メディプラスゲル保湿

間違いだらけ?乾燥肌のための正しい洗顔とクレンジング方法まとめ

乾燥肌さんにとってスキンケアは死活問題!

方法やアイテムの選択を間違えると乾燥がさらに進んでしまうかも…?!

今回はそんな乾燥肌さんのためのクレンジングと洗顔方法を紹介します!

セラミドなどの保湿成分がたっぷり入っているメディプラスゲルは、洗顔後の肌にピッタリのスキンケアアイテムですよ。

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

そもそも肌が乾燥する原因は?

70198f1ed858c33938cbc33e82d0d6b9_s
乾燥肌とは、お肌の皮脂も水分も少ない状態。

健康的なノーマル肌とは、水分量が多く、皮脂が多すぎない状態です。

 

皮脂の分泌はなぜ減少する?

では、皮脂はどうして減少してしまうのか?

一番大きな理由として挙げられるのは加齢ですが、もちろんそれ以外にも理由はあります。

通常、お肌の水分が減少し乾燥が始まると、皮脂の分泌量は増加すると言われています。

油分でお肌を乾燥から守ろうとしているわけですね。

この状態がいわゆるオイリードライ肌。

皮脂でテカテカしているため、乾燥に気づけないことが多いです。

脂性肌だと誤解して洗浄力の強い洗顔料で何度も洗顔したり、アルコール配合の化粧品を使用してさっぱり感を得ようとする人も多いでしょう。

しかし、これが間違い。

洗浄力の強い洗顔料
繰り返す洗顔
アルコール

これらはすべて肌にとってはダメージとなります。

結果、乾燥を悪化させてしまうのです。

また、皮脂の分泌は男性ホルモンであるアンドロゲンがコントロールしています。

このアンドロゲンは一般的な女性であれば誰でも一定量分泌されているものですが、ホルモンバランスが乱れるとその分泌量は大きく変化してしまいます。

アンドロゲンは夜間眠っている間は減少するため、夜更かしや睡眠不足など生活習慣が乱れはアンドロゲン分泌量の増加を招くことになります。

もちろん、皮脂を増やしたいからと言って夜更かしばかりするのは当然NG。

眠っている間に分泌される成長ホルモンは、お肌の再生を促しターンオーバーの乱れを改善させます。

皮脂の分泌量をコントロールするには、規則正しい生活と正しいスキンケアが必要ということです。

 

水分が減ってしまうのは?

お肌の水分量が減ってしまう理由は、角質層がもともと持っている「水分を保持する力」が弱まってしまったから。

その水分を保持する力とは、

 

皮脂膜

汗と皮脂が混ざった天然のクリーム。

肌を外部の刺激から守りながら水分の蒸発を防ぐバリア的存在。

水分保持貢献率は2、3%くらい。

 

NMF

天然保湿因子。
その正体は

アミノ酸
尿素
PCA

など。

保湿力は強くないですが吸湿性があり、サラリとした使用感のため化粧水によく使われます。

角質層の水分のうち、16~17%がNMFによるものです。

 

細胞間脂質

セラミドを代表とする、細胞間で水分を挟み込んでキープする存在。

本来、水と脂質は結合しません。

しかし、セラミドはそれを可能にすることで、どんな環境下でも蒸発せず凍りもしない水分を保持します。

角質層の水分のうち80%以上はこの細胞間脂質によって守られているのです。

以上の3つ。

お肌の機能は、

気温や湿度の変化
肌への摩擦やダメージ
ストレス
ホルモンバランスの乱れ

これらが複雑に絡み合い、徐々に弱まっていきます。

そして一度乾燥が始まると、お肌は乾燥のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

乾燥のスパイラルとは?

紫外線や摩擦などの外部ダメージにより、皮脂膜は簡単に破壊されます。

バリア機能である皮脂膜がなくなるとお肌は全てのダメージをダイレクトに受けてしまい、とってもデリケートな状態になります。

刺激に対してすぐに反応する、いわゆる敏感肌状態ですね。

肌がもともと持っている力も軒並み弱まってしまうのも特徴の一つ。

加えて、角質層の水分も蒸発し放題になってしまいます。

当然、肌内部の水分は減少してしまいますよね。

皮脂膜は汗と皮脂が混ざったものなので、水分の少ないお肌では十分な皮脂膜を形成することができません。

これが乾燥のスパイラルなのです。

 

 

乾燥肌にとって大切なこと

Processed with VSCO with f2 preset

皮脂が減少する仕組み
水分が減少する仕組み
肌が乾燥する仕組み

がわかりましたね。

では、クレンジング方法と洗顔方法の紹介の前に、乾燥肌の人にとって大事なポイントについてお話しします。

 

自分の乾燥原因を知ること

お肌の乾燥はいくつかの要因が絡み合って起こることだという説明をしました。

実際に乾燥が悪化するときは、引き金となる大きな原因があることが多いのです。

紫外線
不規則な食生活
食事の好き嫌い
一種の食品や料理ばかり食べる
睡眠時間が短い、不規則
長時間のエアコン環境
化粧品やスキンケアを変えた

上記はほんの一部ですが、もし自分の中で思い当たることがあった場合、
可能であれば改善するようにしましょう。

 

肌への過度の刺激を避けること

紫外線や物理的な刺激は皮脂膜の破壊と肌そのものへのダメージにつながります。

物理的な刺激とは、髪の毛や手が触れることも含まれます。

前髪などの毛先でお肌を刺激
頬杖をついてお肌に触れる
メイク落としや洗顔時に強く擦る

また、どれだけ優しく丁寧にクレンジングと洗顔を行っても、皮脂膜とNMFは多少なりともを洗い落とされてしまいます。

なるべく洗浄力が低く、そのうえで保湿成分もしっかり配合されたアイテムを選びたいですね。

以上を踏まえ、クレンジングと洗顔の紹介をさせていただきます!

 

 

乾燥肌さんのクレンジング

img_0264
まずはクレンジングからです。

メイクを落とすためのクレンジングは、私たちが肌に行う行為の中でもっとも負担となるものです。

だからといって、メイクを落とさないわけにもいかないし、当然メイクをしないわけにもいきませんよね。

クレンジングは必要。

だからこそ、少しでも肌に負担をかけないクレンジング選びと方法が必要なのです。

 

クレンジングの選び方

クレンジングの基本的な構成は油分と界面活性剤です。

構成自体はとても単純ですが、クレンジングといえばそのタイプは多種多様。

私たち消費者を悩ませるポイントでもありますね。

 

ポイントは、油分と界面活性剤のバランス

油分が少ないと、メイクは落ちません。

結果、洗浄力を上げるために強い界面活性剤が配合されます。

逆に油分が多すぎるのも問題となります。

その油分を落とすために、多量の界面活性剤が必要になるからです。

よって、

油分が多いオイルタイプ
油分の少ないウォータータイプ
乳液タイプ
フォームタイプ

はあまりおススメできません。

 

クレンジングの際の摩擦の有無も重要。

肌にクレンジング剤を擦りつけることは、洗剤を肌に擦り込んでいるのと同じだと思ってください。

肌に負担になるばかりか、傷をつけてしまう恐れもあります。

それを防ぐには、ある程度硬さのあるクレンジングが必要となります。

オイル
ウォーター
ミルクタイプ

などはみな液状であるため、肌と指の間に適度な厚みを作ることができません。

この場合に理想的なのはクリームタイプ。

肌と指の間で適度なクッションとして働き、肌への摩擦を軽減してくれます。

絶対に避けるべきなのはシートタイプ。

言うまでもなく、擦る刺激が強すぎます。

お手軽で便利ですが、乾燥肌じゃなくても避けたいものです。

以上から、乾燥肌さんにおススメするのはクリームタイプと乳化ジェルタイプ。

乳化ジェルとは白く濁ったジェルのこと。

透明のジェルは水分が多いので、間違えないようにしてください。

 

クレンジング方法

具体的なクレンジング方法のポイントは、
手早く丁寧にです。

 

クレンジング自体は1分以内に終えるようにしましょう。

クレンジング剤が肌に触れている時間が長くなれば長くなるほど、肌のうるおいが溶け出してしまうからです。

 

クレンジングの手順

手のひらに適量のクレンジングを出し、まずTゾーンに馴染ませます。

次にUゾーン。

そして

目元
小鼻回り
口元など

細かいところを指先で馴染ませます。

最後に顔全体にさっと広げながら馴染ませ、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 

熱いお湯を使うのはNG

熱いお湯は油を落とすのに向いていますが、お肌の場合は乾燥を招いてしまいます。

ぬるま湯をお肌に数回かけ、乳化させながら落としましょう。

もちろん、擦らないように注意です。

慣れれば1分以内に終わらせるのは難しくありません。

しかし、目的は時間をかけないことではなくメイクをきちんと落とすこと。

1分にこだわり過ぎてはいけません。

なるべく手早いクレンジングを心がけるようにするだけで、メイクをしっかり落としながらも徐々にスピードは上がっていくことでしょう。

 

 

乾燥肌さんの洗顔

4b3afd529f7358729ac715aff24352a8_s
洗顔も肌に負担を与え、うるおいを奪う作用があります。

しかし、その威力はクレンジングには及びません。

クレンジングを弱いものにしたら、洗顔でしっかりと皮脂を落とすこと。

皮脂がお肌に残ったままだと、酸化して毛穴のつまりや様々なトラブルを招くからです。

ただし、使用する洗顔料の洗浄力には注意が必要。

 

洗顔料の選び方

一般的に、固形せっけんは添加物などが少なく、一番トラブルを起こしにくいと言われています。

 

せっけんはオススメ!

固形せっけんを選ぶ際は、白いものではなく茶色いものを選ぶのがポイント。

茶色いせっけんは原材料にオリーブオイルなど色のついたものを使用しています。

オリーブオイルは肌に刺激を与えにくいオレイン酸という脂肪酸が豊富。

オレイン酸は通常のせっけんに含まれているラウリン酸やスエアリン酸よりも分子が大きく、肌や粘膜にとって刺激になりにくいのです。

せひ、全成分をチェックしてみてくださいね。

せっけんはクリームやフォームタイプと違って出し過ぎてしまうこともないので、コストパフォーマンスの面でもありがたい存在です。

せっけんを含め、多くの洗顔料はアルカリ性です。

肌と同じ弱酸性にこだわる人もいますが、その必要はありません。

なぜなら、洗顔料をすすぐ水が中性だから。

そして肌には、アルカリ性から中性に自ら戻る力がちゃんとあるのです。

ただ、アルカリ性と弱酸性の私たちのお肌は相性が良く、過剰に洗浄してしまう場合もあります。

乾燥が酷い場合や、アトピー気味の人には刺激になるかもしれませんね。

 

弱酸性もオススメ!

特に、脱脂力を抑えた酸性せっけん(ラウレス-5カルボン酸ナトリウム)。

せっけんと同じ構造を持ちながら弱酸性であることから、最近人気のものです。

低刺激なのにしっかりと汚れを落としてくれます。

 

洗顔方法

泡を作る

大事なのは、擦り過ぎずに古い皮脂をしっかりと落とすこと。

摩擦を避けるためにはもこもこの泡が必要ですが、あまりにも大量に作る必要はありません。

泡立てている間にお肌の水分が蒸発して乾燥が進んでしまうからです。

クレンジングと同じく、指とお肌の間のクッションになれば十分。

ネットなどを使い、適度な量の泡を作りましょう。

 

Tゾーン、Uゾーンから洗浄

手早く作った泡は、まず皮脂分泌が最も多いTゾーンに指の腹で円を描きながら馴染ませます。

次にUゾーン。

このときも指の腹を使って円を描きながら泡を転がしてください。

そして目元、小鼻、口元も忘れずに泡を馴染ませましょう。

最後に顔全体に泡を馴染ませたら、ぬるま湯を数回かけてすすぎます。

 

時間を掛けすぎない

泡の弾力がしっかり残っているうちに皮脂分泌の多い部位から洗うこと。

そして、あまり時間をかけないようにしてください。

洗顔料は肌に負担を与えるものだということを忘れてはいけません。

また、最後に冷水ですすぐと毛穴がしまったように感じますが、その効果は長くはもちません。

急激な温度変化は赤みの原因にもなるので、最後までぬるま湯ですすぎましょう。

 

 

乾燥肌さんのクレンジング・洗顔まとめ

いかがだったでしょうか。

クレンジングも洗顔も、肌への負担を最小限にすること。

短い時間の中で、確実に洗浄することが必要になります。

そのためにはアイテム選びを間違えないで。

洗顔後は保湿成分がたっぷり入ったメディプラスゲルでスキンケアをするのがおすすめです。

正しいクレンジングと洗顔を行えば、そのあとのスキンケアの効果もあがりますよ。

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る