メディプラスゲル保湿

小鼻の毛穴の黒ずみを取る方法として鼻パックはOK?NG?

小鼻の毛穴の汚れ、黒ずみが気になるときのマストアイテム、鼻パック。

でも、鼻パックは逆に毛穴を開いてしまう、なんて話を聞いたことはありませんか?

毛穴ケアとしては間違った方法だ!なんて過激な意見を耳にすることもあります。

はたして、鼻の黒ずみケアに鼻パックを使う方法はOKなのか、NGなのか?

今回は鼻パックの真相に迫ります!

 

鼻パックの基本

7f64a74ed8c459f1108c12ada55dc2b0_s

現在市場にある毛穴パックは大きく分けて二種類。

剥がし取るタイプ
洗い流すタイプ

です。

剥がしとるタイプ

剥がし取るタイプはシートに糊のようなものがあらかじめ付いています。

濡らしたシートを気になる箇所に張り、乾燥させたら剥がし取ります。

高い吸着力と粘着力により、毛穴に詰まった汚れや角栓を根こそぎ取り除くことが可能というわけです。

基本は「物理的に剥がし取る」ものなので、お肌に本来必要な

角質
油分
水分

も取ってしまう恐れがあります。

 

洗い流すタイプ

洗い流すタイプはクレイパックが主流です。

気になる箇所に塗り広げ、乾いたら洗い流すだけ。

主に自然の粘土を主成分としたもので、特有の吸着性で毛穴の詰まりを除去してくれるだけではなく、

抗炎症作用と殺菌作用によって角質除去後の毛穴のケアにもつながります。

剥がすタイプと比較すると肌への刺激は少ないですが、洗浄力がとても強く、肌の水分と油分を過剰に洗い流してしまう恐れがあります。

 

黒ずみ(角栓)の正体は?

img_2667

小鼻の毛穴の黒ずみ、いわゆる角栓とはどういったものなのでしょうか?

角栓の正体は、ずばり皮脂と古い角栓が混ざって酸化したもの。

過剰な皮脂の分泌や、ターンオーバーの乱れによって角質がたまることによってできると考えられています。

角栓がたまってしまうと、触るとザラザラしたり肉眼でも毛穴から顔を出す角栓を確認することができますね。

そのままずっと放置しておくと、角栓の酸化が進んで過酸化脂質となります。

この過酸化脂質は皮膚を刺激する怖い存在。

その刺激からお肌を守るために活性酸素が発生するのですが、これがお肌の老化を促進してしまいます。

もちろん、角栓の放置が招くものはそれだけではありません。

毛穴周りの皮膚まで黒ずんでしまったり、黒ずみがそのままシミになってしまうだけではなく、毛穴を広げる要因にもなってしまいます。

角栓はなるべくすみやかに除去することが望ましいですね。

 

 

鼻パックは悪者?

img_1211

角栓除去のためのアイテム、鼻パック。

その威力の強さは一度経験した人ならわかるはず。

しかし、冒頭でもお話した通り、毛穴ケアとして鼻パックはふさわしくないという意見も多々あります。

実際のところはどうなんでしょう?

というわけで、鼻パックの良し悪しをはっきりさせようと思います!

 

鼻パックの噂

まず鼻パックについて世間で言われている説や噂を集めてみました。

・シートを剥がす時に角質も剥がれる
・使用後は皮脂の分泌が過剰になる
・オロナインの併用で角質がよく取れる
・蒸しタオルで併用でよく取れる
・ニキビの原因になる
・イチゴ鼻の原因となる

他にもいくつかありますが、代表的なのはこれくらいでしょうか。

これらは真実なのか、はたまたただの噂なのでしょうか?

 

鼻パックの真実

結論を言うと、前述の様々な説はどれもただの噂であり、同時に真実にもなり得るものなのです。

剥がすタイプの鼻パックが物理的に「剥がし取る」ものだという話はしましたね。

使い方を誤れば、角栓どころか角質を剥がし取ってしまったり、皮膚を傷つける恐れがあるのは当然です。

また、鼻パックは角質を除去するためのもの。

毛穴を引き締めたり、小さくしたりする効果はありません。

よって、鼻パック後のスキンケアを怠れば毛穴の広がりを促進してしまう可能性も大いにあるのです!

きちんと正しく使用すれば、鼻パックはけして悪いものではありません。

むしろ、角栓が詰まってザラザラしてしまう詰まり毛穴をケアするには、まず鼻パックで角栓を取ってしまうほうがいいのです。

つまり、鼻パックとはその良し悪しよりも、アフターケアまでを含めた正しい使い方こそが重要であるということです!

 

 

鼻パックの正しい使い方

img_0010

では、鼻パックの正しい使い方とはなんでしょう?

簡単です。

最低限、商品に記載されている説明書きに従った使い方をすること。

なんて、それだけじゃわかりづらいですよね。

少し具体的にお話していきます。

 

剥がすタイプの使い方

剥がすタイプのものは、まずしっかりと洗顔をして油や汚れを落しましょう。

その後、化粧水を使用する前に鼻パックを使用します。
(鼻以外はしっかりと保湿しましょう!)

よく、蒸しタオルなどで顔全体を温めてからパックをすると毛穴が開いて角栓がよく取れると言いますよね。

これは事実ですが、剥がすタイプの場合はあまりおすすめはできません。

個人差はありますが、お肌を冷やす・温めるなどの温度変化を急激に与えると、赤ら顔につながる恐れがあります。

どうしても毛穴をあらかじめ開きたいということであれば、入浴でも十分ですが、それ以外の方法ならスチームをおすすめします。

ただし、熱しすぎないように十分注意をしてください。

シートを貼るときは、肌表面をしっかりと水で濡らしてくからムラなく貼るように意識しましょう。

水分が足りないとシートがしっかり角栓を吸着しませんし、ムラができてはせっかくのパックも意味がなくなってしまいます。

鼻のカーブに沿うように、小鼻部分に細かい切込みが入っているシートがおすすめです。

シートを貼った後はなるべく触らず、動かさずに記載の時間放置しましょう。

剥がすときはゆっくりと優しく。

一気に剥がし取るのはやめてくださいね。

 

オロナインでさらに黒ずみがとれる?

ちなみに、オロナイン軟膏を併用すると角質がこっそり取れる。

または、オロナイン軟膏で鼻パックをするとつるつるになるなどの噂については、否定はしませんが推奨もしません。

むしろ絶対に避けてください。

鼻パックとしても、オロナイン軟膏としても正しい使い方ではありません。

特にオロナイン軟膏は強い殺菌力を持つもの。

パックとして使用したり、剥がすタイプと併用したりしたらお肌には刺激が強すぎます!

オロナイン軟膏はスキンケア用品ではないことを忘れないでくださいね。

 

洗い流すタイプの使い方

洗い流すタイプを使用する時は事前にスチームをあてるか、肌が柔らかく温まっている入浴後が望ましいでしょう。

蒸しタオルを使用するのは上記に書いた通り避けてください。

パックは気になるところが隠れるくらいの量をムラなく、均一に塗布するよう心掛けて。

ただし、

粘膜

髪の毛の生え際

は避けましょう。

記載の時間放置してしっかり乾かしたのち、ぬるま湯で洗い流します。

粘土が固まって落ちづらいですが、爪や指の腹で強くこすってはいけません。

優しく撫でるようにして落としましょう。

粒子が細かいので、少し念入りに落としてくださいね。

思わぬ肌トラブルのもとになる恐れがあります。

 

アフターケアの仕方

パックと同様に重要なのがアフターケア。

一番に心がけてほしいのは保湿です。

パックにより潤いや角質が落ちたお肌は、逆に言えば保湿成分をぐんぐん吸い込む状態。

ここでしっかりと保湿を行いましょう!

ただ、保湿アイテムにも注意が必要です。

よく鼻パック後は毛穴が開いているので冷水や引き締めローションで毛穴を引き締める、というようなことを聞きます。

しかし、これは間違い。

実際には毛穴は小さくなりません。

それどころか、赤ら顔の原因にもなります。

また、毛穴引き締め効果をうたうローションの多くは、パック後の敏感なお肌には刺激が強すぎます。

ビタミンC誘導体を配合した化粧水で保湿ケア

アフターケアの保湿アイテムとしておすすめなのは、ビタミンC誘導体を配合した化粧水。

鼻パック後の敏感なお肌に刺激は禁物ですので、ノンアルコールが望ましいですね。

ビタミンCはコラーゲンを増やす作用と若干ではありますが皮脂を抑制する作用があります。

肌に浸透しやすい形にしたビタミンC誘導体なら刺激が少なく敏感肌の人でも使用でき、気になる毛穴のケアもできるわけです。

もちろん、それ以外にも様々な美容効果が期待できるので、鼻パックのアフターケアのみならず、日常的に取り入れたいアイテムですね。

 

 

鼻パックを使うときの注意点

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s

鼻パックを使用する上ではいくつか注意点があります。

前述のとおり、自己流の使い方や誤った使い方、アフターケアを怠ることなどに加えて、一番気を付けたいのは使用の頻度。

私たちのお肌はターンオーバーを繰り返すことで古い角質を垢として落とし、日々新しい皮膚へと作り替えられています。

このターンオーバーには周期があり、個人差や環境による差はありますが、だいたい28~56日間。

この周期より短い頻度で鼻パックを行ってしまうと、角質を剥がしすぎて傷つき敏感なお肌にしてしまうばかりか、毛穴へダメージを与えてしまう場合もあります。

鼻パックは様子をみながら、まずは月1度程度の使用から始めてみてください。

これ以下の頻度であれば、肌に過剰なダメージを与えることもないでしょう。

鼻パックをしていて毛穴がよけいに開いた、角栓がひどくなったという人は、そのほとんどがこの頻度を間違えています。

スキンケアを含めお肌に何かを施すということは、少なからずお肌に負担を与える行為なのだということを忘れないようにしましょう。

 

 

まとめ

fderd

いかがだったでしょうか。

今回はその良し悪しがたびたび取り上げられる鼻パックについてお話してみました。

鼻パックは使い方さえ間違えなければ肌を過剰に傷つけるものではありません。

アフターケアまでしっかり行えば、つるりとした綺麗な鼻を維持できるはずです!

ただし、商品によっては肌に合う、合わないということもあるでしょう。

異常が見られたら使用を中止し、お肌をしっかり保湿して刺激を避けるようにしましょうね。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る