メディプラスゲル保湿

保湿すれば予防できる?乾燥肌とほうれい線の関係と対策

乾燥肌は様々な肌トラブルを引き起こしますが、ほうれい線もその例外ではありません。

普段から肌が乾燥しているという人は、他の人よりもほうれい線が早く出る可能性もあるのです。

乾燥肌を放置してしまうと良いことは一つもありません。

乾燥肌のせいでほうれい線を作らないために、日頃できる肌のケアについてご紹介しましょう。

そしてほうれい線を気にしている人におすすめなのがメディプラスゲル!

保湿成分がたっぷり配合されていて、1か月あたり1,498円とお手頃にスキンケアできますよ♪

メディプラスゲルほうれい線

乾燥肌の人にほうれい線が出やすいのはなぜ?

49f5b04a49616dded6494498f5159b22_s

乾燥肌とは、肌の角質層にある細胞間脂質(セラミド)や皮脂が少なくなっている状態の肌のことを指します。

セラミドや皮脂が無いと、肌からどんどん水分が逃げていってしまうのです。

また、水分が内側から逃げていくだけでなく、外部からの刺激に肌が弱くなってしまうのも、乾燥肌の特徴の一つです。

では、なぜ乾燥肌がほうれい線の原因になるのでしょうか?

 

肌が固くなっているから

ひび割れた田んぼを思い出してください。

田んぼに水分がないと、乾燥して地面が割れてしまいますよね。

肌も同じです。

肌に水分がなくなると肌が固くなってしまい、ひび割れのようにほうれい線ができやすくなります。

 

紫外線の影響を受けやすくなっているから

乾燥肌の人はセラミドや皮脂が不足して肌のバリアが薄い状態なので、紫外線の影響を受けやすくなります。

肌のバリアが薄くなると紫外線は真皮層まで届いてしまうのです。

紫外線により真皮層のコラーゲンは破壊され、肌の水分は奪われます。

そうすると肌が乾燥してしまい、ほうれい線ができやすくなります。

 

乾燥肌はほうれい線が特に目立つ

肌から水分が失われると、コラーゲンやエラスチンが減少してしまいます。

すると、肌のハリや弾力が失われてたるんでしまいますが、この状態になるとほうれい線はとても目立ちやすくなるのです。

 

 

ほうれい線の種類

8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s

ほうれい線は、

浅いタイプ
深いタイプ

の2つのタイプがあります。

最初は浅いタイプのほうれい線ができ、徐々に深いタイプのほうれい線になってしまいます。

 

表皮タイプの浅いほうれい線

1202-1

最初は、表皮の部分だけがほうれい線になります。

その原因は、

肌の乾燥
紫外線
むくみ

と言われています。

肌の乾燥と紫外線がほうれい線の原因になるのは、上記でご説明した通りです。

むくみとは、体の冷えや塩分の摂りすぎなどが原因で、顔に老廃物や水分が溜まってしまうことです。

老廃物や水分が顔に溜まると、その部分が重力に逆らえずにどんどん下に下がっていきます。

特に、頬の部分が垂れさがりやすく、ほうれい線になってしまうのです。

 

真皮タイプの深いほうれい線

1202-2

表皮だけでなく、真皮の部分からほうれい線ができた深いタイプのほうれい線になってしまうと、なかなか元に戻すのが難しくなります。

その原因は、浅いほうれい線ができてしまった後に

乾燥
紫外線
むくみ

による影響を放置してしまうことと、

肌のハリや弾力が失われてしまったこと
筋肉の衰え

があげられます。

真皮タイプのほうれい線ができてしまうのは、

肌の真皮に存在するはずのコラーゲンやエラスチンが失われてしまったことにより、肌のハリや弾力が失われてしまったためです。

紫外線
乾燥
加齢

により、肌のコラーゲンやエラスチンは徐々に失われてしまうのです。

また、顔の筋肉が衰えることで肌を保つ力が失われて頬がたるむことによっても、ほうれい線は深くなります。

どちらのタイプのほうれい線も、肌の乾燥が大きな影響を与えることが分かると思います。

最初にほうれい線を作らないためにも、できてしまったほうれい線を深くしないためにも、肌の乾燥を防ぐ保湿ケアは欠かせないのです。

 

 

乾燥によるほうれい線を防ぐ対策

img_8178

乾燥によるほうれい線を防ぐために、どのような対策を行ったらよいのかをご説明しましょう。

 

保湿ケア

乾燥対策はとにかく、保湿ケア、です。

特に、ほうれい線が深くなるのを防ぐためには、不足している

セラミド
コラーゲン
ヒアルロン酸

を保湿ケアで補ってあげるのがポイントです。

他にも、高い肌の保湿効果がある有効成分として、

レチノール
ビタミンC誘導体

が配合された化粧品がおすすめです。

これらの成分が配合されている化粧品を使うことで、高い保湿効果を得ることができるでしょう。

そこでおすすめなのがメディプラスゲル!

無添加のオールインワンゲルなのでコレ一本で保湿ケアできますよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

 

正しい洗顔

乾燥肌に悩んでいる人の中には、洗顔方法が実は間違っていた、というケースもあります。

肌の乾燥に悩んでいるのに、朝と夜に二回、洗浄力が強い洗顔料でしっかり洗顔してしまうと、肌の皮脂が全て逃げていってしまいます。

肌にある皮脂は、肌を守るバリアの役目を果たす大事なものですから、大事に取っておいた方が良いのです。

洗顔料で洗うのはメイク後のみにして、朝は水かお湯だけで洗うようにしてみてください。

そうするだけで、乾燥肌が少し良くなるかもしれません。

 

紫外線対策

乾燥肌の人は紫外線による影響を受けやすいので、紫外線対策を万全にしておきましょう。

ただ、乾燥肌になっているということは肌が弱くなっているということなので、刺激が強い日焼け止めをつけてしまうと、さらに肌を弱めてしまいます。

肌に優しい日焼け止めを使い、肌を守ってあげてください。

紫外線によるダメージを抑えれば、肌が少しずつ強くなっていくはずです。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る