メディプラスゲル保湿

お肌が乾燥して痛い!乾燥したお肌の簡単スキンケア方法まとめ

肌が乾燥して赤くなったり、白く粉を吹いてしまう。

手ざわりもガサガサ、ザラザラして肌に痛みがある。

こんな症状で悩む乾燥肌の人は多いですよね。

乾燥肌のスキンケア方法で、気をつけるべきポイントをまとめました。

またスキンケアでオススメなのが無添加オールインワンゲルのメディプラスゲル!

セラミドなど保湿成分がたっぷり入っているので乾燥肌で悩んでいる方にぴったりですよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

 

乾燥肌のためのスキンケア方法・実践編

4b3afd529f7358729ac715aff24352a8_s
具体的なスキンケア方法について見ていきましょう。

クレンジング

乾燥肌には

摩擦
刺激

が大敵。

そのため、

クリーム
ジェルタイプ

のクレンジングがおすすめです。

ふきとりシートやオイルタイプは洗浄力が高い分、刺激が強く肌に負担がかかってしまいます。

メイクの落ちが悪いときは、アイメイクにだけ専用のクレンジングを使うなどの工夫をしましょう。

また、クレンジングにかける時間は1分が目安。

ここで完全に落としきろうと思うとかえって肌に刺激を与えてしまいます。

 

洗顔

洗顔は朝晩2回が基本です。

熱いお湯は油分を奪ってしまいますので、ぬるま湯を使います。

洗顔料は泡だてネットなどを使い、十分に泡立てて使いましょう。

乾燥肌は敏感な状態にあるため、余分な成分が入っていないシンプルなものがおすすめです。

こすり洗いはやめ、あくまでお湯で洗い流すようにします。

また、洗顔料を使わずにぬるま湯で洗顔する方法もあります。

こうすると肌の皮脂を落としすぎずに洗うことができ、刺激に敏感になっているときに効果的です。

洗顔後もタオルで顔をゴシゴシとこすらず、やさしく水分を拭き取るようにしましょう。

 

化粧水

化粧水の役割は、それ自体がうるおいを与えることではなく、次に使う美容液をスムーズに浸透させることです。

つまり水分ではなく保湿成分で選ぶ必要があります。

とはいえ、あくまで成分はシンプルであることに越したことはありません。

化学成分が多く使われているほど、肌には負担がかかってしまいます。

化粧水は手のひらでつけるのがおすすめ。

毎日さわることで肌の状態のチェックになるうえ、コットンを使うよりも摩擦が少なく済みます。

ポイントは洗顔後に時間をおかずなるべくすぐにつけること。

肌に馴染んでいくまで、手のひらでしっかりと密着させるようにします。

これをハンドプレスといい、手のひらの温度がさらに浸透を良くしてくれます。

 

美容液

乾燥肌に悩む人がもっとも重視すべきポイントが美容液です。

保湿成分には

セラミド
ヒアルロン酸
コラーゲン

などがありますが、特に高保湿が期待できる成分がセラミドです。

美容液の場合、化粧水よりも凝縮した成分を多く配合することができるため効果も高くなっています。

 

乳液・クリーム

乾燥肌に油分を足すのがこれらのアイテムです。

毎日のスキンケアに必須ではありませんが、乾燥がひどいときに油分でフタをしてくれる役割があるので、必要に応じて使うといいでしょう。

混合肌の場合はUゾーンにだけ塗るなどの部分使いがおすすめです。

またこれらの工程を一本で済ませることができるのがオールインワンゲルのメディプラスゲル!

セラミドやコラーゲンなどの美容成分がたっぷり配合されたジェルタイプで、肌への負担も最小限に保湿ができますよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

乾燥肌のスキンケアのポイント

img_0264
間違ったお手入れでは逆効果になることも。

乾燥肌のスキンケアのポイントについて見ていきましょう。

シンプルなお手入れが基本

乾燥肌は外部からの刺激に敏感な状態です。

紫外線
空気の乾燥
ストレス
偏った食事

などの外的・外的要因が複雑に絡み合い、日々負担が強い状態にあります。

肌の乾燥がひどいと、お手入れにこだわったりさまざまな成分が使われた化粧品を使いたくなるかもしれません。

しかし、肌が弱っているときこそシンプルなお手入れをすべきです。

乾燥肌は外部からの刺激に弱く、良かれと思ってしたことが逆効果になることもあるのです。

シンプルな成分の化粧品を使い、

洗顔→化粧水→美容液

というラインでのお手入れ方法を続けること。

基本を守ることこそが、美肌への一番の近道になると言えるでしょう。

 

摩擦・刺激は厳禁

クレンジングや洗顔、パックなどは、肌にとって刺激になります。

手のひらで顔をこするだけでも皮膚にとっては摩擦と同じです。

とにかく刺激を与えないようにしましょう。

その摩擦を最小限にできるのがオールインワンゲル!

なかでもメディプラスゲルは保湿成分がたっぷり含まれているのでおすすめですよ!

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

 

油分でフタをする

乾燥肌にもっとも大切なことは、うるおいを保ち保湿すること。

しかし、洗顔後に化粧水をつけても、油分をつけなければ水分は浸透せずに蒸発してしまいます。

保湿のためには、美容液やクリームなどの油分でフタをすることが大切です。

 

日中のケアのポイント

dsc00659
デイリーのお手入れのほかにも、外出先やオフィスでの手入れも重要です。

乾燥を悪化させないコツを見ていきましょう。

UVケアも万全に

紫外線も乾燥肌の要因となります。

夏以外の季節でも、1年中紫外線のケアは必要です。

日焼け止めを使うことはもちろん、ファンデーションやリップクリームもUV効果があるものを選ぶといいでしょう。

化粧直しには油分が重要

乾燥肌対策として、日中のオフィスで化粧水を吹きかけるというケアを目にします。

しかし、水分だけでは肌の上で蒸発してしまうので意味がありません。

大切なのは、水分だけではなく油分も足すことです。

メイク崩れを治すときも、クリームをファンデーションに少しずつなじませて薄めるようにすると浮きませんよ。
 

乾燥肌に必要な成分を補おう

乾燥肌はとても敏感な状態にあることがわかりました。

乾燥肌にうるおいを取り戻すためには、さまざまなポイントがあるんですね。

かゆみや痛みをともなう乾燥肌はつらいもの。

正しいスキンケアで、元気な肌を取り戻しましょう。

セラミドなどの保湿成分がたっぷりはいったメディプラスゲルは一本でスキンケアできるすぐれものなのでオススメですよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲル保湿

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る