メディプラスゲル保湿

ほうれい線にはヒアルロン酸が効くってホント?どんな風に摂るのが効果的?

メディプラスゲルほうれい線

ほうれい線にはヒアルロン酸が効く、と聞いたことはありませんか?

ヒアルロン酸は、基礎化粧品にも必ずといっていいほど配合されていますよね。

ですが、ホントにヒアルロン酸がほうれい線に効果があるのでしょうか?

気になるその効果に迫ります!

 

ヒアルロン酸って何?

d2287a3b950c841b50171cf8def63213_s
ヒアルロン酸は、もともと人体に備わった成分です。

保水力に優れ、なんとヒアルロン酸1グラムで水6リットル分の保水力を持つといわれています。

人体の60%は水分でできているので、

ヒアルロン酸は、生命を維持するのに必須の成分といえるでしょう。

 

ヒアルロン酸はお肌にはどんな効果があるの?

ヒアルロン酸は、真皮で肌弾力の元となるコラーゲンやエラスチンなどの構成要素の隙間に存在していて、

お肌の水分を保持し、以下のような働きをします。

・コラーゲン組織を保持する働き
・肌組織の水分、柔軟性を保つ働き
・肌のシワやたるみの予防

問題は、ヒアルロン酸は年齢とともに減少してしまうということ。

30代から急に減り始め、40代では赤ちゃんの頃と比べると約半分の50%まで減少、

60代になると赤ちゃんの頃の25%にまで減少してしまうんだそう。

ヒアルロン酸が減少すれば、水分が保持されずに肌は乾燥していきます。

その結果、シワ、たるみ、ほうれい線に発展してしまうんですね。

 

ヒアルロン酸がほうれい線に効く理由は…

ヒアルロン酸と、お肌の弾力を作り出しているエラスチン、コラーゲンは相互に助け合っています。

ヒアルロン酸が増えることで、

肌の乾燥&肌弾力の低下を改善する効果が見込めます。

例えれば、エラスチン、コラーゲンがベッドのバネ。

ヒアルロン酸はバネの間に詰まったクッションです。

ヒアルロン酸が低下すれば、バネだけになり、

お肌はスカスカに、肌は硬くなり弾力も落ちてきます。

さらに水分不足から乾燥に繋がります。

逆にコラーゲンが減少すれば、ヒアルロン酸(クッション)を束ねることが出来ず、

お肌がベタリとたるみます。

年齢とともに生産量の低下してしまったヒアルロン酸をお肌に注入することで、

お肌の水分量が高まりハリと弾力が戻って、ほうれい線の改善効果が見込めるんです!

 

 

即効性ならヒアルロン酸注射!

1088aa09e641e2c43523e6049a839d34_s
ヒアルロン酸は分子が大きく、

サプリメントなどでは、体の中から吸収される可能性は低いと考えられています

なので、ほうれい線にアプローチするには、皮下注射が一般的。

コラーゲンもほうれい線に効果的な成分ですが、

注射で体内に入れると、副作用やアレルギーが出る可能性が少し高くなります。

そのため、現在ではコラーゲン注射よりも、ヒアルロン酸注射がメジャーとなっています。

ヒアルロン注射は即効性があり、すぐにほうれい線の改善を実感できます。

ただし、時間とともに体に吸収されてしまうので、3~12カ月で元の状態に戻ってしまいます。

早い方だと1か月ほどで元の状態に戻ることもあるようです。

定期的なヒアルロン酸注射が必要になることを念頭に、検討してみて下さいね。

ちなみに、1度のヒアルロン酸注射(ほうれい線1本)で3~5万円が目安です。

 

 

注射以外でヒアルロン酸を増やすなら

31388210b1586268560ede6a0f6d412f_s
注射ですぐにほうれい線を改善できればうれしいですが、正直、ちょっと高いですよね。

そのほかに方法はあるのでしょうか?

 

プラセンタやサプリメントで肌の内側から元気になろう

ポイントは、綿維芽細胞を活性化させること。

綿維芽細胞とは、真皮に存在していて、

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する働きをします。

年齢を重ねるごとに、紫外線や年齢などの刺激を受けてこの機能は低下し、

ヒアルロン酸、コラーゲンの生成量が不足して、ほうれい線が出てしまうのです。

この働きを元に戻すためにオススメなのは、プラセンタや幹細胞サプリメントを使用する方法です。

哺乳類の胎盤から摂取される胎盤エキス=プラセンタや、

細胞のコピー、分化能力のある幹細胞エキスには、

細胞の増殖や分化、修復や再生を促進する作用がある、成長因子というものが含まれています。

プラセンタや幹細胞に含まれている成長因子、

綿維芽細胞を活性化させてコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を助ける成長因子、FGF(線維芽細胞増殖因子)や、

上皮細胞を活性化させてセラミドなどの保湿成分の生成を助ける成長因子、EGF(上皮細胞増殖因子)などは、

細胞分裂(細胞活性化)のスイッチを押す役割をします。

プラセンタや幹細胞サプリメントを摂取し、細胞が元気になることで、

体が本来もつ、ヒアルロン酸の生産力を回復させる効果が期待されているんです。

 

 

まとめ

ほうれい線をなくすには、失われたヒアルロン酸を取り戻すことが一番の解決策です。

ヒアルロン酸を直接肌に補充する皮下注射や、

細胞を元気にしてヒアルロン酸の生成量を増やすプラセンタ、幹細胞サプリメントを使用するのが一般的です。

予算や状態に合わせ、ほうれい線の改善に役立ててみて下さいね。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る