メディプラスゲル保湿

毛穴の黒ずみを溶かす!落とし方ではピーリングとスクラブどっちがいいの?

ピーリングやスクラブが毛穴の黒ずみに効果的と良く聞きますが、一体どんなメカニズムで良いとされているのでしょうか?

今回は、ピーリングとスクラブの違い、効果や、毛穴黒ずみを効果的に落とす使用方法を見ていきましょう。

 

意外と知られていない?!ピーリング・スクラブの違い

IMG_0493

どちらにも共通することは、古い角質を除去し、効果的に皮膚ケアをしてくれるという点。

ただし、そのアプローチ方法に違いがあるんです。

詳しく見ていきましょう。

 

ピーリング

ピーリング=皮をむくという意味で、酸によって、余分な角質を溶かして、新しい皮膚の再生を促すという治療方法です。

りんご
パイナップル
オレンジ

などから抽出したフルーツ酸、またはサリチル酸と言った化学物質を使用したものがあります。

後者の酸は、非常に強力なため、市販で購入できる製品に含まれる可能性は低くなります。

前者の天然由来の酸は「AHA」と呼ばれ、緩やかに効果を発揮することから、薬局などで販売される多くのピーリング商品に使用されているんです。

 

スクラブ

スクラブ=こするという意味で、細かい均一な粒子からなり、洗顔などの際に摩擦を加えて、物理的に汚れや角質を落として行く方法です。

スクラブの素材としては、

ナッツ
こんにゃく
種子や樹脂
マイクロビーズ
軽石
シリカ

などが使用されています。

 

 

毛穴の黒ずみにお勧めなのはどっち?

img_3956

どちらが良いかは、肌質と相談して決めることとなります。

お肌に何の問題もないようでしたら、ピーリングをお勧めしたいと思います。

というのも、スクラブはお肌を摩擦して角質を落として行きます。

力加減によってはお肌を傷つけてしまう可能性があるからです。

その点ピーリングではほとんど摩擦を必要としません。

お肌が傷つけば、傷ついた箇所から水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌の原因ともなります。

お肌が乾燥によってこわばれば、毛穴に汚れが溜まりやすくなり、本末転倒なんてことも。

過度なピーリングを行えば、同じような状況となるので、「ピーリング」だからと安心しすぎるのも危険かも知れません。

どちらにしても用途を守り、正しく使用することが大切です。

ピーリングもスクラブも、不要な角質を落としてお肌のターンオーバーを促す目的で使用されます。

角質を落とす際に、皮脂まで落ちてしまうので、

乾燥肌
敏感肌

の方にはもともとお肌が弱く、皮脂が十分でないため向きません。

オイリー肌
混合肌

の方にお勧めです。

 

 

毛穴黒ずみに効果的な、ピーリング・スクラブの選び方

img_0277

ピーリングもスクラブも、商品があり過ぎて、どれを選択すれば良いのか、迷いますよね。

商品選びの際に注目したい・外せないポイントを見ていきましょう。

 

ピーリングの選び方

標準値4~5酸性度のものをチョイス

1~10までの酸性度が表示されています。

一般的な数値4~5のものが、効果を実感しやすいようです。

 

美容成分・保湿成分をふくむものをチョイス

ピーリングによってお肌は乾燥しやすくなります。

ピーリングしつつ、保湿・美容効果を高めてくれる品をチョイスしましょう。

 

AHA・フルーツ酸・乳酸・グリコースのいずれかが表示されているか

お肌への刺激を考えるならば、作用の強すぎるサリチル酸などの化学物質は避けたいところです。

天然由来成分の酸なのか、しっかり確認しましょう。

 

お肌のタイプに合わせて選ぶ

お肌が敏感傾向にある方は、摩擦の必要がない、洗い流しタイプがお勧めです。

角質が頑固で何をしても良くならない方は、しっかりと毛穴に密着するジェルタイプを一押ししたいと思います。

→評価が高いお勧め商品をピックアップ!

オルビスオイルカット アクアピーリングジェル
ナチュレーヌ プレミアム薬用ピーリングジェル
サンソリット / スキンピールバーなど
きらりのつくりかた

 

スクラブの選び方

必ず「お顔用」をチョイスする

ボディー用
顔用

の2種類があります。

ボディー用の方が粒が粗いので、顔に使用すると過度にお肌を傷める可能性が高いです。

必ずお顔用をチョイスしましょう。

 

柔らかいスクラブを選択する

初心者の方であれば、

こんにゃく
米ぬか

と言ったスクラブがお勧めです。

柔らかく、お肌を傷つける可能性が下がります。

ただしその分、洗浄力に欠けてしまうのでまずは柔らかく粒の小さなもの~徐々に大きさや硬度を上げていくと良いでしょう。

 

肌質に合わせた選び方

油肌
オイリー寄りの混合肌

の方の場合、洗顔剤にスクラブの入っているもの、オイルクレンジングにスクラブの入っているものをチョイスすれば、皮脂&毛穴詰まりの両方にアプローチ可能です。

お肌が乾燥気味の方の場合、クリームタイプ、又は保湿成分が充実しているスクラブを選択してみましょう。

評価が高いお勧めの商品をピックアップ!

SABON(サボン) / フェイスポリッシャー
SKINFOOD(スキンフード) / ブラックシュガー マスクウォッシュオフ
DHCフェーシャルスクラブ
無印マイルドスクラブ洗顔フォーム

 

毛穴の黒ずみを落とす!守りたい使用方法

cbb46bdff92d2790834843581a1f9e1b_s

使用方法を間違えてしまうと、他のお肌トラブルを招く可能性や、毛穴黒ずみの連鎖を断ち切れない可能性があります。

使用の際に注意したいポイントを見ていきましょう。

 

「こすらない」が鉄則

スクラブやピーリングの中には洗い流すタイプと、マッサージを加えるタイプがあります。

マッサージタイプのものでは、決してこすり過ぎず、手のひらの皮膚がお肌に触れない位の感覚で、優しく転がすようにしてマッサージ&洗顔をして行きましょう。

 

時間帯は夜!

ピーリング・スクラブを行う時間帯は、お肌の休息を叶えやすい「夜」がお勧めです。

 

頻度は週に1回~2回が目安

1度行うと、お肌がツルツルになり、病みつきになってしまいますよね。

少し注意しましょう。

行いすぎると、お肌のターンオーバーが早まり過ぎて、未熟な角質に。

結果、お肌の状態を悪化させてしまうんです。

AHA石鹸など、製品によっては毎日使用しても良いと記載されている物もありますが、初心者の方の場合、目安は週に1度。

多くても週に2回位からスタートすると安全です。

無理をせずにお肌と相談しつつ、頻度を決めていきましょう。

 

万全な保湿対策を!

ピーリング・スクラブ後の保湿がしっかり出来ていないと、ダメージだけ残り、

乾燥

毛穴が詰まり易くなる

黒ずみ毛穴の悪循環

を辿ることとなります。

せっかく黒ずみを取ったのにこれでは台無しですよね。

パック等で通常以上に保湿対策をしていきましょう。

 

 

まとめ

fderd

ピーリング
スクラブ

ともに、自力では落とせなくなった角質を落としてくれる助っ人アイテムです。

黒ずみを除去すると共に、お肌の代謝を助けて、毛穴黒ずみのできにくい肌質へと導く効果が期待できるんです。

ただし、使用方法を間違えると、お肌を傷つけ、その場では黒ずみが改善されても、毛穴黒ずみの連鎖を断ち切れなくなってしまいます。

製品ごとに使用方法・使用頻度が異なりますので、使用前に必ずチェックしてみて下さい。

ピーリング、スクラブを味方に付けて、ブツブツ毛穴におさらばしましょう!

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る