メディプラスゲル保湿

アラサーになってほうれい線が!30代のほうれい線の原因と対策

年齢と共に気になってくる顔のたるみ、そしてほうれい線

朝の洗顔で鏡をのぞくと、知らないうちにくっきりとしたほうれい線に肩を落とす女性も多いのでは?

恐ろしいことに、顔がたるみ、ほうれい線が濃いだけで実年齢よりも5~10歳以上老けて見えるのだとか。

気になるたるみを改善して、いつまでも若々しさをキープしたいものです。

そこで今回は、ほうれい線の原因とケア方法についてご紹介します。

 

ほうれい線の原因

そもそも「ほうれい線」は、頬が重力で垂れ下がってたるんでできるシワのこと。

コラーゲンやエラスチンが減少することで弾力性を失った肌は、皮膚を支えられずに下がっていきます。

そのたるみが深くなるにつれてできるシワがほうれい線です。

その原因はさまざま。当てはまるものはないか、チェックしてみましょう。

 

顔のむくみ

運動不足、塩分やアルコールの過剰摂取、冷えなどで顔がむくんでしまうと、顔の血流が悪くなります。

すると老廃物が溜まりやすくなり、ほうれい線ができやすくなります。

また、このむくみは何度も繰り返し起こります。

年齢を重ねて肌のハリがなくなり、重力によって肌が下に垂れてしまうことで、ほうれい線は目立ちやすくなります。

 

表情筋のおとろえ

ほうれい線は、頬の筋肉の衰えからくるたるみが原因となります。

特に、表情筋はたるみやすい肌にとって大切な筋肉。筋肉組織は、ずっと使っていないと衰えてしまうのです。

表情筋の中でもたるみ改善に重要な筋肉は「イー」と発音したときに力の入る場所。

頬の辺り(頬筋)、そして口周り(口輪筋)に集中していることがわかります。

これらの筋肉が衰えてしまうと頬がたるみ、ほうれい線が目立ってしまいます。

なんと、日常生活で顔の筋肉は全体の約3割程度しか使われていないのだそう。

つまり、普段から顔の筋肉を意識的に動かす習慣が必要となってきます。

 

水分不足による乾燥

日焼けを重ねるうちに肌の乾燥を感じる人も多いと思います。

それは、紫外線を浴びると肌の水分が奪われて乾燥するためです。

表皮の内側にある真皮と呼ばれるところにコラーゲンやエラスチンを生み出す大切な細胞(線維芽細胞)が詰まっています。

紫外線を浴びることで表皮が乾燥してしまうと、この細胞の活動が鈍ってしまいハリや弾力が失われるのです。

また、肌の老化に大きく関係するのが紫外線。

紫外線は肌内部のコラーゲンを破壊してしまいます。

コラーゲンが壊れてしまうと肌の弾力が低下し、ハリがなくなったり、たるみやシワができたりする原因となるのです

 

首・肩の凝り

肩や首の凝りを気にする女性はたくさんいます。

これらの凝りがほうれい線の原因となるのは、肩から首にかけての筋肉と繋がっている顎の筋肉が疲弊してしまい、頬を支えきれずに下垂してしまうため。

仕事でデスクワークが多い人は姿勢が悪くなりやすく、全身の血行も滞ってしまいがち。なかでも猫背の人は「僧帽筋」とよばれる背中の筋肉が弱く、顔の筋肉を上に引き上げる力も足りなくなっています。

 

ほうれい線の鉄板ケア

ほうれい線ができたら、ひとまず試したい!

そんな鉄板のアプローチ方法をご紹介します。

肌の乾燥を徹底ケア

エイジングケアの鉄則である「乾燥させないスキンケア」の徹底は必須。

肌の潤い成分の減少は絶対に阻止しましょう。

どんなに時間をかけたお手入れでも肌の水分が不足していると、弾力を保つコラーゲンやエラスチンの生成が少なくなり、萎んだ肌になってしまうかも……。

ハリ弾力作用のあるヒアルロン酸やコラーゲンなどを含んだコスメを使用し、徹底ケアしましょう。

バリア機能を強化するセラミドもおすすめの成分です。

そこでおすすめなのが、メディプラスゲル!

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン以外にもプラセンタエキスなど有効成分がたっぷり入っているので

ほうれい線対策におすすめなスキンケアアイテムですよ♪

⇒メディプラスゲル公式サイト

メディプラスゲルほうれい線

 

老廃物を排出させる

老廃物のたまった肌は、細胞の代謝を妨いでしまいます。

これによって肌機能を低下させてしまい、顔のたるみを促進させるのです。

また、排出されなかった老廃物が溜まり肌が下垂すると、皮膚が伸びてフェイスラインが崩れる原因に。

カラダ全体の血の巡りを良くするデトックスが大切です。

 

簡単!ベロ回しエクササイズ

ほうれい線の解消に効果的な表情筋のエクササイズを行なうことも、とても効果的です。

1日10分!ベロ回し体操

1. まずは口を閉じ、舌の先を歯茎と上の歯のあいだに入れます

2. そのまま口の中を大きく時計周りに舌をゆっくり動かします

3. おでこに手を当て、まゆげが上がらないようにしながら舌と一緒に目も回します

4. 3回転を1セットとして、逆回転も行ないます

数回繰り返せば顔全体が温まり、血行がよくなるのを感じることができるほど効果が実感できます。

慣れない間は短い時間でもいいので、試してみてください。

参考:http://www.skincare-univ.com/

 

 

まとめ

顔のたるみ、そしてほうれい線を改善するためには、日々の生活習慣やメイクの仕方などにも十分注意が必要です。

仕事や家事の合間など、定期的に姿勢を正すだけでも効果があります。

そして、時間ができた際に首のストレッチやマッサージも実践してください。

ほうれい線が気になってきた今がチャンス。

気づいたときにしっかりケアすることが、未来のお肌を変えてくれますよ。

ライター名:花輪えみ
年齢:20代
趣味:化粧品検定の勉強
得意なコラム:メイクは苦手ですが、スキンケアは長年頑張ってきました。つい間違いがちなスキンケアにおける正しい知識を発信していきたいです。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る