メディプラスゲル保湿

シミやニキビに効果あり!アルブチンとビタミンC誘導体の違いは?

シミを取りたい
ニキビを治したい・・

などでお悩みの方は、

アルブチン
ビタミンC誘導体

の入ったスキンケア化粧品を使うと効果的です。

しみ
くすみ
ニキビ

などのないお肌を目指すためのお役に立ててみてくださいね!

 

アルブチンには2種類ある

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

αアルブチン
βアルブチン

の2種類が存在します。

それぞれどのような効果があるのか見ていきましょう。

 

効果絶大?!αアルブチンとは?

αアルブチンは江崎グリコが生み出した成分で、

しみ
そばかす
メラニン(日焼けの原因)を生成するチロシナーゼ

にダイレクトに働きかけ、メラニンの増殖を予防をしてくれる効果があります。

もうひとつのアルブチン、βアルブチンと比べると10倍もの効果があります。

ヒト由来のチロシナーゼのみに作用するということが確認されている安全な成分です。

 

100パーセント天然なβアルブチンとは?

こけもも

ウワウルシ

などの植物から抽出されたハイドロキノン配糖体のことをβアルブチンと言い、

成分にアルブチンと書かれている商品はこのβアルブチンのことを指します。

すでにお肌にできてしまったメラニン色素を気長に美白に導いてくれるのがこの成分の特徴で、お肌の馴染みの良さはαβどちらがいいとも言えないようです。

さて、メラニン色素とは、

目の網膜の色を決めたり
肌の色や髪の色を決めたり
紫外線のダメージからお肌を守る

など、大切な役割を持っているものです。

何も悪いことばかりではありませんが、多すぎると代謝しきれず、しみになってしまうのが難点ですね。

そこで、

アルブチン
ビタミンC誘導体

の両方を使うと効果があります。

これからでもこの両方を使って美白してみてはいかがですか?

 

 

どんな悩みにもOK!ビタミンC誘導体の効果って?

Processed with VSCO with f2 preset

ビタミンC誘導体は、

しみ
くすみ
たるみ
しわ
ハリ
ニキビ

など、多種の悩みを解消してくれるスグレモノです。

 

ビタミンC誘導体には色々な種類が!

IMG_0277

お肌に美白をもたらし、ハリや潤いを与えてくれるビタミンC誘導体には大きく分けると3つの種類があります。

それは、

水溶性
脂溶性
APPS

です。

水溶性については、化粧水や美容液に配合されており、浸透時間が早いため効果がはっきり分かります。

脂溶性はクリームやジェルに配合されています。

浸透時間は遅いですが、お肌の奥まで浸透する力や持続力、保湿力に優れており、APPSはこの両方の要素を兼ね備えていると言われています。

 

水溶性リン酸アスコルビルMg

ビタミンC誘導体は、お肌にスピーディに吸収されビタミンCに代わって角質層の水分を保持し続けるセラミドの生成を促進します。

これにより充分な水分を保って、キメを整えてくれるのです。

さらに、コラーゲンの生成を促し、弾力のある肌へと導いてくれます。

この水溶性ビタミンC誘導体のリン酸アスコルビルMgという成分は、皮膚科などでも処方される一般的なもので、

初めて使う方でも効果がはっきり分かり、お肌にも優しい成分です。

 

脂性肌におすすめのリン酸アスコルビルNa

水溶性のビタミンC誘導体は短い時間で皮膚から吸収され、比較的に効果がす速く現れる成分です。

さらっとしている化粧水や美容液に入っていることが多いですね。

その中でもリン酸アスコルビルNaは皮膚科でもよく処方されており、

ニキビ跡
ニキビ

に効果的です。

ニキビの原因となる皮膚の皮脂を抑制し、炎症を抑えてくれるため、ニキビが悪化するのを食い止められます。

ただ、お肌に刺激を感じる方もいるため、乾燥肌より脂性肌の方に向いています。

 

シミや美白に効果的!テトラヘラヘキシルデカン酸アスコルビルとは?

このビタミンC誘導体は脂溶性で、水溶性に比べるとお肌にマイルドですが、時間をかけてゆっくり浸透するタイプです。

このビタミンC誘導体の特徴は保湿力が高く、お肌の奥まで浸透することです。

脂溶性の場合、お肌の奥まで浸透するので肌の奥にあるメラニン色素を還元してくれます。

このメラニン色素は紫外線などによって酸化されると黒褐色になりますが、ビタミンCの抗酸化作用によって酸化を抑えてくれ、メラニン色素を無色なものにしてくれます。

 

ハリに効果的な脂溶性パルチミン酸アスコルビルリン酸3Na

ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性があると書きましたが、両方を兼ね備えたビタミンC誘導体も存在します。

APPSというビタミンC誘導体は

水溶性の長所:素速い浸透力
脂溶性の長所:持続性&浸透率

を兼ね備えた素晴らしいビタミンC誘導体だと言えるでしょう。

このAPPSの中にあるパルチミン酸アスコルビルリン酸3Naとは、水にも油にも浸透するため、

水溶性のものと比べますと100倍もの浸透力があると言われており、角質層の奥まで浸透してくれ、長時間存在するので充分に効果が得られるのです。

また、コラーゲンの生成を促進し、お肌のきめを整えてくれ、ハリのある若々しいお肌へと導きます。

 

 

まとめ

fderd

アルブチンもビタミンC誘導体も私達のお肌にとって強い味方ですね。

これからはこれらの成分が入ったスキンケア化粧品を使っていただき、若々しい美肌を手に入れてくださいね!

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る