メディプラスゲル保湿

敏感肌の人が食べると良い食べ物まとめ

「敏感肌」に悩む女性は少なくありません。

多くの解決策がありますが、長年悩んでいるような厄介な肌質を改善するには食生活の見直しも効果的です。

敏感肌に悩んでいる人、
どうにかして肌質を変えていきたい人、
スキンケアに迷いが生じている人……。

これからの季節、肌が気になる女性は食生活から改善していきましょう。

 

そもそも「敏感肌」って?

「敏感肌」とは、肌のバリア機能が低下した状態の肌のこと。頻繁に炎症を起こしてしまうトラブル肌を指す場合もあります。

バリアが弱いため異物の侵入を防ぐことができず、ちょっとした刺激にも肌が過敏に反応してしまいます。

敏感肌になる原因として挙げられるのは、

ストレス
アレルギー
栄養不足
加齢による女性ホルモンの変化

など多種多様。

多くの中から、自分の原因をきちんと見定める必要があります。

そのため、敏感肌への対策も何か決まった方法があるわけではありません。

敏感肌への一般的な対策として、スキンケアや食生活の改善などが挙げられます。

敏感肌は、体の内部の問題が影響していることが多々あります。

もちろん化粧品選びも大切ですが、それと同じくらい食べ物について考えなければなりません。

またスキンケアでおすすめなのがメディプラスゲル!

無添加のオールインワンゲルなので敏感肌の人でも安心して使えますよ♪

メディプラスゲルについて詳しく知りたい方は下記のページをチェックしてみてください!

メディプラスゲルを買う前に言っておきたいこと。効果や口コミなど。

 

敏感肌に良くない食べ物

敏感肌の改善には地道な努力が必要。

つまり、日常生活の所作を見直す必要があります。

適度な運動はもちろんですが、もっとも効果が見られやすいのは、やはり食生活の改善。

少しずつの改善でも、毎日続けることによって効果が倍増すると言われています。

それでは、早速「敏感肌」によくない食べ物からみていきましょう。

 

炭水化物や脂質の多い食べ物

脂質の多いお肉やパスタ、ラーメンなどの炭水化物

これは食事の中で特に栄養バランスがとりにくいものです。

原因として、肌の生成に必要な栄養素の不足が挙げられます。

また、小麦や大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質の一種であるグルテンには、アレルギーを引き起こす可能性も。

なるべく、グルテンフリーを選ぶと不安を解消できるでしょう。

 

体を冷やす食べ物

体が冷えて血行が悪くなると、肌の代謝が悪くなります。

すると必要な栄養素が行き届かなくなり、乾燥肌がひどくなったりすることも。

たとえば、生野菜をたっぷり使ったサラダは肌にも良いものとされています。

しかし、身体を内部から冷やしてしまい、血行は悪くなってしまうことも。

これからの季節、氷で冷やされた飲み物など冷えた食べ物の摂り過ぎにはご注意を。

 

お酒に含まれるアルコール

ワインに含まれるポリフェノールなどは美容に良いとされています。

ただし、お酒も外部からの刺激物のひとつ。摂り過ぎてしまうと肌の回復に必要なビタミンやミネラルを排出してしまったり、血管を収縮させてしまったりする作用があり、肌荒れの原因になります。

また、アルコールの分解に水分が必要になるので、体やお肌が水分不足になり乾燥を招きます。

お酒を楽しむ際にはこまめな水分補給を行ってください。

 

積極的に摂るべき食べ物は「ビタミン類」

理想的な肌を保つためにビタミン類は欠かせません。

肌を守ってくれる重要なビタミンは皮膚や粘膜を生成するだけでなく、傷ついた肌の再生を助けるビタミンA、コラーゲンの生成をサポートしながら肌の老化を防いでくれるビタミンCなど様々な効果があります。

ビタミン類と言うと、真っ先に野菜たっぷりの生サラダを思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、実はそれほどビタミンが多く含まれているわけではありません。

たとえば、ビタミンCは熱に弱く水に溶け出しやすいと言われていますが、ブロッコリーを茹でて食べた方が、生のレタスを食べるよりも約10倍ビタミンCを摂れると言われています。

ビタミン類が多い食べ物は、

ピーマン(赤、黄、青)
芽キャベツ
パセリ
ブロッコリーなどの緑黄色野菜

さらに、

アセロラ
キウイフルーツ
いちご
柿などの果物
じゃがいもやさつまいも等の芋類

など。できるだけ加熱して温め、身体を冷やさずにすむ状態で摂るのがオススメです。

参考:http://www.skincare-univ.com/

 

まとめ

栄養バランスに優れた和食と、必要以上に食べない「粗食」や「節制」という質素を好んだ文化や歴史のおかげで、もともと肌トラブルの少ない民族だった日本人。

近代化と同時に欧米化がすすんだ食生活が少なからず影響している可能性は低くありません。

自分の食生活に隠れた問題がある可能性は十分にあります。

肌の乾燥や、そこからくる敏感肌は、体の内部の問題が影響していることが多々あります。

もちろん肌に直接つける化粧品も大切ですが、それと同じくらい食べ物ついて考える必要があるということ。

まずは自分の肌質の問題点を理解した上で、食生活を改善していくのがポイント。

日々の努力が結果に繋がります。

最初はつらいかもしれませんが、我慢して継続していきましょう。

ライター名:花輪えみ
年齢:20代
趣味:化粧品検定の勉強
得意なコラム:メイクは苦手ですが、スキンケアは長年頑張ってきました。つい間違いがちなスキンケアにおける正しい知識を発信していきたいです。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る