メディプラスゲル保湿

春と秋も肌は乾燥しています!?春と秋にでる「ゆらぎ肌」チェック方法!

空気が乾燥する冬。
紫外線が降り注ぐ夏。

冬と夏の乾燥さえ乗り切れば、お肌は守られると思っていませんか?

実は、春と秋にもお肌の乾燥注意報は出ているのです!

季節に応じたケア方法で、一年中うるおう美しい肌を手に入れましょう!!

そこでおすすめなのがメディプラスゲル!

セラミドなどの美容保湿成分がたっぷり入っているオールインワンゲルでこれ一本でスキンケアできちゃう優れものですよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

春と秋に見られる「ゆらぎ肌」とは

img_6976

春は油断が、秋は夏のダメージがお肌を乾燥させてダメージを与えます。

このような季節の変わり目の肌の不調を、「ゆらぎ肌」と呼びます。

ゆらぎ肌の原因

その原因は以下の通り。

春のゆらぎ肌の原因

花粉飛散量の増加
紫外線
寒暖差
年度の変わり目によるストレス

など

秋のゆらぎ肌の原因

夏のダメージによる肌機能の低下
気温、湿度の急激な低下
秋の花粉

など

季節の変わり目は自律神経を乱し、ホルモンバランスを崩すこともあります。

春秋のお肌は、体の外部と内部から影響を受けるということですね。

 

ゆらぎ肌チェック

では、あなたのお肌の「ゆらぎ度」をチェックしてみましょう。

春もしくは秋になって…

洗顔後にお肌がつっぱる
肌が硬くなった気がする
カサカサするところが増えた
毛穴が開いて目立っている
キメが荒い
ニキビ、吹き出物が急に増えた

上記のうち当てはまる項目があれば、ゆらぎ肌の傾向あり。

これらはすべて乾燥のサイン。

春と秋の乾燥があなたのお肌をむしばんでいる可能性があります!!

 

 

春と秋の乾燥対策

IMG_2193

さぁ大変です。

乾燥が始まったお肌。
さっそく対策に乗り出さねば!
また、ゆらぎ肌に当てはまらなかった人も要注意。

今はまだ大丈夫でも、これから訪れる夏や冬を乗り越えられる保証はありません!
今からしっかりケアをして、厳しい環境でも負けないお肌作りをしましょう!

具体的に、3つの対策を紹介します。

スキンケア

強いお肌作りの土台となるスキンケア。

スキンケアを笑うものはスキンケアに泣く!
まずは基本をしっかりと抑えましょう。

ゆらぎ肌は、要は敏感肌の一種。

あれもこれもと欲張って肌に刺激や負担を与えるよりも、一番大事なのは化粧水での保湿です!

化粧水でバリア機能の低下したお肌に、水分と補修力をしっかりと届けましょう。

まず刺激の少ないクレンジング・洗顔料でお肌の汚れを優しく落とします。

次に、ヒアルロン酸やコラーゲンなど水溶性保湿成分が配合された化粧水でしっかり保湿しましょう。

暖かい手のひらでじんわりハンドプレスして。

毎日こまめにお肌に触れることで、ちょっとした異常にもすぐ気が付くことが可能です。

美容液・乳液では、お肌の水分保持をする細胞間脂質の主要成分であるセラミドが配合されたものを選んでください。

お肌の水分保持力とバリア機能を回復する助けになります。

それでも乾燥する場合は、クリームやオイルを少量追加。

特に乾燥が気になるポイントのみに使用するのも良いですね。

逆に、お肌に異常が出てしまったらアイテムを減らして様子を見るのも大切です。

スキンケアは足し算引き算が重要。

多すぎても少なすぎても、お肌にとっては良くありません。

また肌に摩擦を与えすぎてしまうのもさらにダメージを加速させてしまいます。

そんなときはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分がたっぷり配合されたメディプラスゲル!

オールインワンゲルなので、肌への負担を最小限にスキンケアできる優れもの!

無添加なのでダメージを受けて敏感になった肌にも安心して使えますよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

ゆらぎ肌はとても不安定なので、いつも以上にお肌の状態を細かくチェックしましょう。

 

生活習慣の見直し

季節の変わり目は生活習慣の変わり目でもあります。

食事内容が極端に変わってない?
睡眠時間大丈夫?

食事は一汁三菜を目安にバランスよく。

睡眠はお肌のゴールデンタイムと呼ばれるPM10時~AM2時に取るのが効果的です。

食事と睡眠の乱れはホルモンバランスを乱すだけではなく、内臓の疲れにもつながります。

ホルモンの影響や内臓の不調はお肌に表れやすいので、
バランスの良い食事と規則正しい睡眠を心がけるだけでもお肌の調子は変わるはず。

忙しい時でもなるべく気を付けてあげてくださいね。

 

ストレス対策

ここでいうストレスとは、あなた自身へのストレスと、お肌へのストレスのこと。

お肌へのストレスとは、

洗顔や衣類、髪の毛による摩擦
花粉
ハウスダストなどの刺激
紫外線

などがあげられます。

肌への摩擦⇒最低限に
アレルゲン⇒マスク
紫外線⇒刺激の少ない日焼け止め・帽子・日傘・サングラス

お肌は

洗顔時は泡で優しく泡う
スキンケアはオールインワンゲルにする
髪の毛は結ぶ

というのを心掛けてみてください。

オールインワンゲルでオススメなのがメディプラスゲルです。

保湿成分もたっぷり配合されていて、肌への摩擦を最小限にスキンケアできますよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

また、精神的なストレスはお肌のコンディションに大きく関わります。

気づかぬうちに、仕事や生活の中で生じたストレスをため込んでいませんか?

ゆっくり入浴
アロマテラピーを取り入れる
カラオケで熱唱

など、ストレスの発散方法は様々。

ぜひ、自分にピッタリの発散法を見つけてみてくださいね。

 

肌は一年中乾燥する!

img_8995

お肌の水分を保持するのは

角質層の皮脂膜
NMF
細胞間脂質

の3つ。

乾燥とは、この3つの減少や低下してしまうこと。

冒頭でお話しした通り、一般的に冬と夏はお肌が乾燥する季節として知られています。

冬と夏に気合を入れたケアをして、春と秋にうっかり気を抜いている人も多いのでは?

その油断が命取り!

一年を通して、お肌がどういう状態にあるか確認してみましょう!!

油断の春

空気が乾燥する冬が終わり、暖かくなる春。

うっかり油断していると冬以上にお肌が乾燥してしまいます!!

春は気温差が冬に比べて激しく、肌の油分と水分のバランスが崩れやすい季節です。

皮脂膜がうまく形成できず、暖かくても湿度は意外と低いのでお肌の水分は蒸発し放題。

また、4,5月ではすでに真夏とほとんど変わらない紫外線が降り注いでいます。

紫外線対策を忘れてしまうと、皮脂膜がさらに破壊され乾燥に拍車をかけることに…。

 

痛めつける夏

紫外線
流れる汗
襲い来るエアコン

に乱れる生活習慣。

夏は肌をこれでもかと痛めつける季節です!

皮脂や汗で潤っていると見せかけて、角質層の中は実はカラカラ。

NMFも細胞間脂質にも、水分はほとんど残ってない、なんてことも。

しかも、汗で濡れた肌は紫外線をグングン吸収し、乾燥を加速させます。

ベタつきを抑えるためにさっぱり系スキンケアを使用していると、冬よりも乾燥したお肌になってしまいます。

 

引きずる秋

涼しくて過ごしやすい季節。

秋の涼風に晒され、気が付くと急速に進んでいる乾燥。

そう、過剰な汗や皮脂で隠されていた夏のダメージがここにきて表面に表れるのです!

夏に痛めつけた肌は十分な皮脂膜が形成できず、バリア機能が下がってちょっとした乾燥も命取りのデリケートな状態。

そんなお肌に容赦なく近づくのは湿気を含まない冬の乾燥した大気の気配。

夏のダメージを引きずったお肌には、乾燥から守る力も修復する力も残ってないのです…。

 

極めつけの冬

冷たく乾燥した外気から暖かい室内へ避難するも、その室内こそ暖房で最も乾燥した環境。

普段は見られない肌トラブルも一斉に芽を出し、お肌はパニック状態!

慌てて入念なケアをしても、時すでに遅し。

一年のお肌のダメージが、ここで一気にのしかかります。

乾燥肌にとってまさしく一年の締めくくり。

本領発揮というわけですね。

いかがでしょうか。

お気づきでしょうが、お肌にとって、「乾燥しやすい季節」はありません。

逆に言うと、私たちのお肌は一年中乾燥の危機に晒されているのです!

そんな中、春と秋は乾燥へのガードが甘くなる時期…。

お肌はいつも以上にダメージを受けてしまうという仕組みです。

 

まとめ

fderd
いかがだったでしょうか。

お肌は一年中乾燥するもの。

特に春と秋に気を抜くと、夏と冬のお肌は悲惨なことになってしまうかも…?!

春秋も夏冬同様に保湿を意識
お肌に刺激や負担を与えない
いつも以上にお肌をよくチェック
生活習慣、食生活の改善
ストレス発散

上記を実践して、春秋も乾燥知らずのみずみずしいお肌へ!

そして万全の態勢で夏冬を迎え、一年中潤ったお肌を実現させましょう!!

肌への負担を最小限にできるスキンケアアイテムがオールインワンゲル!

なかでも当サイトではメディプラスゲルをおすすめしています!

保湿成分がたっぷり配合されているので、乾燥肌の方にピッタリですよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る