メディプラスゲル保湿

顔だけ紫外線アレルギーの原因は「紫外線吸収剤」のせい?対策方法は?

メディプラスゲル敏感肌

顔にだけ紫外線アレルギーがでる!

原因や対策はある?

太陽の光にさらされるだけで、

顔が赤くなったり
ポツポツが出来てしまったり

女性であればメイクもありますし、憂鬱ですよね。

でも、なぜ、体に出ないで「顔だけ」なんでしょうか?

こうした顔だけにでる紫外線アレルギーは、特に女性に多いのだとか。

原因をしれば、症状の改善につながるかも知れません!

その原因と対策方法を見てきましょう。

 

顔だけは「光毒性」が原因かも?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紫外線アレルギーは別名、「光接触皮膚炎」と呼ばれ、その原因には2種類あります。

「光毒性」によるもの
「光アレルギー性」によるもの

です。

以下のような違いがあるんです。

 

光毒性によるケース

日焼け止めなどに含まれる化学物質などに紫外線があたり

活性酸素が発生→皮膚を傷つけて炎症に発展します。

 

光アレルギー性によるケース

免疫反応によるもので、わずかな光でも皮膚に当たると、強い炎症となります。

光アレルギーによるものならば、腕、足にもアレルギー症状がでるハズですよね。

なぜか顔にだけ出るならば、お顔にぬっている日焼け止め、または化粧品などが原因なのかも知れません。

 

 

意外!「日焼け止め」が顔だけ紫外線アレルギーの原因?

2b34b16995450d2701171c1d80e09460_s
お顔にだけ症状が現れるならば、普段使用している「日焼け止め・化粧品」が原因となっている可能性があります。

日焼け止めには、

紫外線散乱剤
紫外線吸収剤

の2種類が配合されています。

そして、紫外線アレルギーを引き起こす原因となるのが「紫外線吸収剤」です。

2種の特徴を簡単に見ていきましょう。

 

紫外線吸収剤

紫外線を吸収して、化学反応を起こして紫外線を防ぐものです。

この時の化学反応によって細胞が損傷し、結果

お肌の赤味
腫れ
水ぶくれ

などの症状が引き起こされるとされています。

汗に強く、サラサラした塗り心地の日焼け止めが人気ですよね。

そうした日焼け止めクリームには欠かせない役割を果たすのが、この紫外線吸収剤なんです。

 

紫外線散乱剤

紫外線を反射させる成分なので、化学変化はあまり考えられません。

お肌に優しいのは断然こちらですが、

白浮きしやすい
長い時間効果が続かない

と言った欠点があります。

光毒性による紫外線アレルギーが考えられるならば、選ぶべきは、「紫外線吸収剤が使用されていないもの」ということになります。

と言われても。

どうやって選べば良いのか、ピンときませんよね。

以下に日焼け止め選びのポイントを見ていきましょう!

 

 

正しい日焼け止めの選び方のポイント

DSC00663
日本で主に使用されている紫外線吸収剤を挙げてみましょう。

これらの成分表示がされている日焼け止め又は化粧品は、避けるようにしたいところです。

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
オキシベンゾン-3
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

最近では、「紫外線吸収フリー」と記載された敏感肌用の日焼け止めも良く見かける様になりました。

もし見分けがつかないならば、薬局に駐在する薬剤師さんにみてもらうのもよいですね。

ニベアサン
プロテクトウォーターミルクマイルド
クチュールアップ サンプロテクション エッセンスクリームUV
キュレル
UVローション

など、様々な日焼け止めが登場しています。

 

 

対策方法①皮膚科の医師に相談&適切な治療薬をもらう

115e0e13642bd0f8359a1fff4a1a6868_s
市販薬で治療するには限界がありますし、症状が悪化するケースもあるのだとか。

「おかしい」と思ったら、皮膚科にGOが鉄則です。

軽い段階であれば、非ステロイド系の塗り薬、進んでいる様であれば、ステロイド系の塗り薬に飲み薬を合わせた対処法が一般的です。

抗アレルギー薬を処方される場合もあります。

アレルギーは、花粉症もそうですが、まず完治することはありません。

自分にあった薬を知り、上手に付き合って行くしか方法は無いんですね。

薬は時に毒となります。

信頼できるお医者さんのもとで、自分にあった適量・適材のお薬を処方してもらうことが症状改善への第一歩と心得ましょう!

 

 

対策方法②光毒性のある食べ物に気を付ける

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s
もしかすると、数時間前に食べたあの食べ物が悪さをしているのかも知れません?!

ある種の食品に含まれる「ソラニン」という成分には、「光毒性」があるとされています。

以下のような食品に注意してみて下さいね。

柑橘系の果物

みかん
オレンジ
グレープフルーツ
キウイ
アセロラ
レモン

野菜

キュウリ
キャベツ
セロリ

香味野菜系

パセリ
しそ
三つ葉
パクチー
コリアンダー

こうした、ソラニンを含む食品を摂取してから2時間程度で全身に渡り、よりお肌が紫外線に敏感に反応しやすくなるとされています。

「朝の果物は金賞」など言われていますが、紫外線吸収率とお肌へのダメージを高めていた可能性が!

摂取する果物の種類に少し気を付けたいですね。

 

 

対策方法③日光をできるだけ避ける

img_4018
薬や、食べ物での紫外線対策の他に、お助けグッズを投入してみましょう。

サングラス
つばの長目の帽子
日傘
夏場でなければマスク

などのグッズで、お顔を紫外線から守ることも大切です。

サングラスの中には、色だけ付いていて、UVカット機能がないものもあります。

しっかりとUVカット効果のある物をチョイスしてみて下さいね。

 

 

まとめ

顔だけに現れる紫外線アレルギーの主な要因として、日焼け止めの「紫外線吸収材」が挙げられます。

化粧品に含まれている場合もあるので、お化粧品も今一度確認してみて下さいね。

体質によって、香料などが原因で光毒性の反応を示すケースもあるようです。

まずは皮膚科を受診し、症状への適切な処置と、原因物質の特定に努めてみましょう。

その上で、食生活を見直し、お助けグッズを投入して、上手にアレルギーと付き合うことが大切です。

アレルギーの完治は難しいですが、自分にあった対処法を確立できれば、ちゃんと日常生活に支障のないレベルまで症状を落ち着ける事ができるはず。

上手にアレルギーと向き合って改善に努めてみて下さいね。

また日焼け止めを使った肌は敏感になっているので、

メディプラスゲルのような無添加のスキンケアアイテムで保湿してあげると良いかもしれません。

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル敏感肌

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る