メディプラスゲル保湿

毛穴の黒ずみの原因、角栓は無理に押し出しちゃダメ!

メディプラスゲル毛穴

なかなか治らない毛穴の黒ずみ…

その原因といわれる角栓を無理に押し出すのはNG!

その理由と毛穴の黒ずみについて、考えていきましょう

 

毛穴の黒ずみの原因とは?


毛穴の黒ずみの原因は角栓だと思い込みがちですが、
いろいろなタイプもあるのです。

毛穴の黒ずみのタイプとその見分け方は?

 

タイプ1・汚れが詰まっている

ホコリや皮脂、古い角質、メイク残りなどの汚れが毛穴に詰まって黒ずむ。

汚れが盛り上がって毛穴の黒ずみがぼこぼこなのが特徴。

 

タイプ2・毛穴が広がっている

毛穴に何か詰まっているわけではなく、
毛穴が広がりっぱなしになってしまっているタイプ。

肌が乾燥しすぎて皮脂が不足したために、
肌が皮脂を過剰に分泌しすぎてしまうのです。

その特徴は、
毛穴の黒ずみは凹凸になっていないのに毛穴に色がついていること。

 

タイプ3・皮脂の過剰分泌

もともと脂性の肌の人に多く見られるタイプで、
皮脂が過剰に分泌されているために毛穴に脂分が詰まって黒ずみに見えます。

肌が常にテカテカして毛穴が凹凸になっていないのが特徴。

 

タイプ4・メラニンタイプ

紫外線により色素が沈着しているタイプ。

毛穴が黒ずんで見えるのはメラニンのせいです。
普段から太陽光線に肌をさらしていて、毛穴が凹凸していないのが特徴。

 

 

角栓を押し出してはいけないその理由は?


角栓を押し出すのがNGなのには、きちんとした理由があるのです。

 

毛穴が開いたままになる…

よく言われるのが、毛穴が開きっぱなしになること。

角栓を押し出すと確かに角栓が取れて毛穴はきれいになるかもしれません。

問題は角栓を取った後です。
角栓を無理やり押し出すということは、
もともと開いていた毛穴が開きっぱなしになったままということ。

そのまま放置すると、前述した「毛穴が広がっているタイプ」の毛穴の黒ずみに
移行するだけで結局毛穴の黒ずみは残ったままです。

さらに開いた毛穴にまた皮脂や汚れが溜まってしまうことも…。

指で角栓を押し出したり、毛穴パックなどを使った後は、
正しい肌ケアが絶対に必要です。

冷蔵庫で冷やした化粧水や収斂化粧水などで毛穴を引き締めた後、
美容液やクリームなどで保湿をしましょう。

 

爪や毛穴パックなどが肌を痛める…

指を使って角栓を押し出す時にやってしまいがちなのが、
爪で肌を痛めてしまうこと。

爪を立てないように気をつけても、どうしても爪の跡が赤く残ってしまいます。

毛穴の黒ずみの原因が角栓ならこの方法も有効ですが、
違う場合にはなかなか取れないと何度も爪で肌を傷つけてしまうでしょう。

また、毛穴パックも危険です。

毛穴パックは鼻の頭などにつけてしばらく放置後にはがすと、
接着剤で角栓が引き抜かれるというもの。

この接着剤が問題なのです。
テープで無理やり角栓を引きはがしているので、どうしても肌にダメージが!

角栓だけでなく肌の一部も引きはがされてしまうかもしれません。

 

 

どうすれば毛穴の黒ずみは取れるのか?


肌を痛めないで黒ずみを取るには、正しい方法が必要となります。

正しい洗顔で!

直接角栓を取るより時間も手間もかかりますが、
やはり、洗顔で根気強く取っていくのがいいでしょう。
注意したいのは、
毎日の洗顔でごしごし肌をこすったり必要以上に皮脂を取りすぎないこと。
かえって肌にダメージを与えて、角栓が悪化してしまうかもしれません。

 

オイルマッサージで!

肌へのダメージなしで角栓を取るのにおすすめなのがオイルマッサージです。
精製度の高いオイルやエクストラバージンオリーブオイル、
ベビーオイルなどで優しく角栓をマッサージすると、
驚くほど簡単に角栓が取れます。

 

食生活の改善で!

忘れてはいけないのが食生活の改善です。
毛穴に角栓が詰まるのは、
日ごろから脂分の多い食事ばかりで皮脂が過剰に分泌しているのかも?
普段から野菜中心で脂分を控えた食事を心がけるだけで、
肌の調子もだいぶ変わってきます。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る