メディプラスゲル保湿

体のスキンケア | 全身がかゆい!体が乾燥する時の原因や対策方法は?

お顔の場合は

化粧水
美容液

時にはうるおい成分を配合したパックなどで保湿をする方法が一般的ですが・・・

体の場合は一体どのようにケアして行けばよいのでしょうか。

体の乾燥も顔の乾燥と同じ原理で生じますが、引き金となる要因には少し違いがあるようです。

体全身が乾燥する原因と、具体的な対策を見ていきましょう。

体が乾燥する環境

19e3b45fdd5efd3bdadc5760ef45f10a_s

秋から冬にかけては、外気が乾燥
夏場はエアコン
冬場は暖房

と、一年中カラカラになった空気に体はさらされがちです。

お肌の水分はどんどん奪われて行き、あっと言う間に乾燥肌に。

室内であれば加湿器を利用するなど、お部屋の湿度を保つようにしたいですね。

濡らしたタオルを掛けるだけでも随分違いますよ。

 

 

体を乾燥させない入浴ケア

62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s
体の乾燥を改善するには、入浴方法を見直すのが一番かも知れません。

というのも、乾燥を加速させるような入浴方法をしている方が多いようなのです。

早速正しい入浴方法を見ていきましょう!

浸かるお湯の温度

冬場は湯舟にゆっくりと浸かって体を芯から温めたいですよね。

体が温まれば血行促進が見込め、肌代謝にも良いです。

ただし、熱すぎる湯温には気を付けましょう。

お肌の保湿成分である天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質は、42度以上のお湯につかっていると溶け出るとされています。

湯舟の温度は高くても38度くらいを心掛けましょう。

保湿成分が含まれた入浴剤を使用してみても良いですね。

 

石鹸

香り付のボディーソープなど、魅力的ですが、ボディーソープだと洗い残しが生じやすく、さらに皮脂除去効果が強力なものも多いので、お肌トラブルの元のなり易いです。

そこでお勧めなのが「固形石鹸」。

シンプルなものが多く、より優しく汚れを落として行くことができます。

 

ゴシゴシ洗いをしている

乾燥肌は刺激に敏感です。

ナイロン製のネットなどでゴシゴシ体を洗うのは厳禁となります。

ネットなどで石鹸を泡立ててから手にとり、手で優しく洗うのが正解です。

 

タオルの使い方

ごしごしと水分をふき取るのも、皮脂をそぎ落とす原因となってしまいます。

優しくポンポンと体を拭き水分をタオルに吸収させるようにしましょう。

 

入浴後の保湿方法

入浴後、お肌が潤っているうちに保湿クリームなどで保湿していきます。

5分以内が理想です。

お顔であれば、まずは化粧水を付けますよね。

それを全身に付けようとしては経済的とは言えません。

そこで一押ししたいのが「手作り保湿液」。

「美肌水」ともいわれています。

必要なものは

尿素
グリセリン
水道水

のみ。

詳しい作り方などはネット検索で簡単にリサーチできますよ。

この美肌水でお肌をしっかり潤してから、ボディクリームなどを使用するとより効果的です。

 

 

洋服の素材が体の乾燥を?

img_8994
フリース素材などの化学繊維ものは、冬場に欠かせませんよね。

フリースを着たら肌が痒くなったなんて経験はないでしょうか。

実は化学繊維が皮脂を傷つけ、どんどんそぎ落としてしまうのです。

体の痒みや乾燥肌の悪化に繋がりかねません。

肌に直接身に触れる素材に、少し注意してみましょう。

 

 

加齢による体の乾燥

img_7555
加齢によってお肌のうるおい成分である

セラミド
天然因子成分
エラスチン
コラーゲン

の生成量が減少して行きます。

セラミドや天然因子成分はお肌の生まれ変わり=ターンオーバーの過程で生成されます。

よってターンオーバーを正常に保つ事、コラーゲンなどのうるおい成分を外・内側から潤い成分を補ってあげることが大切となります。

セラミドなどの保湿成分がたっぷりはいったメディプラスゲルは顔だけでなく体の保湿ケアにもピッタリですよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

 

ストレス・生活習慣の乱れ

img_7733
ストレスは、細胞を傷つけたり、活動を弱める働きをする活性酸素を作り出す原因となります。

さらに冷や汗で御馴染みですが、皮脂の分泌を活発にし、過剰に皮脂が分泌されることでお肌のターンオーバーを乱す事も。

体全体の乾燥をさらに助長させてしまうのです。

ストレスのない生活は難しいかも知れませんが、ストレスと上手く向き合い規則正しい生活習慣を目指したいものです。

 

 

効果的な保湿方法で、保湿効果を高めみる

img_0277


かかと

などは寝ている間にも乾燥し易い部分ですので、美肌水の後に、クリームの重ね塗りをしましょう。

手袋や靴下、またはネックカバーでさらに覆っても良いですね。

美肌水+クリームでも間に合わないようでしたら、クリームを塗ってから10分程ラップでカバーします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

体全身の乾燥を引き起こす要因は、顔のそれとは少し異なります。

お肌を傷つけずにケアすること。

そして、水分(美肌水など)+油(クリームなど)でしっかりと潤いを閉じ込める事がケアの大切なポイントです。

体が乾燥する原因を知り、正しく・効果的なアプローチをしたいものですね。

ケアをしても一向に乾燥肌が改善されない場合は、アトピー性皮膚炎に陥っているのかも知れません。

皮膚科を受診し、適切な薬や処置を施してもらいましょう。

またオススメなのが無添加のオールインワンゲルのメディプラスゲル!

顔だけでなく体の保湿ケアに使えるすぐれものですよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る