メディプラスゲル保湿

乾燥肌と敏感肌、この2つの違いってなに?

肌トラブルが起こりやすいとされている肌質には様々あります。

なかでも、特に有名なのが「乾燥肌」「敏感肌」ですよね。

どちらも同じものと混同されがちですが、じつはこの二つは別物。

乾燥肌なのに敏感肌だと思い込んでいたり、敏感肌なのに乾燥肌だと勘違いしたりして、間違ったスキンケアをしている人も少なくありません。

そこで今回は、乾燥肌と敏感肌のちがいについて理解しましょう。

 

「乾燥肌」ってどんな肌?

乾燥肌とは、皮脂や天然保湿因子、セラミドなどの細胞間脂質(保湿成分)が減少してしまったことで水分を保持できなくなった肌状態のことです。

人間の肌の表面は「角質層」があります。外からの刺激を防ぐバリアのようなものです。

乾燥肌の場合、水分不足のために角質層が薄く、ところどころはがれたりしています。

そのせいで、バリア機能が正しく機能していません。

結果、普通なら守りきれるような些細な刺激にも肌が反応し、肌トラブルが起こりやすくなっているのです。

また、乾燥肌の人はシミやシワができやすいと言われています。

保湿成分が少なくなる原因は大きく分けると、加齢体質の2つに分けられます。

年齢を重ねることによってお肌の老化が進み、それに伴って保湿成分が少なくなってしまいます。

また、生まれつき保湿成分が少なく、乾燥肌になりやすい体質になっているのです。

症状としては、カサつきや洗顔後のつっぱり感が挙げられます。また、角層細胞が乾いてしまうことで肌に白い粉が拭くことがあります。

さらに乾燥が進むと「かゆみ」がでてくるのも特徴です。

かゆみに負けて肌を引っ掻いたり、擦ったりすると角層を傷つけることにつながります。

そして肌のバリア機能をさらに低下させてしまうのです。

 

「敏感肌」ってどんな肌?

「敏感肌」とは、肌のバリア機能が低下した状態の肌のこと。

バリアが弱いため異物の侵入を防ぐことができず、ちょっとした刺激にも肌が過敏に反応してしまいます。

頻繁に炎症を起こしてしまうトラブル肌を指す場合もあります。

 

室外には、

気温や湿度の変化
紫外線
ハウスダスト
ダニ
花粉

といった多くの刺激であふれています。

それに反応して

肌のカサつき
赤み
発疹
かゆみ
かぶれ
ヒリヒリ感

といった症状が現れるのです。

 

敏感肌の原因としては、

ストレス
アレルギー
栄養不足
加齢による変化

など、さまざまなものがあるとされています。

そのため、敏感肌への対策も何か決まった方法があるわけではありません。

敏感肌への一般的な対策としては、スキンケアや食生活の改善などが挙げられます。

 

「乾燥肌」と「敏感肌」の違いって?

敏感肌も乾燥肌も肌の状態に関するお悩みである点は変わりはありません。

では、ふたつの肌質の違いはどこにあるのでしょうか。

 

「敏感肌」に定義はない

敏感肌には「こういうものである」という決まった定義はありません。

おおむね、普通ならば問題のない低刺激にも過剰に反応し、肌が赤くなったり痒みを感じたりするなどトラブルが起こりやすい肌を指しますが、「こうなったから敏感肌!」というボーダーラインはないのです。

境界線は定められていませんが、自分が敏感肌だと感じている女性は非常に多く見受けられます。

そんな悩める女性の増加に伴って、敏感肌用のスキンケアやメイク用品が増えてきました。敏感肌はいまやほとんどの女性に認知されてきています。

 

「乾燥肌」は医学用語!

大きな違いとして、そもそも敏感肌は医学的な用語ではない点が挙げられます。

敏感肌という言葉は世の中にあふれていますが、実際には医学的に「敏感肌」という病名があるわけではありません。

皮膚科の先生によると、敏感肌は季節的要因や体調(ホルモンバランスの変化など)により、一時的に刺激に敏感になった乾燥肌という位置づけのものであるようです。

たくさんの症状が発見されている肌トラブル。それらに一つずつ名前を付けていると、大変なことになってしまいます。

似通っているとされるお肌の状態を総称して「敏感肌」と呼んでいる、ということなのです。

それに対して乾燥肌は、医学的にはドライスキンと呼ばれています。呼称からも医学的に分類されているか、そうでないか、という違いが認められます。

 

まとめ

「そうはいっても、自分がどちらの肌質かわからない」という女性も少なくありません。

乾燥肌、敏感肌どちらにも効果があるとされているのは「水洗顔」

クレンジングや洗顔フォームなどはいっさい使わず、水やぬるま湯だけで行う洗顔方法です。

弱っている肌にクレンジングや洗顔フォームをつけると、肌に必要な皮脂やセラミド、保湿因子まですべて取り除いてしまいます。肌へのダメージをできるだけ減らすよう、心がけましょう。

クレンジングや洗顔フォームのせいで乾燥肌や敏感肌になってしまったという人も珍しくありません。

水洗顔を続けて肌のサイクルを正常に戻していくことで、肌質を改善できます。

自分の肌質をきちんと見極め、正しい対処法を身に着けたいものですね。

ライター名:花輪えみ
年齢:20代
趣味:化粧品検定の勉強
得意なコラム:メイクは苦手ですが、スキンケアは長年頑張ってきました。つい間違いがちなスキンケアにおける正しい知識を発信していきたいです。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る