メディプラスゲル保湿

毛穴の黒ずみを取る洗顔方法を伝授します!!

メディプラスゲル毛穴

鼻の頭や頬にブツブツができると毎朝憂鬱な気分…

そんなアナタに、

黒ずみの正体とその解消方法を伝授しましょう!

 

毛穴の黒ずみの正体とは?


毛穴の黒ずみの正体は、ホコリやメイクの残りなどの汚れと皮脂が混ざったもの。

皮脂が酸化することで黒くなってしまうのです。
つまり黒ずみの正体は油汚れ。この毛穴の詰まりを「角栓」と呼ぶのです。

でも、同じようにメイク残しや皮脂が肌に溜まっているのに、
毛穴に詰まる人と詰まらない人がいます。

毛穴に次のような問題がある人は、それぞれのタイプの毛穴の黒ずみを発症します。

 

毛穴が開いているタイプ

毛穴が開いて汚れや皮脂が溜まりやすくなる。

 

皮脂過剰タイプ

皮脂が過剰に分泌して毛穴に皮脂が溜まりやすい

 

毛穴のたるみタイプ

肌がたるむことで毛穴が引き伸ばされ、毛穴が目立つ状態になる。

さらに毛穴の黒ずみに悩んでいる多くの人が、
肌のターンオーバーが乱れて古い角質が溜まっている状態です。

そのために毛穴に古い角質が詰まりやすくなるのです。
これらが毛穴の正体のすべてです。

 

洗顔以外で毛穴の黒ずみを取るのはOK? NG?


毛穴の黒ずみをスッキリ解消するグッズとして、
毛穴パックやオロナイン、オリーブオイルなどがありますが、これらの方法は果たして?

 

毛穴パックはNG!

毛穴パックを鼻の頭などにパックを乗せると、
パックの接着剤で角栓が面白いように抜けるグッズ。

直接的に角栓が取れるのでても効果的な気がしますが、
「角栓を取った後に毛穴が開きっぱなしになる」
「接着剤が肌を痛めてしまう」
という問題のためにあまりオススメできません。

多くの場合、毛穴パックで角栓が取れたことで満足してしまい、
毛穴が開きっぱなしの状態で放置されてしまっているようです。

そうなると毛穴はますます広がってすぐにまた角栓ができてしまうでしょう。
開いてしまった毛穴を元に戻すのはとても難しいのです。。

さらに接着剤で無理に角栓を引きはがすことで、肌へのダメージも心配です。

 

オロナインやオリーブオイルなどはOK!

オロナインやオリーブオイルで黒ずみが気になる部分をマッサージすると、
驚くほど簡単に角栓が取れます。

これは油同士をなじませて自然に角栓を取る方法で、
オイルが肌の潤いを守ってくれるので肌へのダメージはほとんどありません。

ただしオイルを使った後はしっかりオイルを落とさないと、
油分が酸化して肌にダメージを与えるのできっちり洗顔をするのがポイントです。

 

毛穴の黒ずみを取る洗顔方法大公開!


結局、毛穴の黒ずみを取るためには正しい洗顔が一番!

洗顔を正しくすれば次第に皮脂汚れや角質は取れていきます。

さらに肌のターンオーバーが正常な状態に戻って、
古い角質が毛穴に詰まることもなくなります。

正しい洗顔とは言い換えれば「自分の肌に合った洗顔」です。

オイリー肌の人は二度洗いも必要ですし、
乾燥肌の人は洗浄力の弱い弱酸性の洗顔料で短い時間でさっと洗わなければなりません。

 

では、正しい洗顔方法とは?

基本的な正しい洗顔のポイントご紹介。
肌質に合わせてやり方を自分なりにアレンジしてみましょう。

1・洗顔前に蒸しタオルをあてて毛穴を開いておく
2・肌に合った洗顔料を選ぶ
3・洗顔料をよく泡立てて、泡で優しくマッサージするように洗顔
4・洗顔時間は1分以内
5・洗顔料をしっかりゆすいで落とし、タオルを顔に押し当てて水分を吸い取る
6・洗顔後すぐに保湿
7・洗顔料を使うのは夜のみ、朝は水かお湯のみの洗顔でOK

これを毎日しっかり続ければ肌のターンオーバーは正常に戻り、
毛穴の黒ずみもいつしか解消されることでしょう。

 

洗顔時のNGポイント!

逆に洗顔をするときに決してやってはいけないこともあります。

1・清涼剤やスクラブ、香料など肌に刺激を与える無駄な成分が入っている洗顔料を使う
2・洗浄力が強すぎる、または弱すぎるなど、肌に合っていない洗顔料を使う
3・洗顔やタオルで拭く時にごしごしこする
4・洗顔に時間をかけすぎる
5・洗顔後に保湿せず放置
6・朝も夜も洗顔料でしっかり洗う

これらをすると、肌から皮脂が失わて肌にダメージとなり、
肌のターンオーバーが乱れて毛穴の詰まりがひどくなってしまいます。

毛穴の詰まりを解消したいなら、
日ごろから正しい洗顔を続けることがオススメです!

メディプラスゲル毛穴

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る