メディプラスゲル保湿

ビーグレンのビタミンC誘導体入り化粧品っていいのかな?

美容化粧品は数あれど、
本当に優れている商品を探すのは大変!

今回は一般的にも評価の高い“ビーグレン”から、
「ビークレン Cセラム」の効果と口コミをご紹介!

 

“ビーグレン”ってなに?

出典:http://www.bglen.net

“ビーグレン”とは、ビバリーグレンラボラトリーズから発売されている化粧品のこと。

化粧水や美容液、乳液などのスキンケアアイテムなのですが、
その中でも、ビタミンC誘導体配合の「ビーグレン Cセラム」が人気なのです。

 

“ビーグレン”に期待できる効果

“ビーグレン”は、
シミや美白、毛穴ケア、たるみ、ニキビなどに様々な効果を発揮します。

どんな成分でも肌に浸透しないと意味がないのですが、
“ビーグレン”は肌にしっかりと浸透してくれます。

 

お肌の味方、ビタミンC誘導体


ビタミンCにある抗酸化作用。

抗酸化とは活性酸素による細胞の酸化を防ぐ作用のこと。
ビタミンCで抗酸化が起こり、肌の健康が保てるというわけです。

ですが、ビタミンCは肌に浸透しにくいので、
化粧品に配合しても抗酸化作用が得られないのです。

そこで開発されたのがビタミンC誘導体!

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌に吸収させやすした成分です。
肌の角質層に浸透するとビタミンCへと変化する優れものなのです。

色々な効果を発揮するビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には、次のような色々な効果があります。

色素沈着を予防

肌の奥にあるメラノサイトは、刺激を受けるとメラニン色素を作ります。

メラニン色素は肌の奥の真皮を守る働きを持ちます。

また、メラニン色素は肌の新陳代謝で排出されるのですが、
老化などで新陳代謝が遅くなると色素沈着を起こします。

これがシミの正体です!

ビタミンCには、メラニン色素を抑えて、色素沈着を防ぐ作用があります。

シミやそばかすの改善

シミだけではなく、そばかすも色素沈着が原因です。

ビタミンC誘導体によってメラニン色素が抑えられると、
肌の新陳代謝によってシミやそばかすが改善しやすくなります。

コラーゲンを増やす

コラーゲンは肌の弾力を保つ成分の一つで、これが失われると肌が乾燥したりたるんだりします。

ビタミンC誘導体は、コラーゲンを生産する線維芽細胞の働きを活発にします。

ニキビの解消

ニキビは肌が炎症を起こしている状態なので、
抗炎症作用のあるビタミンC誘導体はその解消にも効果があります。

 

「ビーグレンCセラム」の効果的な使い方は?


「ビーグレンCセラム」は美容液なので、
必ず洗顔をしてローションで整えた肌に使いましょう。

手のひらに真珠2粒大ほどを取って、顔全体に伸ばします。

紫外線に当たると変性するので、日焼け止めクリームを塗ることは必須です。
日中に外出することが多いなら、夜だけ使うようにしましょう。

使う頻度としては1日2回が目安。

使用期限は2年ですが、
開封後は酸化が心配なので約3ヶ月ほどで使い切るのがオススメです。

 

パックとしても使える

「ビーグレンCセラム」の成分をより効果的に浸透させるために、
週に1~2回を目安にパックとして使うのも一案です。

(1)洗顔後に蒸しタオルで皮膚を柔らかくする。
(2)蒸しタオルが冷めたら「ビーグレンCセラム」を顔に伸ばす。
(3)ラップで覆って5~10分放置する。
(4)顔に残った成分を肌になじませるために手のひらで優しく押す。

 

忘れちゃいけない紫外線対策!


「ビーグレンCセラム」を使用する時には、紫外線対策が重要です。
次のような方法で対策しましょう。

日焼け止めクリームを塗る

日焼け止めクリームには紫外線を防ぐ効果の高いものもありますが、
これらは紫外線吸収剤という肌に刺激を与える成分が含まれていることが多いのです。

せっかく「ビーグレンCセラム」で肌の状態を整えたのに、日焼け止めクリームでダメージを与えては本末転倒。

紫外線吸収剤が使われていない日焼け止めを選びましょう。
ちなみに、紫外線吸収剤にはメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾン-3、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなどがあります。

帽子を被る

ツバが広い帽子やサンバイザーで顔に紫外線が当たらないようにしましょう。
目元が気になるならサングラスも効果的です。

車の場合はUVカットフィルムを貼る

車内にいれば紫外線の心配はないと思いがちですが、
実はガラスを透過するので外と同じ程度の紫外線を受けてしまいます。

車の窓ガラスにはUVカットフィルムを貼っておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る