メディプラスゲル保湿

コラーゲンでほうれい線対策!コラーゲンの役割と取り入れ方

メディプラスゲルほうれい線

加齢と共に、ほうれい線で悩む人は増える傾向にあります。

肌のたるみ
むくみ
加齢や紫外線によるコラーゲンの減少

などが原因です。

コラーゲンをとることで肌にハリや弾力を与えてたるみを防ぐことができます。

コラーゲンのはたらきや効果的な摂取方法についてまとめました。

 

ほうれい線に有効な美容成分とは?

50cff70d8c2d2729afbafaf7fa7f948f_l

ほうれい線ができる原因として、次のようなものが挙げられます。

加齢
紫外線によるダメージ
肌の乾燥
肌のたるみ・むくみ

ほうれい線は肌の乾燥やむくみ、加齢によるコラーゲンの減少や筋肉の衰えなどによってできたり、深くなったりします。

ほうれい線を解消するには、これらの原因へアプローチするための美容成分を取り入れる必要があるのです。

 

コラーゲン

肌表面の表皮を支えているのが真皮で、真皮の7割はコラーゲンで構成されています。

さらにコラーゲンと絡み合っているエラスチンと隙間を埋めるヒアルロン酸がクッションの役割を果たし、肌の上で水分を保っています。

そのため、弾力やハリのある肌のためには欠かせない成分です。

加齢
ストレス
紫外線

などの影響で減少します。

 

エラスチン

保湿力が高く、ゴムのような伸縮性を持ちコラーゲンと絡み合って繊維を束ねています。

エラスチンが不足するとコラーゲンを支えられなくなり、肌の弾力やハリが不足してしまいます。

コラーゲン同様加齢と共に減少するため、外部から補う必要があります。

 

セラミド

セラミドは角質層にある細胞間脂質のひとつで、水分を挟み込んで保持する役割を果たします。

セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下して乾燥を招きます。

 

 

コラーゲンの役割とは?

IMG_0493

私たちの体を構成するたんぱく質のうち、4割はコラーゲンでできており、


髪の毛

など体の組織を構成しています。

コラーゲンは美容成分として有名で、肌のハリや弾力に関わる重要な役割を果たします。

真皮に多く含まれるコラーゲンは、肌を支える大黒柱のようなもの。

しかし、

加齢
ストレス

などの影響でコラーゲンが減少すると、肌が落ち窪んでシワやたるみができやすくなり、ほうれい線の原因にもなってしまいます。

コラーゲンは毎日体内で生成されていますが、コラーゲンの新陳代謝が悪くなって古いコラーゲンが出ていかないと、新しいコラーゲンも入って来られなくなります。

そのため、肌のクッション性や弾力がだんだん失われていくのです。

 

 

コラーゲンの取り入れ方

img_0010

では、実際にコラーゲンはどのようにして取り入れほうれい線を対策したら良いのでしょうか?

食事
サプリメント
注射

までさまざまな方法をご紹介します。

 

食事

コラーゲンを含むものには、

フカヒレ
牛すじ
手羽先

などがありますが、コラーゲンそのものを食べても体内に取り入れることはできません。

コラーゲンは毎日体の中で作られているため、その生成を助ける成分を摂取する必要があります。

コラーゲンの元となるたんぱく質をとるには、鮭がおすすめです。

たんぱく質が豊富で、鮭に含まれるアスタキサンチンという抗酸化物質が細胞のダメージから守ってくれます。

また、コラーゲンが作られるときに欠かせないビタミンCを多く含む生の野菜やフルーツを積極的に摂りましょう。

いちご
キウイ
キャベツ
赤ピーマン

などがおすすめです。

コラーゲンは主に夜作られるため、夕食で積極的に摂るように意識してみてください。

 

サプリメント・ドリンク

コラーゲンのサプリメントやドリンクは数多く市販されているものの、コラーゲンは分子量が大きく吸収率が悪く、量よりも質が重要です。

コラーゲンサプリを選ぶときは純度が高くて吸収率がよく、生産履歴表示がしっかりされているものを選ぶようにしましょう。

コラーゲンは1日程度しか効果が持続しないため、ほうれい線対策には毎日一定量を取り続ける必要があります。

 

スキンケア

ほうれい線の解消には保湿力が重要です。

コラーゲンが配合された化粧品も数多く出ています。

コラーゲンはそのままでは分子量が大きく肌に浸透しにくいため、角質層の奥までコラーゲンが届くよう設計された機能型コスメを選びましょう。

具体的にはコラーゲンがナノ化されたものなどがあります。

パックやスチームで角質を柔らかくしてから使うとさらに効果的です。

また、

コラーゲンをサポートするエラスチン
肌の保水力を高めるセラミド
コラーゲンの生成に欠かせないビタミンC誘導体

などの成分を一緒にとるのもポイント。

コラーゲンを単体でとるよりも、肌の内部でコラーゲンを作り出しやすくなり、総合的に保湿力を高めることにつながります。

 

注射

美容クリニックでコラーゲン注入を受けることで、肌にハリを与える方法もあります。

10分程度で済み腫れもほとんどないものの、副作用のリスクがゼロとは言えません。

ほうれい線のシワなど肌の凹んだ部分を一時的に盛り上げるものであり、いずれは体内に吸収されてしまいます。

持続効果は数ヶ月~半年程度です。

 

 

ほうれい線対策にはコラーゲンを上手に取り入れよう

fderd

コラーゲンが不足して肌がたるむことでほうれい線の原因となります。

肌のハリや弾力を保つためにコラーゲンは欠かせないもの。

サプリメントやスキンケアで上手に取り入れていきましょう。

メディプラスゲルほうれい線

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る