の筋肉が緩み、へこみができてしまったものです。

どちらもクマとは言いにくいものですが、目の下に症状が現れるので、クマのような印象を与えがち。

黒クマに関して言えばシミではないため、コンシーラーで隠すのが非常に難しいです。

根本的な原因となっている皮膚のたるみを解消することを常に意識しておく必要がありそうですね。

 

 

タイプ別のクマの対策とは?

bcea472a763c664ebc68402d94e09348_s

3つのクマのの原因を紹介してきましたが、それぞれにあった対策法があるので紹介していきます。

青クマ対策は体を冷やさないこと!

青クマの主な原因は血行不良のため、体を温めることが効果的でしょう。

冬には防寒対策がばっちりな方でも、夏場に冷房対策は行っているでしょうか。

カーディガンやひざ掛けなどを携帯しておきましょう。

また、体を冷やさないためには冷たい飲み物や食べ物を避けることが重要です。

常温のお水やお茶を飲むようにしましょう。

 

茶クマ対策にはビタミンC誘導体!!

茶クマ対策の有効な方法としては、美白化粧品を使うことをおすすめします。

注目してもらいたい成分はビタミンC誘導体というもの。

美白効果のあるスキンケアコスメを選ぶようにし、目元もしっかり保湿しましょう。

さらに、

エラグ酸
カモミラET
トラネキサム酸
アルブチン

などといった美白・保湿成分が含まれているものを選びしょう。

ビタミンC誘導体が入った化粧品でおすすめなのがメディプラスゲル!

ほかにもセラミドなどの有効成分がたっぷり入っているオールインワンゲルなので、コレ一本でスキンケアできますよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

 

黒クマ対策には食生活が肝心!!

実は、塩分を摂りすぎてしまうとむくみが起こりやすくなります。

このむくみが引き金となり、黒クマを引き起こすことがありますので、塩分を摂りすぎない食生活を行いましょう。

なお、塩分を多く摂りがちな方は、使う調味料を見直しましょう。

ゆず
コショウ
しそ
みょうが
レモン

などといったものを利用しましょう。

なお、この黒クマに関して言うとコンシーラーで隠すのが難しいため、パール感のあるコンシーラーを使うのがおすすめ。

ハリ感を演出することにより、うまくごまかすことができるかもしれませんよ!

 

 

まとめ

fderd

いかがだったでしょうか。

クマと一言で言っても様々な種類があります。

また原因もそれぞれ違っているということがお分かりになっていただけましたか?

正しい対策法を学んでいただき、それを毎日続けるようにしましょう。

日々のちょっとしたケアや生活習慣の見直しによって目元のクマを改善させることができます。

メディプラスゲルなどを使って対策を万全に行っていただき、透明感のある明るい目元をゲットしちゃいましょう!

⇒メディプラスゲル公式サイト
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る