メディプラスゲル保湿

その肌荒れはストレスが原因!美肌への道はストレス解消から!

肉体的・精神的なストレスが肌荒れとなって現れる「肌ストレス」

基礎化粧品をいくら頑張ってもお肌の調子が悪いという方は、肌ストレスが強くでているのかも知れません。

肌ストレスを解消すべく、根本的な問題をしり、効果的なストレス解消法を見つけましょう。

まだ肌ストレスを最小限に抑えたい方におすすめなのがメディプラスゲル!

無添加のオールインワンゲルなので、肌に負担をかけずにスキンケアできますよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

 

そもそも肌ストレスって何者?

img_1211

肌ストレスとは、「お肌に影響を与えるストレスすべて」を指します。

現代社会はどんな環境で生活しているにしろ、ストレスと隣り合わせです。

ストレスは多種多様ですが、主に以下の2種類に分類されます。

 

精神的なもの(内的ストレス)

心に負担を与えるもの。

人間関係をはじめとし、

仕事や受験などのプレッシャー
怪我
病気

など身体に関する不安など。

 

肉体的疲労(外的ストレス)

体に負担を与えるもの。

長距離通勤
寝不足
疲労
暑さ
寒さ
空腹
睡眠不足
食生活の偏り

など。

お肌に特化すれば、

紫外線
ほこり
乾燥
たばこの煙
摩擦

などが挙げられます。

ここには挙げきれない程のストレスが存在します。

こうしたストレス(刺激)を引き金として、お肌に悪影響を与えることから、「肌ストレス」と呼ばれるようになりました。

ただし、おなじストレスでも、人によっては全くストレスにならないことも。

肌ストレスと一言で言っても、個人によって肌ストレスの原因は異なります。

全てのストレスに対する解消策はとても1記事に収まらないため、本記事では、すべてのストレスに応用可能!肌ストレス解消方法をご紹介します。

 

 

肌ストレスの解消方法①:リラックス時間を取り入れる

62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s

心のストレスが原因であれば、何も考えずにぼーっとできる至福の時間を設けてみてはいかかがでしょうか。

上質なアロマの香りを焚く
時にスパで自分にご褒美
好きな音楽をかける
寝る前にヘッドマッサージ
バラを浮かべた湯舟で半身浴

なども良いですね。

 

 

肌ストレスの解消方法②:抗酸化食品・成分で「活性酸素」を撃退する

2105137720adca74f1bd6a0dd6b4e4ae_m

内的・外的ストレスのどちらの場合も、体はストレスを感じると「活性酸素」を発生させます。

適量であればウイルスなどから体を守る役割を果たしてくれますが、

過剰に生産されすぎると問題のない細胞にまで攻撃を始め、細胞がどんどん劣化してしまうんです。

時間のたったりんごのパサついた切り口は、酸化した状態です。

お肌に当てはめると…

細胞の劣化により、

肌代謝の低下

お肌の水分が減少

乾燥・皮脂肌

そして、

ニキビ
毛穴開き
たるみ
シワ

などの問題に発展します。

活性酸素の除去に役立つ「抗酸化食品」を積極的に摂取していきましょう。

身近な抗酸化食品を挙げてみます。

・バナナ
・プルーン
・アボカド
・トマト
・ホウレンソウ
・納豆
・ココナツオイル
・キャベツ
・アーモンド
・にんにく
・わかめ
・魚介類全般
・緑茶

これらの食品を普段の生活の中で取り入れるように意識しましょう。

 

 

肌ストレスの解消方法③:ホルモンバランスを整える

img_2081

ストレスは自律神経に影響を与え、ホルモンバランスの乱れに繋がります。

お肌の保湿や女性らしさを作り出すホルモン、エストロゲンが減少すれば、お肌水分量の低下から乾燥肌・敏感肌に。

または、ストレスに対抗しようと男性ホルモンや副腎皮質ホルモン分泌量が過剰になることで、

皮脂肌
ニキビ
お肌免疫の低下

に繋がり、肌荒れの原因となります。

ホルモンバランスを整えるために、以下の様な対策を心掛けてみましょう。

 

良質な睡眠を目指す

睡眠時には成長ホルモンが分泌され、体の機能回復が図られます。

体がしっかり回復しないことには、身体的なストレスが蓄積し続けることに。

特に就寝から3時間の間にホルモンの分泌がピークになると言われているので、7時間、8時間と睡眠時間を確保できない場合でも、この3時間の間に良質な睡眠をとるようにしましょう。

以下のような方法で、良質な睡眠を目指してみましょう。

 

就寝1時間前~ブルーライトを見ない

ブルーライトが脳を刺激して、なかなか寝付けなくなります。

 

就寝30分前に湯舟につかり、体を温める

人間は、体温が下がる時に眠さを感じると言われています。

シャワーだけよりも、湯舟に浸かり体を温めた時の方が、理想的に体温が下がって行くのだとか。

 

アロマでリラックス

睡眠を誘うアロマレシピがあります。

ラベンター2滴
グレープフルーツ1滴
フラキンセンス1滴

です。

アロマオイルを加湿器に加えれば、蒸気とともに優しい香りがお部屋中に人がります。

ぜひお試しくださいね。

 

大豆中心のバランスの取れた食事

大豆に含まれるイソフラボンは、体内で女性ホルモンと同じような働きをすることが分かっています。

生理前・中、更年期など、女性ホルモンの乱れが疑われる場合は特に、

大豆
豆腐
納豆
豆乳

を積極的に摂り、ホルモンバランスの改善に役立てたいですね。

 

適度な運動

運動不足になると自律神経が乱れ、結果ホルモンバランスも乱れると言われています。

また、体が上手く疲労しないのでなかなか寝付けないという事もあるようです。

実際に、週に運動する時間が4時間以下の方と4時間以上の方では、女性ホルモンの働きに差が出ることも医学的に証明されています。

ジョギング
水泳
ヨガ
サイクリング

など自分の好きな運動で、気分転換もかねて運動を積極的に行いたいですね。

 

喫煙やアルコール習慣を避ける

大量のお酒を飲む体がぽかぽかしますよね。

ぐっすり眠れそうですが、実はその逆です。

アルコールを分解するときの熱で眠りが浅くなり、自律神経のバランスを乱すと言われています。

喫煙はどうでしょうか。

タバコには女性ホルモンを分解する作用があり、喫煙者は非喫煙者と比べると閉経年齢が2年早いともいわれています。

 

 

まとめ

fderd

肌ストレスの原因は内的・外的要因とあり、それも内容は個人によって様々です。

肌ストレスを解消する方法をご紹介しましたが、根本的なストレスの改善が第一です。

まずは心に手を当てて「自分は一体何に辛いと思っているんだろう」と、問いかけてみて下さい。

その上で、肌ストレス解消の一環として、今回ご紹介した解消法を取り入れて頂ければ幸いです。

スキンケアでは保湿成分が配合された無添加のメディプラスゲルを使って、肌への刺激を最小限にしてみてはいかがですか?

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る