メディプラスゲル保湿

敏感肌の人はピーリングしても大丈夫?正しいピーリング方法教えます!

おうちでも簡単にできるスキンケアのひとつが「ピーリング」

あの角質ケア独特の感覚が好きな女性も少なくありません。

しかし、ピーリングをする際に「私の肌でピーリングをしても大丈夫?」と不安になる女性もチラホラ。

特に、敏感肌の女性に多いようです。

そこで今回は、乾燥肌の女性がピーリングしても良いのかどうか、そして正しいピーリング方法についてもご紹介していきます。

 

そもそも「ピーリング」って?

ピーリングとは、古い角質を取り除いて、ターンオーバーを正常化させるために行う、角質ケアのこと。

行うことに拠って、肌の表面の汚れ(古い角質)によってターンオーバーが邪魔されている際に肌が生まれ変わる速度を回復してくれます。

本来、「普通に洗顔などのスキンケア」を行っていれば、役割を終えた角質は自然に剥がれ落ちていきます。

しかし加齢や体質、スキンケア不足などによって古くなった角質細胞が剥がれず、肌に残ったままになってしまいます。

そのため、「ピーリング」のチカラを借りてターンオーバーを正常に機能させるのです。

ピーリングによって古い角質を取ることができるので、きちんと正しい方法で行えば肌のゴワゴワ感やシミなどを減らすことができます。

しかし、手に届きやすいケアという印象とは裏腹に、実はとてもデリケートなケア方法。

何も知らずに行ってしまうと、かえって肌を傷つけてしまう可能性があります。

 

敏感肌の「ピーリング」はキケン!?

では「敏感肌」の人はピーリングをやってもいいのかどうか。

結論から言うと、かなり危険です!

敏感肌の人が乾燥してカサカサしたり・化粧水を付けたらヒリヒリしたりする原因のほとんどは、洗いすぎなどの間違ったスキンケアです。

洗顔料をたっぷり使ってゴシゴシ顔をこすったり、1日に何回も洗顔したりしていると、たちまち「肌のバリア」が壊れ、ターンオーバーが早くなっていきます。

バリアが壊れた細胞は、うるおいが不足しています。そんな状態で角質層が構成されると、肌がゴワゴワしてきたり、乾燥してかさかさしてきたり、それが進行するとヒリヒリして敏感肌になったり……。

さらに、肌が厚くなることで毛穴の開きが目立つようになったり、紫外線やウイルスなどの外部からの刺激によって赤みが目立つようになったりと見た目が汚くなってしまいます。

肌コンディションの良い時を狙って行うようにしましょう。

 

正しいピーリング方法とは

ピーリングは、デリケートな角質ケア。

簡単なので自己流でやってしまいがちですが、しっかりとした手順チェックが大切です。

 

まずは、皮脂や汗が多い「Tゾーン」から

はじめにピーリング剤をのせるのは、額や鼻などの部分。

「Tゾーン」と呼ばれるこの部位は、皮脂や汗などが多く出てきます。

そのため、顔の中では比較的に強い部分です。

この「Tゾーン」から、軽くマッサージするようにピーリング剤をなじませます。

 

肌の弱い部分は優しく

Tゾーンの後は「Uゾーン」と呼ばれる、頬からアゴの部分。

Tゾーンと比べると皮膚が弱いため、より優しくピーリングを使うのがポイントです。

目元などは、顔の中でも特に皮膚が薄く弱くなっています。

ピーリング剤によっては、使用を控えるように注意書きがあるケースも。

どうしても使いたい場合は、中指や人差し指をつかって優しく行いましょう。

 

ぬるま湯でよく洗い流す

ピーリングを行った後は、ぬるま湯でよく洗い流します。

ピーリング剤によって、酸性の薬剤が入っている場合があります。

酸性の薬剤は、顔の皮膚を溶かすタイプのピーリング。

洗い残しがあると、肌荒れの原因になる可能性があります。

しっかりと洗っておきましょう。

 

ピーリング後の保湿は必須!

ピーリング後の肌は、通常よりも乾燥しやすい状態になっています。

肌を薄くさせることで細胞を活性化させるのがピーリング。

数日で、肌はシッカリしてきますが、それまでは意識的に潤いを保つ必要があります。

セラミド配合の保湿美容液などをタップリとつけ、丁寧に保湿することはとても大切です。

 

敏感肌ピーリングのアドバイス

ピーリングをする際の注意点はいくつかあります。

今回は、その中でも間違いがちなポイントをピックアップ!

 

時間をかけすぎない

ピーリングを丁寧にやりたいと思って時間をかけ過ぎると、肌にピーリング剤が染み込んでしまいます。

皮膚への刺激が長時間続くことになり、デリケートな肌には危険。

また、場合によっては皮膚が薄くなりすぎて乾燥しやすくなります。

必要以上にピーリングに時間をかけすぎると、肌への刺激が強くなりすぎて

ヒリヒリと赤み
肌荒れ
ニキビ
乾燥肌

になりやすくなるので注意が必要です。

 

ピーリング後にタオルで擦らない

ピーリング剤を洗い流した後はタオルで水分を拭き取りますが、この時にタオルで顔をゴシゴシと擦ってはいけません

ピーリング後の肌は皮膚の表面が剥がれ、とても薄くなっています。

タオルで擦る刺激は、要注意です。シミくすみ、シワなどの原因になる可能性もあります。

 

敏感肌のピーリング応用テク

敏感肌に対するピーリングはあまりオススメできません。

しかし、ピーリングによる刺激を弱める方法もあります。

その方法としては、次のことが挙げられます。

・肌が濡れている状態で使う
・ピーリング剤を水で薄めてから使う
・肌にのせる時間を短くする

ピーリング剤は、肌が乾いている状態の方が効果を発揮します。濡れていると、ピーリング剤と肌の間に水がある分、刺激が弱くなります。

また、使用するピーリング剤を少なくしたり、水などで薄めたりすることで、ピーリングの刺激を緩やかにすることもできます。

さらに、ピーリング剤を肌にのせる時間を短くすれば、肌への刺激も少なくて済みます。

しかし、危険性がまったくない訳ではありません。十分に注意して実践してください。

 

正しいピーリング方法のまとめ

ピーリングを行った後は、皮膚が薄くなります。紫外線の影響を受けやすくなっていますので、日焼け対策も万全にしておくのがオススメです。

できれば夜に行い、翌日以降も保湿ケア紫外線対策をきちんと行いましょう。

安全性の高いピーリングの方法を実践すれば、赤みや肌荒れ、ニキビの予防につながります。

モチモチのむき卵肌を目指して、実践してみてくださいね。

ライター名:花輪えみ
年齢:20代
趣味:化粧品検定の勉強
得意なコラム:メイクは苦手ですが、スキンケアは長年頑張ってきました。つい間違いがちなスキンケアにおける正しい知識を発信していきたいです。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る