メディプラスゲル保湿

敏感肌が原因でニキビができる。敏感肌な人のためのニキビケア

いろんな刺激をすぐに受けてしまう敏感肌

ニキビができてしまうことも。

敏感肌のニキビケアで注意してほしいのが、肌によってニキビケアが違うということ。

敏感肌に合わないニキビケアをすると、ニキビを悪化させてしまいますよ。

正しいニキビケアを身に着けて、ニキビの悩みから解放されましょう。

 

敏感肌とニキビの関係

敏感肌ってどんな肌?

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下して、刺激を受けやすくなっている状態の肌を言います。

肌を少しこすったり、髪の毛が触れたり、いつもと違う化粧品を使ったりした時に、肌が赤くなったり、ぴりぴりすることも。

肌のバリア機能が低下する大きな原因は、肌の乾燥

だから、敏感肌の人の肌は乾燥していることが多いんです。

 

敏感肌だとどうしてニキビができるの?

ニキビができる原因は、毛穴の皮脂のつまり

ニキビは、皮脂毛穴につまったまま排出できなくなり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすことでできてしまいます。

皮脂の毛穴つまりが原因だと聞くと、皮脂が少なくて乾燥している敏感肌は、ニキビができにくいように思うかもしれませんね。

でも、敏感肌でもニキビができてしまうんです。

肌にはターンオーバー機能というものがあり、古い皮膚から新しい皮膚へと少しずつ生まれ変わっています。

でも肌が乾燥しているとターンオーバー機能が正常に働かないため、古い角質が自然に剥がれ落ちず、皮膚に残ったままに

皮膚に残った古い角質が、毛穴の出口をふさいで皮脂の排出を妨げ、ニキビをつくってしまうんです。

肌が乾燥すると、毛穴が固く細くなってしまうことも影響していますよ。

毛穴が固く細くなると、皮脂が排出されにくくなり、少しの皮脂でもつまるようになってしまいます。

 

敏感肌の人がニキビを治すためには?

肌の乾燥を改善することが先決です。

肌の乾燥を改善すると、肌のターンオーバーが正常に働くようになり、ニキビができにくくなります。

乾燥していたせいで低下していたバリア機能の状態良くなるため、刺激の影響を受けにくくなり、敏感肌が改善することも期待できますよ。

 

敏感肌の人に実践してほしいニキビケア

メイクや汚れをしっかりと落とす

敏感肌の人は、洗顔しすぎると症状が悪化すると言われています。

でもメイクや汚れが肌に残っていると、それが毛穴につまってしまい、ニキビの原因となってしまいますよ。

メイクなどの汚れは、肌に残らないようにしっかりと落とすようにしましょう。

やりすぎて必要な皮脂や角質を洗い流してしまわないよう、気をつけてくださいね。

洗い流す時には、ぬるま湯がオススメ。

お湯は皮脂まで洗い流してしまうので、使用しないようにしてください。

 

刺激を与えないようにやさしく洗顔する

毛穴につまった汚れを、洗顔料で洗い流します。

洗顔料は、できるだけ刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

洗う時には、お肌を傷つけないように注意してくださいね。

肌と手の間に洗顔料を入れ、直接手で肌をゴシゴシ洗わないようにしてください。

敏感肌の人には、泡洗顔がオススメ。

泡洗顔はしっかりと泡立てた泡で洗うので、肌への刺激が少なくてすみますよ。

洗顔料の種類にもよりますが、長く洗顔料を肌につけていると刺激となってしまうので、できるだけ短時間で済ませるようにしましょう。

洗顔料が肌に残っている肌トラブルの元となってしまうので、しっかりとぬるま湯で洗い流してください。

ぬるま湯をかける時にも、手でこすらないようにして、ぬるま湯をやさしく当てるようにしましょう。

20回以上はすすぐようにしてくださいね。

 

顔を拭く時も肌を傷つけないようにする

乾燥を防ぐためにも、肌についた水分はしっかりと拭き取りましょう

水分を拭く時にはタオルでこするのではなく、タオルを肌に軽く押し当てるようにして、タオルで水分を吸い取ってください。

タオルは直接肌に触れるものなので、ゴワゴワしたものや、肌に繊維が残ってしまうもの禁物です。

優しい肌触りのものを選んでくださいね。

 

洗顔後にはすぐに化粧水で水分を補う

洗顔後の肌は皮脂と水分が不足しているので、化粧水で水分を補う必要があります。

化粧水はできるだけ刺激のないものを選ぶようにしましょう。

ニキビ肌用の化粧水は皮脂の分泌を抑えるものが多いので、敏感肌の乾燥を悪化させ、逆にニキビを増やしてしまうことがありますよ。

化粧水は保湿力が高く、シンプルな成分のものがオススメ。

化粧水をつける時には、手でやさしく肌を覆うようにしてつけてください。

コットンやパッティングは刺激となってしまうので控えましょう。

 

化粧水の後には乳液で水分を保つ

肌の水分を保つためには、乳液が必要。

乳液をつけないと、肌の水分が蒸発して乾燥してしまいますよ。

しっかりと水分を保つためには、油分の入った乳液を選ぶのがオススメ。

油分と聞くとニキビに悪影響を与えてしまいそうですが、油分がないと水分をしっかりと閉じ込めることができません

油分は、多すぎても少なすぎてもニキビをつくる原因となってしまうので、自分の肌に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

 

まとめ


敏感肌さんにニキビができる原因の多くは、乾燥によるものです。

まずは、肌の乾燥を防ぐことから始めてみてください。

ニキビケアをする時には、とにかく肌を刺激しないようにすることが大切ですよ。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る