メディプラスゲル保湿

日焼けと乾燥肌のふかーい関係。その日焼け放っておくとスゴい悪影響が。

メディプラスゲル保湿

日焼けと乾燥肌について
残暑もまだまだ続き、紫外線対策には手が抜けませんよね。

日差しの強い今の時期、気になるのが「日焼け」ではないでしょうか。

日焼けすると乾燥肌になりやすい
乾燥肌だと日焼けしやすい

と言われる事もありますが、事実なのでしょうか。

非常に気になりますよね。

結果から申し上げると、その両方が事実です!

日焼けと乾燥肌の関係をご紹介させて頂いた上で、その両方を防ぐ方法を幾つか見ていきましょう。

 

日焼けすると乾燥肌になりやすい?!

img_4024
まず、日焼けとはどんな状態でしょうか。

「そんなの知ってるわよ」と言われそうですが、念のためご紹介を。

ズバリ、紫外線によってお肌が炎症(やけど)を起こし、皮膚の色が変化した状態です。

この紫外線こそが乾燥肌の原因。

紫外線がお肌のバリア機能を壊してしまうんです。

 

ケース1:紫外線がお肌のターンオーバーを乱す

紫外線の強い光刺激により、お肌の細胞が破壊されたり傷ついてしまいます。

すると、体の保護機能が働いて「肌細胞の増殖」を始めます。

「新しく生まれ変わるなら良いじゃない」と思ってしまいますよね。

実はそうでもないのです。

お肌のターンオーバー=生まれ変わりが早すぎて、未熟な肌細胞が角質層(お肌の表面)に押し上げられます。

まだまだ未熟な肌細胞ですから、外部からの刺激に十分に対応できません。

結果として、お肌の水分を逃してしまうなど、乾燥肌になり易くなってしまうんです。

 

ケース2:お肌の炎症そのものが乾燥肌をまねく

日焼け(紫外線)によるお肌のターンオーバーの乱れが、乾燥肌を招くと言われる原因の1つですが、お肌の炎症そのものが乾燥肌に繋がります。

炎症とは、軽いやけどをした状態とも考えられます。

やけどをすると?お肌に熱がこもります。

この熱で水分の蒸散が起きやすくなるんです。

「日焼けの後に痒くなる」。

そんな方は、乾燥によってお肌の水分が奪われ、赤く痒みを生じているのかも知れません。

 

 

乾燥肌だと日焼けしやすい?!

Processed with VSCO with f2 preset

上記の内容と条件が逆になるとどうでしょうか。

実は、これもまた正解なんです。

乾燥肌とはつまり、お肌のバリア機能が低下した状態の肌です。

もう少し詳しく乾燥肌とお肌のバリア機能について説明させて頂きますね。

お肌の水分は以下の3つの要素によって守られています。

皮脂(角質層の一番表面)
角質細胞(水分保有する役割)
角質細胞間にあるゲル状の細胞間脂質

乾燥肌になってしまうと、角質細胞から水分が抜け出て、角質細胞が小さく縮こまるだけでなく、細胞同士の隙間が大きくなり、結束が弱くなり、水分がどんどん蒸発していきます。

その結果、お肌が穴だらけの状態に。

バリア機能がどんどん低下していきますし、乾燥もどんどん進みます。

紫外線の影響もグッと受けやすくなってしまうんですね。

乾燥した葉と、湿った葉。

どちらが燃えやすいでしょうか。

乾燥した葉ですよね。

乾燥=ダメージを受けたお肌は一層日焼けし易くなると言えるのです。

 

 

乾燥肌・日焼けを放置するとどうなるの?

70198f1ed858c33938cbc33e82d0d6b9_s
お肌のターンオーバーが崩れてしまいます。

生まれ変わりが上手に出来ずに

角質層が硬くなり
シワになり易くなったり
メラニン色素が排出されずシミの原因

となることもあります。

 

 

乾燥肌・日焼けの対策方法はこちら!

img_4024
日焼けと乾燥肌は相互に、密接に関係しあっているんですね。

放っておくと、年齢肌の原因になりかねません。

以下の様な対策で、しっかり予防・ガードしていきましょう!

 

紫外線対策(日焼け対策)

食品で、体の内側から対策!

手袋
帽子

日焼け止め

などの紫外線対策に加え、体の内側から、紫外線に強い成分(抗酸化作用のあるもの)を取り入れて日焼けに対抗していきましょう。

ビタミンA、C、E(エース)
βカロテン
L-システイン
リコピン
ルテイン
アスタキサンチン
エラグ酸

を含む食品がお勧めとされています。

 

サプリメントで体の内側から対策!

日焼け止め効果のあるサプリメントも登場しています。

サプリメントは日焼けをしてからでは遅いと言われています。

日中、日焼けをしそうなシーンまでに摂取してきたいですね。

 

乾燥肌対策(日焼け後対策)

日焼け後の適切な対策

ステップ①患部を冷やす

日焼けはやけどの一種です。

日焼けしてしまった部分を冷やし炎症を抑えて行きましょう。

ステップ②保湿ケアを十分に

保湿剤のみならず、特にお顔の場合は化粧水でたっぷりと水分を補給してあげましょう。

いつも以上の念入りなスキンケアを心掛けるとgoodです。

ローションパックを利用する

日焼けをする予定がある方は、事前にローションパックを用意しておくとgoodです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日焼けと乾燥肌の関係についてご紹介させて頂きました。

夏場はジメジメしていて乾燥と言ったイメージとは程遠いように感じますが、実はとっても身近なところでお肌の乾燥が進んでいたのかも知れません。

「ただの日焼け」という認識ががらりと変わりますよね。

日焼け・乾燥肌は年齢肌の原因ともなります。

しっかり対策を講じて、1年を通して乾燥フリーの瑞々しいお肌を目指してきたいものですね。
メディプラスゲル保湿

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る