メディプラスゲル保湿

鼻の毛穴の開きの原因と治し方。正しいスキンケアと間違った方法を教えます

メディプラスゲル毛穴

毛穴の開きは全女性にとって共通の悩みといってもいいでしょう。

特に、鼻の毛穴だけやたら気になる!

なぜ毛穴は開くの?なぜ鼻だけ目立つの?

そんな疑問にお答えしましょう。

 

毛穴はそもそも開いている?

img_5

こんなことを言うと多くの女性は嘆くかもしれませんが…。

ずばり、毛穴とはそもそも開いているものです!

だって毛穴って、穴なんです。

毛が出てくるための穴。

どんなに小さな穴でも、光が当たればある程度影ができます。

そして、穴に多少の汚れが溜まるのも当然なのです。

それはもはや我々にはどうすることもできない、自然の摂理と言ってもいいでしょう。

毛穴が開いている!

という女性のうち、多くはこの「自然の摂理」に嘆いている場合が多いのが事実です。

夕方や夜になって鏡を見ると、毛穴が主張している。

それは一日一生懸命汗や皮脂を分泌したあなたの毛穴に、

化粧

古い角質

などが溜まっている状態です。

落ち着いて丁寧に洗顔をしてみてください。

毛穴が多少、目立たなくなりませんか?

その場合、日々の丁寧なケアを続けてこれ以上毛穴が開かないようにすれば大丈夫です。

あまり神経質になって毛穴パックやピーリングを頻繁にしないようにしましょう。

逆に、肌を刺激して毛穴を開く原因となってしまいます。

さて。

丁寧に洗顔をしても、鼻の毛穴がばっちり目立つ場合。

あなたの毛穴は普通にしていて溜まる以上の汚れが溜まってしまっている状態です。

早急に適したケアをしなければいけません。

 

 

鼻だけ目立つのは理由がある!

5b7e007fc157816768cef8238dfaa50f_s

そもそも、なんで顔の中でも鼻の毛穴が目立つのでしょう?

それは、毛穴が開く理由に左右されます。

毛穴の開き方は大きく分けて以下の3タイプ。

詰まり毛穴
たるみ毛穴
開き毛穴

たるみ毛穴は皮膚がたるむことによって毛穴が伸びて開いて見えるもののことです。

主に頬や顎など、皮膚がたるみやすい部分に現れるので鼻に見られることはあまりありません。

そして開き毛穴は多くが遺伝によるもの。

もともと持っている皮脂腺が大きいタイプが多く、鼻だけではなく額を含むTゾーンや、人によっては顔全体に見られます。

以上のことから、鼻だけ毛穴が目立つ人は詰まり毛穴タイプが大半だと言っていいでしょう。

 

鼻は特に毛穴が大きい??

鼻や額は顔の中でも皮脂腺が大きい部位です。

そして前髪や帽子で隠れやすい額と異なり、鼻は顔のなかでもセンターに位置して少しだけ高い位置にあります。

よって紫外線や風、塵や埃など外部からのダメージを受けやすいのです。

特に、紫外線は肌のバリア機能を壊します。

バリア機能が壊れた肌は乾燥が進み、皮脂を多めに分泌するようになるのです。

また、風も同様に乾燥を促進します。

塵や埃は物理的に汚れが付着するだけではなく、刺激となって肌を痛めます。

皮脂腺が多い部位であること、ダメージを受けやすい部位であること。

これらによって、鼻の毛穴だけが目立ってしまうというわけです。

 

 

詰まり毛穴とは?

6fcf2d8f4ade5f36498c91920103eed3_m

詰まり毛穴とは、簡単にいうと角栓が毛穴に詰まっている状態です。

この角栓は皮脂と古い角質が混ざったもの。

触るとザラザラしている場合もありますね。

 

詰まり毛穴の原因

そもそも、角栓はなぜできるのでしょうか?

一つ目の理由は過剰な皮脂分泌。

その原因として、肌への刺激や乾燥が挙げられます。

二つ目は角質がきちんと落ちていないこと。

古い角質がいつまでも残っているから、皮脂と混ざって角栓となってしまうのです。

原因としてはターンオアーバーの乱れなどが挙げられますね。

これらの原因を一つ一つ潰していくことで、角栓の予防、そして詰まり毛穴の予防へと繋げることができると言えます!

 

 

詰まり毛穴の解消法

名称未設定-2

すてにお分かりの通り、詰まり毛穴を解消・予防するには、角栓を解消・予防すること。

そして、正しいスキンケアを行うことです。

角栓の解消と予防のために重要なのは、過剰な皮脂を抑えることと角質をケアをすることです。

まずは皮脂分泌に着目してみましょう。

 

皮脂の過剰分泌を抑えるには?

皮脂の過剰分泌の原因としては、肌への刺激と乾燥を挙げさせてもらいました。

風や塵・埃などはある程度仕方がないものです。

その分、紫外線カットはきちんと行うこと!

日焼け止めと日傘の併用
弱い日焼け止めをこまめに塗る

などして、しっかり紫外線からお肌を守りましょう。

乾燥については、この後紹介するスキンケアの項目を参考にしてください。

しかし、それだけでは不十分です。

肌の刺激と乾燥はあくまでも代表的な原因。

皮脂の過剰分泌には、それ以外にもいくつかの要因が複雑に絡み合っている場合があるのです。

 

生まれつき皮脂分泌が盛んなタイプ

まず、生まれつき皮脂の分泌が盛んなタイプ。

これは遺伝もあるため、日常的なケアで目を張るような大きな効果を得ることは難しいかもしれません。

なるべく皮脂を抑えるように意識しるる、古い角質をきちんと除去することに注力するほうがいいでしょう。

また、生活が乱れている場合も皮脂の分泌を促進します。

 

生活の乱れで男性ホルモンが?

皮脂分泌は男性ホルモンによってコントロールされています。

体が起きている間は交感神経が活発になるため、男性ホルモンの分泌たくさん行われます。

徹夜明けのお肌がやたらベタベタしている、なんていう経験はありませんか?
夜更かしや徹夜は皮脂の分泌を促進するのです。

また、食生活やストレスなどでホルモンバランスが崩れても同じことが起こってしまいます。

生活習慣はなるべく正すようにしましょうね。

 

古い角質のケアをするには?

次は、古い角質のケアについて。

これにはターンオーバーが深く関わっています。

ターンオーバーとは「生まれ変わり」という意味。

まさしく、お肌を生まれ変わらせることなのです。

人の肌は4週間かけて生まれ変わります。

最初、表皮細胞は基底層というところで生まれます。

その後、細胞分裂を繰り返しながら成長し、表面まで押し上げられます。

これがターンオーバー。

お肌の代謝ですね。

このターンオーバーが乱れると、古い角質が肌表面に溜まるだけではなく、角質細胞が綺麗に並ばずキメが乱れたりくすんだりします。

ターンオーバーの最初の段階は睡眠中に行われるといいます。

つまり、睡眠不足はターンオーバーを乱す最大の原因ということですね。

角質ケアをするには正しいスキンケアも重要ですが、睡眠が最も大事だともいえます。

 

 

正しいスキンケアとは?

533d80b0ffd708205d3d668f8945f193_m

詰まり毛穴の原因となる皮脂と角質。

この二つのうち、皮脂は毎日絶えず分泌されるもので、完全に止めることはできません。

日常のケアを丁寧に行い、乾燥対策をしっかりすることが一番効果的です。

 

洗顔を丁寧に行い、保湿をしっかり行う。

洗顔はさっぱり系のものに変えても問題ありませんが、化粧水や乳液はアルコールの多いものは避けるようにしましょう。

だからといって、クリームやオイルを顔全体に塗りたくるのも逆効果です。

クリームやオイルなどのこっくりアイテムは乾燥する部位にだけポイント使いするのがいいですね。
メディプラスゲル毛穴

それでも角栓が気になる場合は?

有効なのは酵素洗顔とピーリングです。

酵素がターンオーバーの最後に働いて角質細胞を垢としてはがしてくれるのは説明済みですね。

酵素洗顔を行うことでターンオーバーの乱れを正してくれる効果を期待できます。

同様に、ピーリングにもターンオーバー正常化を期待できます。

ピーリングは頻繁に行うと肌に負担をかけますが、正しく行えば代謝をアップしてくれます。

美容皮膚科などで施術を受けるのが安全で効果が高いですが、もちろん自宅でも簡単にホームピーリングを行うことができます。

 

おすすめなのはミルクやジェルタイプ。

中には塗りっぱなしにできる美容液タイプもあります。

スクラブ入りやゴマージュ(消しゴムのようなカスが出るタイプ)は刺激が強いので避けてください。

ピーリング成分として使われているものはAHAやフルーツ酸などですが、これらは肌に乗せているだけで角質を溶かす効果があるため、擦る必要はないのです。

ピーリングの頻度はまずは週1程度で様子を見てください。

赤みなどの異常が見られたら、しばらく使用を中止してみてくださいね。

 

 

間違いスキンケア

img_1211

最後に、角栓ケアとして間違っているものを紹介します。

 

蒸しタオルで毛穴を開かせて汚れを取る

温めると確かに皮脂は取れやすくなります。

しかし、これは赤ら顔の原因となってしまいます。

温めて汚れを取りたいのであれば、スチームを当てるほうがおススメ。

ただし、温度を高くし過ぎないようにしましょう。

 

毛穴引き締めローションの使用

このタイプのローションの多くはアルコールで皮膚温度を下げたり、皮膚のたんぱく質を一時的に凝固させることによるもの。

効果は一時的なものなので、本当に毛穴が小さくなるわけではありません。

 

あぶら取り紙を使用しない

あぶら取り紙は必要なはずのあぶらまで取ってしまうから使用しない、という人が多いですね。

しかし、それは間違いです。

あぶら取り紙では、皮脂のすべてを取ることなどできません。

なぜなら、皮脂は一部が液体、一部が個体だからです。

紙であるあぶら取り紙では、液体のあぶらを取るだけというわけです。

ですので、皮脂が気になった場合はあぶら取り紙でしっかり取れる皮脂を取ってしまう方が良いのです。

 

 

おわりに

fderd

いかがだったでしょうか。

鼻の毛穴がなぜ目立つか、そしてその対策について紹介してきました。

どんなお肌のトラブルでも大切なのは、規則正しい生活と正しいスキンケア!

まずはそれを徹底してみてください。

最も低コストで美肌を目指せる方法です!

それでもだめなら、今回紹介した酵素洗顔やピーリングを取り入れてみてくださいね。
メディプラスゲル毛穴

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る